カテゴリー「2013年」の記事

2013年12月 2日 (月)

2013年家族旅行~天橋立(京都) -2日目-

12月1日(日)
昨日に引き続き、家族旅行2日目。
お天気晴sun今日もポカポカ陽気で気分いい♪

Dsc00444


さてさて。
唸るほどのカニを食した昨晩でしたが、ダメージ大してございません。
ビールbeerも6本ほど頂きましたが、何か???gawk

ヒーヒー言って、カニを食べた割にビールは別腹delicious
ちまちま飲んで、結局、買いだした6本完食^^
いつもの事なので、全くダメージはありませんhappy01

爽快気分で、朝5時起きで一人ウロウロ。
何だかすっかりおじーちゃんdeliciousで、生活のリズム的に妙に早く目が覚める。
加えて、旅行中なので、せっかくだからとテクテク散策smile

まったく落着きの無い私ですcoldsweats01



Dsc00398

午前7時。
娘たちも起こして「おはよーhappy01






Dsc00400
食堂にあったオセロゲームに興じる娘たちwinkママさん、さっさと片付けんかいannoyとちょっぴりプリプリdelicious
まったく、家にいるのと変わりませんなcoldsweats01


Dsc00402


取りあえず朝食。
昨日、散々喰い散らかした割には、結構しっかり朝食食べられたhappy02



Dsc00404

今日もお天気よいぞhappy01
宿脇にあったしだれ桜。随分立派な木。桜の季節には、さぞや見事なことでしょうconfident




Dsc00407


お荷物まとめて、昨日一人でふらっと見てた真名井神社





Dsc00408


パワースポットの力を仕入れますdelicious










さてさて、宿泊のユースホステル。
なかなかの泊り心地でした。
お宿の方(ユースホステルではペアレントっていうんでしたっけ?)も親切で、宿泊客も皆旅慣れている方ばかり。

互いの空間を、阿吽の呼吸で共有しあって、家族連れでも大して気を使う必要なし。
これはちょっと目から鱗だ。僕は放浪する際は、テントを持って一人フラフラを楽しんでおりましたが、安価なユースホステル利用するのもいいもんだhappy01

これまで、てっきり会員にならなきゃ利用できないもの。と思っておりましたが、別にそんな必要もなし。むしろ、会員になってこれから積極的に利用しようかしらthink



Dsc00409さーて。早速笠松公園目指します。
場所はほど近くだったので、テクテク徒歩で向かいます。
途中、真名井神社目指す方々から、「神社はすぐ?」と聞かれ、すぐソコです。とハニカミ答える娘たち。
Dsc00412


程なくリフト乗り場に到着です♪






Dsc00418


リフトに乗り込み、れっつ、ごーshine






Dsc00421


いやぁー、晴れてヨカッタぞhappy02







Dsc00425


到着の笠松公園
お天気良くてサイコーだhappy02

割と朝一番目にでてきたので、人も大しておらずで貸切みたい♪








Dsc00428


ゆるキャラの「かさぼう」君に迎えられ・・・





Dsc00427


天橋立。堪能しますかhappy02










何だか久しぶりにやってきた笠松公園。
一度、上の子が小さい時にやってきた事がありました。
確か・・・前職辞めた頃だから、9年前?いや、もっと小さかったような・・・

記憶していたよりは、ずっと素晴らしい眺めですconfident



Dsc00430


取りあえず定番の「股のぞき」






Dsc00439


展望山頂より慣行します♪






Dsc00441


見え方こんなの。
天橋立。ちゃんと天に向かって、橋が伸びてる♪



Dsc00438_2


取りあえず記念撮影cameraカシャリですshine






Dsc00446


そして一旦下って成相寺。
せっかくなので歩いて行こう♪とスタスタ歩き始める私。



Dsc00451


ママさん。「むりーーwobbly」なんてホザきますが、たかだか2㌔。そんな事では、足が退化してヘビになりますぞpoutpoutpout


Dsc00456_2





ほーら、ほら!




Dsc00457





随分、景色が・・・



Dsc00461





いいじゃないhappy02




Dsc00458




・・・って、ママさん全くついて来ないdelicious




Dsc00466





それでも何とか山門到着♪



Dsc00470





揃ってみんなで記念写真camerashine



Dsc00473








お寺を目指すと早速舎利殿がお出迎え♪







Dsc00474





山間の中。マイナスイオンに満たされるconfident


Dsc00476









石段テクテク上って・・・









Dsc00483






成相寺到着♪







Dsc00485




境内入ると・・・





Dsc00487






国宝「真向の龍」が・・・











Dsc00486





お出迎え♪






Dsc00490


お寺周囲には残雪が残ってる
この日は結構暖かく、しかも歩いて上ってきた私はちと暑いcoldsweats02



Dsc00480


お寺の一角には宿泊できる場所もありました。





Dsc00493


観音様もお出迎え♪






Dsc00495


手洗い場所にて龍の銅像もお出迎え






Dsc00496
少し下って一言地蔵。
一言のみのお願い事を叶えてくれる。
私のお願い「幸せ」です。
今日の幸せが、永久に続きますように・・・




さてさて。
案内看板見るに、ココからさらに上がっていくと大展望台があるとの事。車で5分。徒歩40分・・・smilesmilesmile

大げさに書いてありますが、恐らくそんなにはかからない。
行こうかな?と思いましたが、ママさん「むーりーーーwobbly」と宣うので勘弁してあげようsmile

だけど、徒歩10分って書いてある「弁天山展望台」には行けるだろうthink
言ってみれば、急な上りってな看板見た瞬間「むーりーーーwobbly

coldsweats01coldsweats01coldsweats01

ハイハイgawk
そんじゃ、一人でちょっくら行ってくらcatfaceそこで待っとき!!

テクテクと一人元気にハイキング。
何処までも体力バカの私ですsmile


Dsc00499


ママさん達は下で待たせて、私一人で展望台。徒歩10分?急な上り坂??

いやいや。そんなのお構いなしさwinkなんのその・・・








Dsc00503
でもって、程なく山頂
・・・って5分もかからなかったし、大して急坂でも無かったし。看板に偽りありですなangry

せいぜい「徒歩5分の遊歩道」とでも書いておけばよいものを・・・

ここからの眺めも流石にヨカッタ。
しばし、景色を堪能あれ・・・

Dsc00501













Dsc00505
Dsc00508













Dsc00510













Dsc00509













Dsc00511



さてさて、景色もたっぷり堪能してから下山します。
下では少々、おねーちゃんと妹ちゃんが小競り合っておりましたが、日常事confident
次の瞬間には、すぐさま仲良し♪

まったく、忙しいものだcoldsweats01coldsweats01coldsweats01


Dsc00512


しばらくしてから下山です






Dsc00513





ムクれるおねーちゃんナダメなだめの舎利殿撮影camerashine










Dsc00515


せっせと山門を後にして・・・






Dsc00517


テクテク徒歩で、下山です。
ほぅらねheart01もう仲良しこよしdelicious





Dsc00518


やっぱりバスじゃなくて・・・






Dsc00519




徒歩が正解でしょう?happy02





Dsc00520


下に下りて、売店にてソフトクリーム♪





Dsc00523


昨日のとは違って・・・






Dsc00527


コレもまた美味しいらしい♪
甘いものが苦手の私は、いつもボンヤリ眺めてるだけsmilesmilesmile



Dsc00530


そして家族みんなで瓦投げ♪
器用にひょいひょい入れてるおじさんがいましたが、コレってなかなか難しいdespair


Dsc00533


かさぼうくんがウロウロしてたので、記念写真camerashine





Dsc00537


恋人達のモニュメントがあったので・・・





Dsc00540



夫婦で仲良く記念写真heart01





Dsc00546
やーれやれ。
楽しかったheart01
しっかし、このリフトカーは、下る方がちょいとばかりスリリングだったcoldsweats01

絶叫系マシンが苦手な私は、ちょいとばかり足に力が入ったな・・・



この後、昼食とって一路帰路に着く。
3時間ほどで到着しますが、明日は平日。子供たちは学校で、私は仕事gawk

あんまり疲れを出さぬよう、早めに退散いたしますconfident



Dsc00553

昼食は、昨日来る時見かけたお菓子の館。
そうそう。おねーちゃんの誕生日だもんね♪
ケーキを食べなきゃbirthdayrestaurant


Dsc00559


私ゃシーフードカレーで・・・







Dsc00563


妹ちゃんはきのこパスタ






Dsc00564


ママさん。シーフードパスタで・・・






Dsc00561


おねーちゃん。
待望のケーキですlovely





Dsc00570




やれやれ。満足したかい?





Dsc00578
後は車に乗り込み、一路岡山
・・・この上まだカニせんべいgawkgawkgawk
パパもいる?って聞かれたけど、パパ当分カニはご遠慮ですcoldsweats01





やれやれ楽しかった家族旅行。
おねーちゃんは妹ちゃんと、近所のお友達からプレゼント貰って大満足happy02

ついでにママさんの妹からもクッキー届いて、Skypで嬉しそうに報告ですhappy01
さてさて、次は妹ちゃんの誕生日。3月だから今度はどこがいいかしらconfidentconfidentconfident

くす。


Dsc00579

妹ちゃんからは、手作りのプレゼントpresent








Dsc00580


家に着けば、ご近所のお友達からもプレゼントで大満足なおねーちゃんでしたとさhappy01




おしまい♪

2013年家族旅行~天橋立(京都) -1日目-

11月30日(土)
ちゃりいべ2013が終了し、ネタもなくなりすっかり寂しくなった私のブログ。来年、春までの間を繋ぐべく家族旅行ネタを入れてみますhappy01

さてさて、まずは何故家族旅行に行ったか。
明日の12月1日は、上のお姉ーちゃんの13回目の誕生日。毎年、家でケーキを買って祝う所ですが、カニにいたって目の無い娘達と、今年はたまたま日曜日だった。というスケジュール的な要因もあって、今年は思い切って、何処かでカニが食べられて遊べるところ・・・と探しておりましたhappy02

Dsc00282
でもって、行ったのがココ。
そうです、京都府の上にある「天橋立」
お天気も良く、明日から12月だ。という割にはそこまで寒くもなく、なかなかの旅行日和confident
やれやれ、家族の行いが良い証拠happy02


Dsc00248

岡山から高速で車を走らせる事3時間。
天橋立駅がある文殊天橋立到着。取りあえずは智恩寺から散策しますhappy01


Dsc00249


やれやれ。
お天気も程よいし、ちょうどお昼時の12時到着。明日から12月だというのに、少しポカポカ陽気


Dsc00250


取敢えずはお参りだ♪






Dsc00251


Dsc00254




















Dsc00256_2













到着したのがお昼の12時。
取敢えずお腹が空いたwobbly
何を食べようかしら???と付近を散策。止めた駐車場でもらったお店の割引券がありましたが、子供達は麺じゃない方が言いという。貰った割引券はお蕎麦屋さんやらワイナリーのお店gawk
うーむε-( ̄ヘ ̄)┌ 上手くいかないものだ。
すると美味しそうなイクラ丼の看板が目に入り、「ここが良い♪lovely
ってな訳で昼食場所が、決定ですhappy01


Dsc00260

さてさて、昼食だrestaurant
この日はそんなに人がワンサカでも無かったので、大して待たずにお座敷へ・・・


Dsc00262


早速注文♪
手持無沙汰な待ち時間は、コイン占いで退屈しのぎ



Dsc00264


結構当たってる♪とママさんも興味深々でコイン占いheart01




Dsc00266


そうこうしてると、昼食到着shine
まずは決め手となったサーモンいくら丼





Dsc00267


お刺身たっぷり海鮮丼♪






Dsc00271


アサリたっぷりアサリうどんflair






Dsc00272


いただき、ま~すhappy02









やーれやれ。
喰った食ったぞ満足だhappy02
お値段も張りましたsweat02が、観光地。
こんなモンでしょうcatface
どんな一品頼んだって、1,000円近くするんだから、食べたいものを食べるのじゃsmile

そして、松並木の橋立を散策しますconfident



Dsc00273


よーし。
それじゃ、行ってみよう♪






Dsc00274


・・・と思いきや、ママさんとおねーちゃんはトイレですcoldsweats01





Dsc00275


仕方ないので、妹ちゃんと海辺の砂浜





Dsc00278_2





程なく合流♪



Dsc00280






取敢えず記念写真だcamera


Dsc00281






カシャcamerashine








この松並木は結構歩き応えがあります。
対面まで3キロ程度はあるのかな?think
ですが、あちこちの景色につられて、あっちへフラフラ。こっちへフラフラ。
なかなか程良い散歩道♪


Dsc00284

さぁ、いくぞ!!
れっつ、ごー!!!






Dsc00286


気持ちのよい松並木






Dsc00288


ですが、景色につられ脇道それてふーらふらcoldsweats01




Dsc00291


砂の崩れるギリギリを・・・
替えの靴はないのよangryとママさんハーラハラdelicious



Dsc00292





取敢えず、ココでも一枚
カシャリcamerashine



Dsc00295





途中に「天橋立神社」がありました



Dsc00296


でもって、その脇にはアームストロング砲が・・・coldsweats01




Dsc00298





取敢えず乗っとけ♪



Dsc00299





はい♪
カシャリcamerashine










いやはや、こんな調子でフラフラ行くので、なかなか先には辿りつきません。
ま、何処に何時に・・・なんて予定も決めていないし、気の向くままに思いのままに・・・
我が家の家族旅行は、いつもそんな感じですconfidentnote



Dsc00300

さーてさて・・・
そろそろ行っとくか^^








Dsc00302


・・・と思いきや、おねーちゃんが斜めになった松の木を見て





Dsc00303






上ってみよう♪












Dsc00304


そりゃ、ちと無理くね?
妹ちゃんも参戦して、松の木ゲシゲシ

deliciousdeliciousdelicious

松の木、かわいそーwobbly










Dsc00306





その後、傾斜の緩い松の木で・・・












Dsc00305


二人仲良く・・・








Dsc00308




おくつろぎ♪





Dsc00310


さーて。次だ次。
行ってみよー(*^o^/















Dsc00312


そしたら、今度は途中に「夫婦松」
夫婦二人で、はい、ぽーずcamera




Dsc00315


いよいよ片道の終盤に差し掛かった頃・・・






Dsc00317


平成16年の台風で無残に倒れた「双龍の松」















Dsc00316


覗いた穴の先で、はい、ちーずcamerashine





Dsc00319


残念ながら、中には入れませんよーだdeliciousdeliciousdelicious





Dsc00320


そんなこんなで、漸く対面に到着しましたcoldsweats01









さーてさて。
ココからリフトまで歩いて、笠松公園dashとも思いましたが、駐車場での車の預かりは午後4時まで。この時点で午後2時30分。
本日のお宿は笠松公園に向かうリフトの付近にあったので、「股覗き」は明日にして、テクテク同じ道を帰路につく。


Dsc00323


さーてさて。
取敢えず戻りますかな・・・confident

来た時とは違い、今度は真っ直ぐ戻ってみますhappy01









Dsc00327


そして到着♪







Dsc00332


うずくまって何してる???






Dsc00333


靴に石が入った模様ですsmile






Dsc00336


そしてアイスを食べ食べ、お宿に移動しますかhappy02









本日のお宿。
天橋立ユースホステルですhappy02happy02happy02

意外にも、フラフラ放浪好きの私ですが、ユースホステルは初体験。
しかも家族連れなので、ちょっとドキドキcoldsweats02

ですが、口コミ良かったし、お宿代は格安だし、立地がまた良いhappy02happy02happy02
まさに云う事なしだshine



Dsc00337

お宿の脇に、立派な紅葉の木








Dsc00338


あんまりキレイだったので、記念にカシャリcamerashine






Dsc00343


しばし、紅葉を・・・







Dsc00358


鑑賞しますconfident








Dsc00340


何はともあれ、チェックイン♪







Dsc00370


外観はあまりパッとしませんが、子供達は「山の学校みたいhappy01」と満足げ^^




Dsc00345


荷物を持って、れっつ・ごー♪







Dsc00346


おぉー、こりゃホントに山の学校。
予備校の寮を思い出すな・・・





Dsc00353


室内は割と小ざっぱり
8人ほど泊まれるドミトリーのお部屋。
家族連れだと、まるまる貸切。
結構広いので、ゆったりできます。

子供達。
隠れ家のようなドミトリーベットに大興奮♪



Dsc00352


ちょっとした秘密基地ですheart01







Dsc00355取敢えずパパさん一人。買い出しだwink
車に乗り込むと、雲の切れ間から後光が輝き、幻想チック。
カメラ取り出し、カシャリshine運転中に危ないので、マネしないようにdelicious

Dsc00359


買い出し終えて、戻って来た時。もう一つ気になっていた宿隣の真名井神社。




Dsc00365


ふらふら、一人で散策だhappy02







Dsc00366


ぼっち属性な私。
やっぱり一人での散策は格別ですconfident
何となく厳かな気持ちで神社を目指す










Dsc00367


何だか修復中だったみたいで、外周を工事しておりました





Dsc00368


ちょいと興醒め。
でも沢山の人がひっきりなしに訪れておりましたconfident








さーてさて。
何でこの天橋立ユースホステルにしたかというと・・・そう。カニですhappy02restaurant
楽天で安い順に探して行って、ココに辿り着きました^^

ユースホステル・・・カニ?

何だか初めはピンときませんでしたが、他の方の口コミが良かったのと、他の温泉宿では倍くらい違っていたので、迷わずここに。

ついで、色々コースがありましたが、折角のお誕生日だ。
それに我が家の忘年会も兼ねて、豪勢に一番高いコースで行ってみよう♪

・・・ともあれ、安宿の中で。ですがねsmile



Dsc00371選んだキッカケとなったのが、このカニコース。いつもなら、ちょっとコースで・・・なんてケチる所ですが、大盤振る舞いのまんぷくコース。一人当たり2匹のカニの量だとの事なので、4人で8匹!?
どんな量なのかしらthink
そういえば、宿泊のチェックインをした際に、予約の金額よりも1,000円割安になったので、その額で決済しときますので・・・との事。
おぉー。何だか解らないがラッキーだcatface



Dsc00375部屋に戻ると、子供達がママさんに勉強を強いられていたので、夕食時間まで「もぉ~(*^o^*)しょうがないなぁ~」なんて言いながら、フラフラ散策♪
いやはや、いと たのし♪


Dsc00377


一人で周囲を・・・






Dsc00378


散策だhappy02happy02happy02








Dsc00380


そうしてお待ちかねのカニタイム♪
な、なんだcoldsweats02この量は・・・sweat02














Dsc00382カップラーメン食べておられる方がいる食堂の中。私達の席だけが異様な光景coldsweats01
ご飯3合を一食でペロッといける私をもってしても、この量にはちょいとひるんだcoldsweats01
食の細い嫁子を抱えて、この量って食べきるかしらcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
ま、カニとなると目の色変えてペロッと大人の2人前くらいは食べる子供達。
なんとかなるでしょうconfident


Dsc00385


普通に配膳されてものだって立派なものなのに・・・





Dsc00386


焼蟹、蟹鍋、蟹雑炊・・・
コリャ、イッタイ、ナンニンマエダ・・・





Dsc00387


夢中にほじって・・・







Dsc00388


パクリ♪








Dsc00390


締めのカニ雑炊・・・


げぷっsweat02




Dsc00393_2


そして見よ!!
この量を!!!


昭和生まれな私は、出されたものは残さず食べるsign03を信条としていましたが、流石に最後の少しが食べきれず・・・
何せ終盤は、カニの身を穿り出す事に専念し、茶碗に盛ると茶碗に大盛りの一杯が・・・
子供達に与えるも、

もう、いらなーいwobbly

で・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

それをお汁にいれこみカニたっぷり雑炊。
それでも、まだあるカニくん達・・・

えぇ~い。
カニだけでも食してしまわねば・・・
一心不乱に食べすすめて何とかカニ完食。

残った鍋野菜の茶碗一杯分は・・・もぅ、いらねgawkgawkgawk


smilesmilesmile


なんでも度を越すとよくないものだcoldsweats01
しばらくはカニはおろか、カニ風味もいらないやsweat01


Dsc00397


そして最後は、家族全員・・・








Dsc00396


クマちゃんに変身して、おやすみなさ~い♪
明日もいっぱい、あそぼうねheart01

sleepy

2013年11月18日 (月)

2013年とびしまオレンジライド(広島)

11月17日(日)
広島県は呉市。下浦刈島を起点に開催された「第4回 安芸灘とびしま海道オレンジライド2013」に参加してきましたhappy02happy02happy02

Imgp1144お天気suncloud時折raingawk
このイベントで、今シーズンの終了です。スカッと一日、晴れて欲しかった所でしたが、ま、概ね秋晴れの気持ちいい一日です。


Imgp1140呉市は岡山から、割と近いのか遠いのか…
微妙な距離感。3時間程度で到着するので、早朝4時に出発。6時30分。駐車場ポイントに到着ですconfident


Imgp1143
しかし指定の駐車場ポイントはF。会場までは7キロほど離れていますgawk出走前はいいんですけどねcoldsweats01ゴール後、この駐車場まで戻るは、ちとツライbearing

Imgp1145会場到着。午前7時。受付6時30分から8時30分まででしたが、まだまだ人気もまばら。Sieraちゃん。一人ぼっちで寂しそうdespair割とみなさん。ゆっくりなのねcoldsweats01

Imgp1150


取りあえず受付だhappy01
人気もまばら。スタッフさんしかいない受付会場に入ります。



Imgp1151
受付風景、写真cameraを撮ってみると、周りから暖かい笑いが起こるcoldsweats01・・・くす。ほとんど人がおらぬので、いちいち恥ずかしいなsmile




その後、開会式が始まるまで付近を散策。
出発の会場は「県民の浜」という場所。綺麗な砂浜が眼前にあり、なかなか雰囲気の良い場所。しまなみとは違い、ちょっと穴場チックなこのとびしまです。割といい所でないのsign02



Imgp1152




無事にゼッケンもゲトし・・・





Imgp1153


周囲を散策。
開会式会場にも、まだまだ人気はありません。




Imgp1154


眼前には綺麗な砂浜。朝日が御来光をはじめ、厳かな気持ちで開会の時を待ちます。




Imgp1156新調したサイクルジャージ。学生時代のサークルTシャツのデザインを復活させ、右下に2'ndの文字delicious
そうです。すっかりおさーんとなりましたが、ちゃり活動。2'ndシーズンの到来ですhappy02
Securedownload


ちなみに学生時代のTシャツはコレsmile
当時の仲間内でデザイン持ち寄りましたが、誰もろくなものを持ってこなかったannoyので僕の一存で僕のデザインを採用ですdelicious








Imgp1157早速にお召かえhappy02
ホントならこの日は後輩のササくんも一緒にこれ着て走る予定でしたが、残念ながら急遽不参加。ま、基本一人参加のぼっちな私。大して問題はありませんconfident


Imgp1162


しばらくすると、人も多く集まり始めましたhappy01









やれやれ。
今回のこのイベント。早朝はお天気素晴らしい。だけど午後から雨模様。ホントかな???やっぱりアレですかねsmileゲストの安田大サーカス。安田団長delicious
去年のイベントも大雨だったっていうし、今年の東かがわ市の「ツール・ド・103」でも呼んでもないのにピンポイントの台風接近。前後はお天気良かったのに、中止ですgawk

この午前中のお天気を雨に変えるとは・・・相当雨男?deliciousdeliciousdelicious
本年、最後のイベントなので、是非、いい気分で終わらせてねbearing



Imgp1166

続々と人も集まり始め、午前8時30分。
いよいよ開会式が開催されます。



Imgp1168


みんなゾロゾロと開会式場の芝生広場に集合します。




Imgp1172
いよいよ開会式。
広島ホームテレビのアナウンサーさんと恐怖の雨男delicious安田団長が、軽快に開会を宣言いたします。






その後、ひとしきりの来賓の方の挨拶をされて、いよいよ出発の時。
いやーーー。何度やってもこの出発前のワクワク感はいいもんだlovely
今日も一日。がんばろーhappy02



Imgp1183
今度はぞろぞろ出発会場へ。
いつも通りの出発前の自分撮りcamera





Imgp1184既に大勢の方がスタート会場に陣取っている。なるほど。賢い方々は、開会式会場に行かず、出発会場に張り込んでらっしゃるのねcoldsweats02
ま、私の場合はいつも後方よりののんびりスタート。まったりポタリング気分で走りますconfident
Imgp1186


いよいよ出発happy02
今日も一日、がんばろー(^o^/




Imgp1188


1グループ30名ほどでスタートします。
急ぐ人はせっせとこぎ出し、ゆっくりな人はまったりマイペース。
私ゃいつもの後方定位置delicious基本、追い越され基調に進行します。










それにしてもこの日。
お天気良くて気持ちいい♪っていつもならいう所ですが、若干体調が・・・shock
何が?って胸やけが酷い。走り始めるまで、全然気づかなかったですが、走り始めると、随分胸やけ&生唾貯まるshockshockshock

コリャ、ナンダ???

昨晩、飲みすぎたかな?いつも通りだったんだけど・・・

「缶ビール4本」

deliciousdeliciousdelicious

でも、ホントいつも通り。毎晩の晩酌です。
なので他の要因なのだろうか・・・think

なんだか右胸も痛むし、変なビョーキかcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

おぎょーぎ悪く、ぺっぺと痰を吐きながら、セクセクこぎ進めます。



Imgp1190


お天気良くていいんだけどな・・・
中々体調。思わしくありませんdespair



Imgp1191


海辺の景色も気持ちいいのに・・・





Imgp1195_2


それでもせっせと先を進みます






Imgp1197


でもって、最初の橋を渡りますconfident










この「とびしま海道オレンジライド」
しまなみのように島を結ぶ橋橋を渡って進んでいきます。
今回は、大小7つの島々を巡って100キロコース。当然、橋は高台にあるので、橋を渡るには若干上りますが、その他は基本平地基調。なのでとっても初心者向けのコース設定。
きっと、「初めての100キロです」ってな人でも、大半は完走できると思いますshinehappy02



Imgp1198

橋上からの眺めもいいなheart01confident








Imgp1202しばらくヘコヘコ進んでみると、先導スタッフさんが現れた。
体調いまいちだったので、これ幸い。しばらく引っ張ってもらおうと、後方より追走します。

Imgp1204そんなこんなで走行してると、前方にスタッフさん他数名が集まられ・・・
おやおや?追突かな???
私は後ろから追突するほど急がない。けれど、後方から追突される危険はあるので、気を付けよう・・・
Imgp1207


しばらくすると、前方に橋が見えてきた。
今度はアレを渡るのかな・・・




Imgp1209そしてしばらくすると信号待ちの行列です。
おやおや?TEAM WAVEのサイクル集団。コレって確か岡山県は総社市にある自転車屋さんのチームでないの?
同郷さんのチームがいらして心強いなconfidentそれにしても、みんな綺麗な車列で走るもんだthinkthinkthinkImgp1210


ついでに後ろの様子もcamera
おぉーcoldsweats02ずらっと続いておりますなcoldsweats01




Imgp1213


その後しばし進んで、石畳みゾーンをぬけると・・・




Imgp1215


橋の袂にある最初のエイドに到着しましたhappy02happy02happy02








やれやれ本日。
実に体調が悪いな・・・。何やらネットで調べてみるに、背中の筋肉が弱まってても肩こりや胃腸のムカムカが起こる模様。自転車の前傾姿勢が悪いのか???

道中、片手離してグルグルストレッチをしてみますが、あんまり改善いたしませんdespair
棄権するほどではありませんが、何かしっくりこないな。今回のイベントdespairdespairdespair



Imgp1219

何はともあれ、エイドだエイド♪
取りあえずそそくさと通過のチェックを受けて・・・




Imgp1220


お・た・の・し・みheart01の食糧品happy02
さーてさて。どんな物がありますかな???



Imgp1221


取りあえず水分補給。
人気はミカンたっぷりみかんジュース。ほとんど売り切れ。底の方にあるのを、スタッフさんが寒い思いをしながら、取り出してくれましたhappy01







Imgp1222


鯛めしのおにぎりだよ~。持ってって~。
はいheart01は~いlovely




Imgp1224


そして鯛のお味噌汁lovely






Imgp1227


ミカンはわざわざ剥いて下さり・・・






Imgp1229


おまんじゅうやら・・・






Imgp1231






アレコレ珍味♪



Imgp1225






美味しく召し上がり・・・


Imgp1233





鯛汁もう一杯おかわりhappy02ですrestaurant


Imgp1234





やーれやれ。
余は満足、いたしたぞhappy02shine









このエイドでの食事がヨカッタのか、胸やけ随分緩和しましたconfident
やれやれ、胃酸過多なのかしらcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
何はともあれ、少し晩酌。控えよう・・・

だけど、この企業スポンサーのチャリイベはエイドが随分素晴らしいconfident
お菓子チョコッと・・・なんてケチクサイsmileイベントも随分ありますが、基本、このエイドも楽しみの一つです。

なので、景気よく「あれ持ってけ。コレも持ってけ!!!」ってされると、随分気持ちがいいものです。それにスタッフさん達、随分親切に接してくださるhappy01



Imgp1236

少し体調も改善した所で、エイドの上に見えてた橋を渡ります





Imgp1238


少しお空が曇り始めてきましたな・・・
まーったくこんな時ばっかり予報は当たるdespairdespairdespair


Imgp1241


ちょいと眺めは物寂しい雰囲気になりましたが、雨が降らないだけまだ良いやgawk




Imgp1243


そんな感じにせっせと進行していきます





Imgp1244_2しばらく走ってみてると後ろからおねーさんが一人、着いてくるhappy02私ゃのんびりポタリングモード。後ろから来る人、ペースが合わねば私をさっさと追い越しますgawk
それでもおねーさんは私の後ろ。いやはや旅は道連れ。二人旅happy01
時折、後ろを振り返り「(お空が)怪しい雰囲気になってきましたね。雨、降るんでしょうかね?」なんて言いながら、まったり走行。
ですが、あまり話しかけて引かれると困るのでcoldsweats01基本は黙々と進行します。
そこまで図太くずーずーしい性格でもありませんので・・・smilesmilesmile

Imgp1248



景色を楽しみ楽しみ、ポタリング♪




Imgp1250


まったり走っみても「ぼっち走行」にはならぬので、安心してポタってられますconfident



Imgp1252





さてさてお次の橋は・・・


Imgp1255

豊島に架かる「豊島大橋」
相変わらず、橋を渡るにゃセッセと上る。
全てにおいて、そんなに大した上りではありませんが、平地基調で進行する中。急遽現れる上りは、やっぱりちょっとツライcoldsweats01
ま、上る距離も短いので、ヒーヒー、押し押し・・・なんて事はありませんが・・・



Imgp1256


相変わらず、橋上からの眺めは気持ちいい♪





Imgp1260


そんな感じに進行しておりますと・・・





Imgp1262
眼前にS字に上る上り道。
よーしと勢いつけてギヤを落として挑んでみると・・・ガチャガチャ、アリャリャcoldsweats02チェーンが落ちてしまいましたcrying

Imgp1263
落ちたチェーンを直してセッセと追走
おねーさんには追いついたwink
他の早い人達はおいておき、再度二人旅の開始ですdelicious
ま、何はともあれ「旅は道連れ」smile

Imgp1265
ぐいーんと上ってみて、高台からの眺め。
ちょいといいなconfidentスカっと晴れてりゃ、もっとヨカッタなcryingcryingcrying

smilesmilesmile


Imgp1266


「上った」って事は、当然橋を渡ります





Imgp1267


そして、そのまましばし走行してみると・・・





Imgp1269


第二エイドに到着ですhappy02happy02happy02
やーれやれ。ちーと疲れてきたぞwobbly







この第二エイドの頃になると、お天気どんどんと曇天化。
周囲が少しうす暗くなってきて、ちょっぴり寂しい雰囲気です。
夏場の曇天や、多少の雨ならば、ちょっとしたシャワーになって気持ち良かったりしますが、秋口の、、、それもそろそろ12月になろうかな?なんてな時期の曇天や雨はちくと肌寒いshock

そこに気持ち良さはありません。ですが、やっぱり知らない土地を走ってみれば、旅乗り間隔で気分も新鮮。どこも似たような景色・・・と思ったりしますが、やっぱりその土地土地の独自の匂いがあって、同じような海辺の景色でも多少感覚が違います。それに、やっぱり土地の物はその土地で食さねばsmile

今は日本各地のお土産品は、大抵の大きなスーパーで手に入りますが、やっぱりその土地で食す味わいは一味違うconfident



Imgp1273

そそくさと通過のチェックを行いまして・・・






Imgp1275


お待ちかねのお食事タイムlovely
さーてさて。何が食べられますのかな???



Imgp1276




まずは揚げたての小鯵の天ぷら




Imgp1277
そして蒲鉾。
そういえば参加者の誰かが言っていました。この蒲鉾があるかどうかで自分の順位が分かるんだ。とね。あまりエイド入りが遅くなると、この蒲鉾が食せなくなってしまうらしいcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
Imgp1278


そんな事は知らずに、私ゃむんずと一掴み
 ̄^ ̄)
その他甘味に珍味。おせんべい♪


Imgp1279


やれやれ、喰った喰ったぞ満足なり♪





Imgp1281


いそいそ先を目指して進みますconfident









このエイドを抜ける際にも、おねーさんとスタートが一緒になって二人旅happy02
互いに見知らぬ仲ですが、何だか変に連帯感が出てきますdelicious
ガンバって、一緒にゴールを目指しましょうlovely



Imgp1284

しばらく進んでおりますと、ますますお空は暗くなるdespair





Imgp1286


相変わらずに島々を結ぶ橋を越え・・・





Imgp1288


この橋最後の島の「岡村島」に架かる橋。
橋の向こうは愛媛県。県境は橋の真ん中にありましたhappy02



Imgp1291


橋を渡って愛媛県
走りながらの撮影なので、ちょいとブレてしまいましたcoldsweats01


Imgp1303


そうして小さな島内。ぐるっと一周進んでみると・・・おやや!?ポツポツ降ってきたsad


Imgp1308
後ろのおねーさんに「やっぱりポツポツ降ってきましたねcoldsweats01まったく、いらぬ時ばかり天気予報って当たりますよねangry」そんな事いいながら、ふらーりと進む


Imgp1309_2
一周回って再び県堺の橋の上。
丁度真ん中にこんな表記がしてありますhappy02
こんな光景、じっくり見れるは自転車の特権だconfident

Imgp1312


その後、せっせとこぎ進み・・・





Imgp1313



色んな橋を渡り・・・(段々、テキトーsmileちくと説明が面倒になってきたsmilesmilesmile


Imgp1318




風光明媚な街並み保存地区を通過



Imgp1319





優雅にお店で休憩されている方もおりましたhappy01


Imgp1321

そうこうしてると、雨脚はドンドン強まって・・・気づくと後ろのおねーさんは離脱ですcrying。どこかで上着をまとわれたんでしょうねconfident私ゃこの上多少濡れても平気だい(^へ^)ってな感じに進みます。
やれやれ、楽しかった二人旅も終了だgawkま、向こうはそんな事は思っていなかったでしょうが・・・smile
Imgp1322


そんな雨がより一層強まった頃に最後のエイドポイントに到着




Imgp1325


やれやれ、つめたいぴーwobblywobblywobbly





Imgp1326
ココで振舞われたるは温かいラーメンですhappy02キャー、ウレシーhappy02happy02happy02
ラーメン作ってるおじさん。「来年は晴れるsunきっと晴れる!!!」と力強く言っておられたconfident
そうね。来年はきっと晴れるといいなhappy01
Imgp1327


あったかラーメン。いと、うまし!!!






Imgp1328


相変わらずこれ持て






Imgp1336


あれも喰ってけ!!と大判振舞いhappy01





Imgp1335


いやはや、濡れたが楽しいぞhappy02






Imgp1331

そういや、エイドに賑やかに入ってこられた方。安田団長www
おやおや?最後尾からのスタートだったのに、随分健脚ですなdelicious





そんな雨のエイドですが、この雨大した事なく、ひとしきりザーッと降ったかと思えば、すーっと上がっていきましたconfident

ヨカッタ、ヨカッタconfident

また、雨の中。じけじけと走らされてもたまりませんbearing
年内、最後のイベントです。是非、いい思い出を刻みたい・・・



Imgp1340

さーてさて。
後はゴールを目指してがんばりますかhappy01





Imgp1347


ゴールの島を目指すべく、一つ一つ橋を目指します




Imgp1351


せっせとゴールを目指して橋を渡る






Imgp1354


よーし。次だ次。
どーんとこい!!!





Imgp1356随分高い場所に橋が見えるな・・・
おやおや?人が渡っていくのが見えますぞcoldsweats02そうか、そうか。今度はこれを渡るのか



Imgp1360


せっせと上り進んで橋手前。
雨も上がって爽快だconfident



Imgp1363


橋の途中から眼下を望む。
おぉー。随分高い所まで上ってきたもんだhappy02
それに下にもこちらを目指す人達が見えますぞ。

みんな、がんばれー(^o^/~







Imgp1364


眺めの良い場所。
お天気、すっきりしてりゃ景色が良かったろうな・・・


Imgp1367


橋を渡り進むと見覚えのある風景が・・・
おぉー!?いよいよゴールが近くなってきましたぞcatface


Imgp1369


途中に海に向かって鳥居があった
斜めにみれば、小島に綱が架かってる。



Imgp1371みんな不思議なもので、ゴールが間近になると俄然張り切ってペースを上げる。
別にタイムレースじゃないのにねdelicious私ゃ、相変わらずマイペース(ほじほじ)とおし進む

Imgp1377


てっきり真直ぐゴールイン。かと思いきや、途中で右折を強いられる




Imgp1378
でもって曲ってみれば上りが待ってるcoldsweats01
後ろから賑やかなダミ声が聞こえてきて・・・おやおや?安田団長ですかwww


Imgp1379
せっかくなので、この上りは団長一座を追走します^^
団長、ベラベラと結構余裕。へぇ~coldsweats01結構健脚さんですなsmile

Imgp1380

上りきってはグングンスピードを上げて行かれるので、この辺で追走終了confident
私ゃ相変わらずノンビリ参ろう・・・


Imgp1381


ちんたら下る私を尻目に、ぐんぐん踏み進んでいかれる団長一座。




Imgp1384

さーてさて。
後はゴール前を少し上ればゴールです。






Imgp1385


そろそろ向こうにゴール地点の県民の浜が見えてきたconfident





Imgp1389


張り切ってスパートされた何人かの人が落ちてきたので、一人ゴールの寂しさは無くなったhappy01



Imgp1390
そうして待望のゴールですhappy02
私がゴール前のコーナー曲ってる頃安田団長のゴールが告げられ・・・ありゃまcoldsweats02そんなに離れていなかったのねcoldsweats01





やーれやれ。
随分、つかれたピーwobbly
でも、結構楽しかったですhappy02

途中はどんどん暗くなっていき、雨まで降りだしたりしましたが、ゴールに近づくにつれ、今度は逆に天候回復基調。少しづつお空も明るくなってきて、まるでゴールの時を祝福してくれるかのようですconfident

到着時刻は14時30分。
平地基調だったので、平均21キロほどのペースで快走できました。走行距離も103キロほど。なので100キロ表記はほぼ表記通りですなhappy02

しまなみの時は、随分おまけがついていて、おやおや?100キロ越えてもゴールはまだ見えませぬcoldsweats01ってな感じだったので、ペース配分通りに事が進行。なかなかいいコースでございましたconfident

しかしこのとびしま。島々の山の上には随分道が続いておりまして、コース設定次第では、かなりハードなコースも仕込める要素がありますcoldsweats01なかなかポテンシャルの高い場所ですなsmile

今後、そんなハードコースのイベントが開催されたなら・・・ちょいと考えものですなsmilesmilesmile



Imgp1391_2
ゴール後はゆったりお食事
振舞われたるはカレーライスrestaurantそして嬉しいのはノンアルコールビールhappy02
打ち上げ気分、満載です♪


Imgp1393そして、やっぱり男心的には女性の祝福を受けたいお年頃deliciousdeliciousdelicious
つつつ・・・とゴール地点でお出迎えのスタッフさんに近寄って、

「あのぉー・・・写真撮ってくださいcoldsweats01もちろん、一緒に写ってちょうだいねんupcatface

・・・くす。
世の殿方はみんな揃っておバカさんsmile

こんな場所によくおりがちな、キャンギャルさんがいなかったので、スタッフさんに無理強いですsmile

チェッカーおねーさん。「えぇ~」とかいいながら、随分サービス旺盛にしてくれましたhappy02

感謝ですheart01



こうして、私の2013年のチャリイベは終了です。
来年は、どこをスタートにしますかなcatface

ともあれ、桜の咲く季節までは冬眠ですsleepy

2013年10月28日 (月)

2013年愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング

10月27日(日)
愛媛県は砥部町で開催された「愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング」に参加してきましたhappy01

Imgp1126


お天気、最高sun台風一過のこの日は、雲一つない秋晴れの晴天。まさに「快晴」のサイクリング日和ですhappy02
先週の「渥美半島ぐる輪」では、雨嵐の中の苦行サイクリングだったので、今回は楽しみだconfident


Imgp0997
受付の開始される午前7時30分。無事に会場到着です。






Imgp1002


無事に受付&車検を済ませ・・・






Imgp1003


さーて、今日も一日。がんばろー(^o^/





Imgp1004

お天気最高。雲一つ無い秋晴れのこの日。朝は少々肌寒くなってきましたが、スポーツやサイクリングを屋外で楽しむには、最高のコンディションですhappy02

Imgp1012


さてさて、お召し物も変えて出走の時を待ちますかなhappy01







愛媛県は砥部町。
松山市と隣接していて、アクセスは大変良い場所。以前の石鎚ヒルクライムでの久万高原町よりは20キロほど松山市よりにあります。そしてその石鎚ヒルクライムの際は、よもや遅刻かcoldsweats02と大変ハラハラする思いをしたので、今回は早朝4時30分出発で、丁度受付開始時刻の7時30分に到着。
いやはや、何事も事前の準備が大切だconfident


Imgp1016
程なく、8時30分より開会式が開始され、愛媛県サイクリング協会会長さんの挨拶より始まって、コース説明が行われました。


Imgp1011コースはざっと砥部町を中心に76キロほどのコースです。
途中にかなりキツイ上りを有するこのコース。いつものノンビリロングライドとは違い、若干のセンチュリーランの要素(タイム計測有。愛媛県内の参加者のみ、順位計測有)があり、のんびりエイドを楽しみながらのサイクリングとはちと違うdespair
それに何やら今回はコース変更にて、石鎚ヒルクライムよりもきついヒルクライムが盛り込まれたとの事。その事により、4時間制限→5時間制限に変更してのコース設定が行われていました。


Imgp1019スタート順はゼッケン番号順に、10名1分間隔おきにスタートです。
私は9番。なぜゼッケン順が速いのかは不明coldsweats01ですが、こんな先の方の出発で大変恐縮coldsweats01coldsweats01coldsweats01
どうせ、どんどんゴボウ抜かれますから・・・

Imgp1022


何はともあれ、出発前の自分撮りcamera





Imgp1023


午前9時31分。私達、第二組目もスタートします。







序盤から、結構ハイペースに進行します。
街中の平地なので、巡航速度は35キロほど。信号待ちにいちいち阻まれますが、順調にスタートした2組の一団で走行していきます。
その内、後ろからばい~んと追い越して行かれる強者集団が現れ、徐々に車列は分断し・・・。私も今回は少し腕試しだpoutとばかりに懸命に走ります。
・・・ま、基本、写真撮り撮りのお楽しみは欠かしませんがsmilesmilesmile



Imgp1026
お天気良いので序盤からかなりハイペースに進行します。






Imgp1027


ですが、街中の道ではまだまだ信号待ちに阻まれる・・・





Imgp1028


いやはや、気持ちいい天候ですなhappy01
まさに絶好のサイクリング日和ですsunhappy02



Imgp1031


その後、すこーしずつ千切られていきながらdelicious順調に自分のポジションで走りますsmile



Imgp1035


その内コースは左折ポイントに入り、いよいよココからが上りのヒルクライムポイントに入ります。





それにしてもキツかったbearing
序盤のハイペースな展開に思わず追走していって足を使ってしまい、噂じゃ石鎚スカイラインよりもキツイから・・・なんていいながらも、ヒルクライムレースじゃないしgawk(ホジホジ)なんてタカをくくっておりましたが、何の何の。。。
この上りってば、相当キツイんでないのcoldsweats02以前、徳島で開催されたツール・ド・にし阿波のチャンピオンコースにも、己をわきまえず参加した事がありましたが、あの時くらいキツかったwobblywobblywobbly
ただ、ま、今回は総距離が76キロなだけに、何とか最後まで走りきれましたが・・・


Imgp1036
さーてさて。
いよいよ上りが開始されます。ここからは追走を気にせず、己のペース。順調?deliciousに順位を下げていきますsmile


Imgp1037
それにしても、みんな元気だcoldsweats01
順調に私を追い抜いていって、落ちてくる人、皆無ですsmile
相変わらず、抜ける人一人もおらずのヒルクライムdelicious

Imgp1039


それにしても、結構上るな・・・
そしてどんどん傾斜もキツくなってくるsadそろそろ中盤くらいなのかな???


Imgp1044


そんな私の思いとは裏腹に、容赦なく上りは続く・・・





Imgp1046


そして私の思いをぶち破ってくれたのが、このポイント。ひえ~shock何処までもグルグルと上り続いているんでないのさwobbly
なるほどcoldsweats01石鎚スカイラインよりもキツイwobblywobblywobblyってのは伊達じゃないのねcoldsweats01




Imgp1047


さてさて、頂上・・・な訳ないのは、下から見た景色で分かっておりますよgawk




Imgp1048_2


やれやれ、結構上ってきたよな・・・





Imgp1050


山の向こうに、海も見えてきたeye






Imgp1051


ですが、まだまだ甘いですよ~despair






Imgp1052


だって、もっと綺麗に見えてくる所まで上るんですからsmile




Imgp1054
Imgp1055ちょいと興味本位に上ってる自分の表情を自我撮りcameraフラフラしてると後ろから「抜きますよpout」と声をかけられ、どうぞどうぞcoldsweats01
やれやれ、遊んでいると危ないなsweat01



峠のほど終盤に給水ポイントnotes





Imgp1056


綺麗なおねーさんから、スポーツドリンクが手渡されますhappy02
やれやれ、ちょいと癒されたconfident







いやー、厳しかったbearing
最初に「かなりキツイ坂ですよcoldsweats02」との説明はありましたが、上ってみるとやっぱりキツイwobbly
結構いい運動になったってもんだい ̄^ ̄)エッヘン
しかし、不思議と気分的にはそこまでダメージ受けていない。
と、いうのはやっぱり天気が良くて、景色いいconfident夏場とは違い、日差しや暑さにやられる事もなく、清々しい気持ちで山登りが体験できるconfidentconfidentconfident
せっかくのサイクリングなんだから、少々のお山も無いとねwink
くす。。。やっぱり私も自転車者(じてんしゃもの)。マゾ集団の仲間入りですなdelicious



Imgp1058
さてさて、ここからは下り・・・と思いきや、もう少し上っておりましたcoldsweats02





Imgp1059


ですが程なく山頂に到着し、ここからいよいよ爽快に下りますhappy01




Imgp1060


下り始めて早々。今度は汗が冷えて寒いshock
なので、ウィンドブレーカーを着用し、再度下り始めますconfident


Imgp1061
しばし足休めの下りポイント。私はノンビリ下っていきますが、他の方々、ガシガシ踏み進めて下っていきますcoldsweats01
ま、私ゃノンビリまいりますconfident


Imgp1063


フラフラ下り進んでまいりますと・・・





Imgp1064
国道に戻って左折するポイントがあり。
誘導員さん「徐行で内側通行してください!!」と注意を促す。私は下りに誘われ思わず道路またいで右折する・・・gawk
おやおや?誰もついて来ないなcoldsweats01トンネル越えた所でUターン。すごすごと上り戻ってコース上gawkgawkgawk
Imgp1065


犬寄峠を下り進んで・・・






Imgp1066


麓の平地基調の道をセクセク進む。
やれやれ、ペースは上がらないので、相変わらずの追い越され基調wobbly

Imgp1071_2


しばしそんな感じに進行します








やれやれ。皆元気だなcoldsweats01
私ゃすっかりヘーロヘロwobbly70キロそこそこって、こんなにしんどかったっけなsad
それでもお天気よくて、景色が楽しめるので、なんだかんだと先を急ぎます。



Imgp1073
相も変わらない景色の中。
時折追い越して行かれる元気な方々coldsweats01





Imgp1077


私ゃのんびり景色でも楽しみますconfident






Imgp1079


うーん。これぞ日本の田舎の風景。
綺麗な小川に癒されながら、セクセク漕ぎ進めてまいります


Imgp1084
そんなのんびりモードの中。
後ろから追い越して行かれた一団が・・・
よーし、そろそろやる気を出して、追走してみるかbearing


Imgp1087やれやれ。せくせく綺麗に車列をなして追走してみれば、これまで追い越す事のなかった私でも、数名の方々を追い越せたhappy01
やっぱり車列の後ろは楽でいいですなheart01

Imgp1091


しばしそんな感じに追走していくと・・・






Imgp1092眼前のビアンキの方が脱落していき、おねーさまの後方にlovely
しかしおねーさま。強者ですなcoldsweats01ゼッケン220番台って事は、私よりも20分以上もアドバンテージを背負いながら、悠々と進んでいかれるcoldsweats02
Imgp1093しかし、ココにきて上り基調となった為、着ていたウィンドブレーカーが邪魔になるgawk
追走しながら脱ぐ事試みるも・・・上手くいきませんdespair
仕方なく立ち止まって服を脱ぐ。追走タイムはここで終了。最早追う元気もないので、またダラダラ順位を落とす。
Imgp1094
ここからまたまたダラダラ上り。
追い越して行かれる方々の中にも、流石に元気を失って、抜きつ抜かれつな展開の中、懸命にゴールを目指すbearing


Imgp1095


砥部町まで戻って来たって事は、ゴールは間もなくなのかな・・・




Imgp1097


そんな事を思いながらセクセク走行。
やれやれ、このダラダラな上りが体力奪うdespair
道の駅の看板見えてきたけど、そこがゴールかな?だったらいいな・・・







Imgp1100


・・・なんてな願望はあっさり打ち砕かれて道の駅はさっさと通過。やーれやれgawk




Imgp1101


しかしゴールの瞬間は突如おとづれ・・・






Imgp1102


何の変哲もない上り途中に突如ゴール地点が出現coldsweats02




Imgp1103_2


そうして待望のゴールですhappy02happy02happy02








やれやれcoldsweats01何とかゴールに辿り付けましたhappy02
それにしても、何の変哲も無い登り道。左に大きく曲がったな・・・と思うとゴール地点が見えてきたcoldsweats01
なーんだ。こんな事なら最後くらいは頑張ったのに、へーsadこらbearingひーwobblyってな具合にちんたら走行してみたら、ゴールでしたcoldsweats01なんてな感じのゴールです。

それにしても面白いもんです。
もう少し走れば、スタート地点まで戻るのに、この変哲も無き場所がゴールとは・・・
タイムの集計に手間取るんでしょうかねcoldsweats01このまま、まったりゴール地点で休んで下ってスタート地点に戻るまでの間。優雅に集計して完走賞を作るのか・・・考えたものですconfident



Imgp1105
せっかくなので、ゴール直後の自分撮りcamera







Imgp1106


やれやれ。
疲れたぴーwobbly






Imgp1108


仲間のいない「ぼっち」くんな私は、少し休んでスタート地点を目指してふらふら走行



Imgp1111


最早急ぐ必要もないので、またーりと下りながら、景色を楽しみますnotesshine




Imgp1112


やーれやれ。
疲れた、ツカレタsadsadsad






Imgp1114



山を下って、しばし進むと・・・






Imgp1116


無事にスタート地点に戻ってこれたconfident





Imgp1119


そして再び受付にて・・・







Imgp1120_2無事に認定書をゲットですhappy01
76キロの行程を3時間25分38秒。ガツンとヒルクライムも組み込まれたこのコースの中。貧弱な私にしてみれば大したものだ ̄^ ̄)エッヘン




お後はブログ写真の冒頭に使う写真撮影camera
いつも一人こっぱずかしいので、人気のない場所でひっそりとセルフ撮りdelicious
これが中々一発じゃ決まらないので、結構苦労するんだよな・・・smile

そして、お腹が空いたwobblyとそそくさと車に乗り込み帰路に着く。
今回は何の記念品もありませんなgawkgawkgawk

ま、タオルやボトルは散々溜って持て余してるから、別段この認定書だけでいいですけどねbleah
しかし、久しぶりにちょっと真面目に走ってみれば、ちょいと足腰が痛みますcryingやれやれ、やっぱり「ほどほど」なのが私向きcatface
ノンビリ旅乗りポタリング。今度はそんなイベントを楽しもうconfident

さてさて、これにて本年度。残す所は11月17日の「とびしまオレンジライド」のみ。
そろそろ寒くなりだします。また来年の暖かくなる時期まで、しばしの冬眠だsleepy

年内のラストを飾る次回も、是非、晴れるといいなhappy01



Imgp1127
お腹が空いたwobblyと「豚太郎」
四国にいた頃にゃ、よく食べてたなhappy02
久々に懐かしの味に触れてみようconfident



Imgp1129

消費したカロリー分と塩分をたんまり補給し・・・






Imgp1130


四国は愛媛の地を後にしました。とさ

2013年10月21日 (月)

2013年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知)

10月20日(日)
愛知県は田原市で開催された「渥美半島ぐる輪サイクリング」に参加してきましたhappy01

Imgp0988


コースはAコース(約100キロ)Bコース(約60キロ)Cコース(約30キロ)の3コース。私はAコースに参戦ですhappy01happy01happy01

それにしても愛知県は渥美半島。岡山からはちと遠し。なので、前日より前泊Inしての参戦です。昨日は一日、曇天やや小雨な一日でしたが、本日めでたく・・・雨でございます(-_-X)
やれやれ。最早、中止じゃなけりゃ何でもいいやcatface
前泊した宿は会場まで2,3キロの距離。万全の体制にて臨んだにもかかわらず、受付時間は開会式が始まった後gawk ・・・やれやれ、いけませんなcoldsweats01あまり余裕過ぎても、緊張感が緩みます。程よい緊張感を持ってなくちゃthinkthinkthinkだな。


Imgp0877


お天気、あいにくの雨模様rainsad
まだそんなに雨脚強くない。
少しでも晴れ間が出ないかなthink


Imgp0878
受付。午前7時から。
開会式は午前8時から。ノンビリお宿でご飯を食べて出てきてみれば、開会式の最中に受付に並ぶ事態にbearing

Imgp0879スタッフさんの背中にも、しっかりぐる輪サイクリングのロゴがある
^^
やれやれ、開会式の最中は、受付一旦ストップです。早く終わらないかな、、、開会式
Imgp0884


それでも何とか受付済ませ、そそくさとスタート位置に移動しました。







それにしても流石は都会の大会だ。
参加者は全部で2000と数百人との事。・・・二千数百???そんなに人がいるかしら???
smilesmilesmile
そうです。本日、一日雨模様。一応大会は開催されたものの、この天候を見て当日敬遠された方が多数いたと思われますcoldsweats01
私も近場の大会ならそうしたかも。ですが、遠方より前泊にて出張ってきたからにゃ、少々の雨にて泣き言なんか言ってらせませんcatfacecatfacecatface当然「参戦」の二文字しかありませんsmile



Imgp0885受付で貰ったスポーツ羊羹。スポーツ・・・って、ただの羊羹じゃんsmile
だけどコレが後程、大いに役立ったconfident

Imgp0886


スタートは、まず私たちAコースからになります。雨も少し小雨になってきたかな?
少しは晴れ間が出ますようにbearing



Imgp0889


お天気悪しなので、いまいち気分的に盛り上がりに欠けますが、出発前の自分撮りcamera



Imgp0890
8時30分スタート開始だったのが、5分早めて25分からスタートが始まる。
そしていよいよ私達もスタートです


Imgp0891
ご出発を見送って下さったのは、オールスポーツのおねーさん。
折角のカワイイお顔も、雨合羽のせいで台無しですなcoldsweats01


Imgp0894
そういや中止はともかく、一日中雨でした。なんていうサイクルイベントは「のと」の3日目くらいだったな・・・
このお尻に溜る独特の跳ね上げ感覚がたまりませんcryingcryingcrying



なんとかスタートは切れたものの、お天気、一向に回復の兆しを見せません。
それどころか、走り始めるとドンドン雨脚は強まってくるsadsadsad
10月も後半となると、少し秋めいてきて少し肌寒い。その上、びっしょり濡れて走るは、もっと寒いcrying
そりゃ、本日敬遠された方々は、みな正解だ・・・



Imgp0896


それでも皆。荒行にでも臨むかの如く、黙々とペダルをこぎ進めていきます。



Imgp0898
コースは少しのぼりに入り・・・普段なら、暑いだの、ツラいだのとほざく所ですが、この日は雨ざらしで体温下がってくるから、少々の上りで体が温まる方が有難いcoldsweats01

Imgp0899


上りを過ぎれば平地にて。
信号待ちしてると、体が冷えますなshock




Imgp0900


その後、車道をそれて田んぼ道。
やれやれ、またまた雨脚強まってきた・・・


Imgp0903


降りしきる雨の中。みな懸命に先を急ぎます





Imgp0905
やれやれ。信号待ちだ。
こんな日は流石に「しものせき」の時のような沿道の応援もなく、逆に「何だ?コイツらgawk」と冷ややかな視線を感じます。ま、気のせいでしょうが・・・

Imgp0906_2その後、ちょっと走って、ばいーんと上って急激に下って・・・ハイ(-_-)いちいち、写真なんか撮る気もしなかったので、言葉だけの説明ですが、何か???
くす。写真撮る余裕も無いような上り、下りでございましたcoldsweats01
Imgp0907


・・・でもって急激に下ってみれば、海に出ましたhappy02happy02happy02




Imgp0908

別段、休憩ポイントでも何でもありませんが、みんな思い思いに写真を撮っていたので、私も漏れずにセルフ撮りcamera


Imgp0909


しかし、残念なのは・・・






Imgp0910


天気さえ良けりゃ、美しい景色だったろうに・・・な(T_T)









ここからが渥美半島の醍醐味。
太平洋のオーシャンビューを眺めながら、まったりサイクリングを・・・となる予定の場所も、この有様ですannoy
天気が悪いと、先の展開が早い。休憩ポイントや景色スポットなど、いちいち立ち止まると体が冷えるので、黙々と前進。
・・・コリャ、モハヤ、シュギョウ ナリweepweepweep


Imgp0912


そそくさ出発。
きっとこの景色も素晴らしいんだろうな・・・




Imgp0914
その先では、サーファー達が大会をやっておりました。当然、スルー。
天気がよけりゃ、絶対立ち止まって見ただろうなcrying

Imgp0915
私の好きな南国パラダイスな雰囲気のこの場所も、今はただ物悲しく感じるのみ。
ひたすら黙々と前進です。


Imgp0920


そして雨脚がより一層強まった頃、最初のエイドポイントに到着です。






やれやれ。
きっとこの区間でも、天気が良けりゃ綺麗な写真と、たくさんのコメントがあったろうに、粛々と寒さに耐えながらのサイクリングじゃ、何もお伝えする要素が無い。
逆に、自虐的にいかにツラいかcryingcryingcryingってな事、綴ってみた方が筆が進むなぁcoldsweats01



Imgp0922


エイドに入っても、皆さんの表情に安堵感は見られません




Imgp0923


物悲しく補給をいただき・・・






Imgp0924





可愛そうな私の自我撮りですwobbly






・・・とまぁ、あんまり「ツラいツラい」を連呼しても仕方ないので、それなりに楽しんでおりました。だって、ねぇ?誰が本降りの雨の中。せっせと自転車で走りますか???そんな経験、チャリイベでしかあり得ませんからsmile
立ち止まってみててもしょうがないので、ひたすらゴールを目指します。
景色はいまいちですが、やっぱり知らない土地でのサイクリングは、旅乗り感覚でそれなりに楽しいhappy02
学生時代は、テント一式持って旅乗りをしていたので、途中途中での少々の悪天候も已む無しと、雨の中でもよく走ってみたものです。
物は考えようだthinkconfidentthinkconfident
普段、しない事をしていると思えば、これもこれで、いと たのし・・・



Imgp0925

寒いので、当然さっさと出発
スタンプ押してもらうチェック用紙は最早ボロボロ。用をなしておりませぬなsmile

Imgp0929


再び田んぼ道から自転車道を進んでみれば・・・




Imgp0931





雨のオーシャンビューにたどり着くsmile


Imgp0934





これがまた、関心するほど何処までもまっすぐな一本道。
天気さえよければ、美しい太平洋のロングビーチを眺めながら、ゆったりサイクリングを楽しむんだろうな・・・







Imgp0938


多くの見どころはまた次回。
ってな訳で、さっさと先を急ぎます



Imgp0941
しばらく進むと、今度はばいーんとガッツリ。上りの登場^^
普段なら忌み嫌う上り道も、体を温めてくれる今はちょっとウレシイhappy02

Imgp0943上りきってみると、眼下に美しい(であろうcoldsweats01)オーシャンビューが広がります。
普段ならきっと、立ち止まりスポットですが、当然スルー。通過中のシャッター切りですwink

Imgp0944


その後、淡々と自転車道を進みみると・・・





Imgp0945


階段ですかwww
まさかのちゃりいべコースに、階段が登場www
ちょいと珍しいので、思わず立ち止まり、昇っていく人を撮影ですdelicious









Imgp0946


そうして第二エイドポイントに到着しました








この第二エイドポイントは、渥美半島の先端。恋路ヶ浜のある伊良湖港入口にありました。
ここは一つのメインの場所だったはず。先端にある伊良湖岬灯台に恋人の聖地モニュメント。本来ならば、撮影ポイント満載なこの場所も、寒い寒いと何処にも立ち寄らず、さっさと出発しましたが、何か???

全ては記念品内にあったガイドブックにて、後付けで知りました^^
だって・・・ねぇ。雨は容赦なく降り続け。当然、観光客なんぞは一人も見えず。いるのは私達、ただただ奇特な人々のみですからdelicious



Imgp0949


雨の中のエイドポイント





Imgp0950


周りに見えるは、ただただ奇特な人々の群れsmile





Imgp0952

エイドスタッフさん。
「ハイ、はーい。皆さん、どんどんバナナ食べて下さいね~。たくさんありますよ~。食べ放題ですよ~。持って行ってもらっても、結構ですよ~~~
・・・1500本以上、余りそうですよ~crying

・・・いっぱいに積み上げられているバナナの箱が物悲しいですなsmile

Imgp0953


取りあえず奇特な私もセルフ撮りcamera

smilesmilesmile






やれやれ。
これで「ぐる輪」の半分。岬の先端までやってきた訳ですが、ここから残り半島をぐるっと回る。距離にして、40キロ弱走行してきたので、残りの行程半分ちょっと。
寒さゆえに展開が速いので、13時30分にはゴールできそうかな?



Imgp0954


さーてさて。
とまってりゃ寒いばかりなので、さっさと出発ですsad


Imgp0955
降りしきる雨は、止むどころかますます強くなるばかりですsadしかも、道路上は最早川になってるcoldsweats02
交通量がほとんどないのを良い事に、水溜りのない、道路中央部を快走します

Imgp0959
コースは少し内陸添いに変わります。
景色は一面、キャベツ畑。
おぉー。こんな光景もめったに見ないので、これはこれで結構いい眺めeye

Imgp0961


皆、一様に水溜りに苦労する。
重いんですよねdespairdespairdespair水溜りって・・・



Imgp0962


そして再び海岸線に・・・







Imgp0965


たくさん見えてる筏は海苔の養殖かな?
川からの濁り水にて、海辺もまっ茶色に変色していました


Imgp0967


そんな海岸線もぬけ、降りしきる雨の中・・・





Imgp0971


セクセク先を急ぎます。
やれやれ、川はすっかり濁りきってるな・・・




Imgp0973_2


さてさて、再び海岸線。
やれやれ、ここも綺麗なビューポイントだったろうにな・・・


Imgp0975


道の駅まで15Km。
ここが次のエイドポイントだっけかな???

最早エイドなんぞはどうでもいい。
早くゴールして、この濡れきった服を脱ぎ去りたい私(-_-)




Imgp0977


しばらく走り進めていると・・・






Imgp0978
小さな小学低学年くらいの子供さんを連れて走っているお父さん達を見かけだす。
Cコースの人達かな?この雨の中。ご苦労様ですconfident

Imgp0979
そろそろお腹も空いてきたwobbly
ここで活躍したのは、出発時に貰った羊羹ですhappy02
羊羹かじかじ進んでみると・・・アレあれ?ここは・・・

Imgp0980白ボケしてしまいましたが、そう、ゴールです。出発の時、「ガンバってheart01」の声援送ってくれてたオールスポーツさんの女性からの「お帰りなさ~いheart04」で出迎えて頂きましたhappy02(ちなみにはぁとマークは私の妄想smile

Imgp0983


あっけなきゴールに、しばしポカーンな私です









どうやら、天候悪化によって早めに切り上げさせられた模様です。
サイコン見るに、69キロほどになっていたので、30キロばかりショートしたのかな?
だけど、これは良い判断だ。
何せ、最早消化試合とばかりに、強制労働の如く走っておりましたから・・・



Imgp0985


ゴール後。
振舞われた暖かいトン汁。
いつもなら、ほっと一息の瞬間ですが・・・



Imgp0986


燦々と降りしきる雨の中。
この上、どうぬれても同じだと雨よけの無い露天の芝上で一気にかっ込むrestaurant


Imgp0987
メロンがどうの・・・言っておりましたが、そんなものは、むーし、無視でゴール記念写真を撮ってもらって、そそくさと駐車場に移動


Imgp0989濡れた服はさっさと脱ぎ捨て、はい、ぽーずcamera
人気もないので、一人裸でセルフ撮りsmile
貧弱な体を曝しながらさっさとお着替え。
やれやれ、少し温まってからようやく人心地confident

Imgp0990


さっさと帰って風呂に入りたし。
後は一目散に渥美半島を後にしましたとさ。。。







いやはや。まいった参ったwobbly
一日、すっかり濡れネズミ。
多少の雨なら、走らせろ!!!
これまで、中止の度に思ってみましたが、やっぱり天候が悪い時は中止ですconfident
無理やり、走ってみても楽しさ半減。修行半分な一日。
こんな事じゃ、これからサイクリストを目指そうか!?なんて人には悪い思い出しか残さない。

つくづく、そんな事を思った一日でした(おしまい)


P.S.
他の参加者の方々のブログを拝見して漸くわかったcoldsweats01
この日は悪天候にて、Aコースはヒルクライム抜きのBコースにコース変更しての出走だったんですねcoldsweats01
やれやれ、受付がギリギリになってしまっていたので、全然説明なんか聞いていなかったcatfacecatfacecatface

・・・なるほど。Bコースでも半島一周するんだな。別にヒルクライムには興味ないので、来年はBコースに申し込もう。到着時刻も12時丁度だったし、天候良くて、ゆっくり回っても15時くらいには帰れるだろうなhappy02

そして、その際は、今回堪能できなかった美しい太平洋の景色を楽しもうconfidentconfidentconfident

2013年10月 8日 (火)

2013年ツール・ド・しものせき(山口)

10月6日(日)
山口県は下関市で行われた「ツール・ド・しものせき」に参加してきましたhappy02

Imgp0867

お天気、快晴sun絶好の行楽日和。
ここの所の中止続きに泣かされていた私です。この日も近づく台風にどうなることやらdespairdespairdespairと心配しておりましたが、前日の雨空がウソのように晴れ渡り、スカッと秋晴れ。気持ちのよい一日happy01本日は130キロを快走します。

さてさて、前回の石鎚山ヒルクライムでは、よもや遅刻かcoldsweats02と大変焦らされてしまった為、今回は万全をきたす為、前日よりの下関In。それにしても、お笑い芸人の「やっくん」の事故です。本日(10月7日)に知って大変ビックリcoldsweats02
何せ、私の移動した日で、30分も違わない時間帯。ほんの少しタイミングがずれていたなら、ニアミスしている所でしたshock

私も方々、遠出をするので、気を付けよう・・・

でもって、冒頭でも書いたように、前日は雨の一日。天気予報では翌日晴れるsunとなっていましたが、お空の様子と気象衛星画像を見るに「本当か?」と疑いたくなるような天候だっただけに、大変ありがたいconfident

流石は私。あっぱれ晴れ男happy02happy02happy02ってところでしょうか。


Imgp0588
大会当日。
午前5時45分に会場In。お天気回復。朝日が清々しい一日です。




Imgp0591


早速、受付会場を目指します







Imgp0592


駐車場からスタート&ゴール地点の向こうに受付け会場が設置されておりました。





今回は、nobuさんも参加されていますconfident
nobuさんも前日よりの会場Inでしたが、駐車場泊したとの事。そして、上記の事故の後に到着だったので、下関よりも手前のインターにて高速を下されたgawkと申しておりました。
この時点では「やっくん」の事故とはつゆ知らず、結構な事故だったんですかね?と呑気に話しておりました。


Imgp0593受付時に出走自転車の車検がありました。
リフレクターにライト。ベルなどチェック。
ベル・・・?coldsweats01
ベルなんぞ付けていなかった私。会場にて600円もする高級ベルを買わされましたbearing家に、2、3個転がってたのにな・・・
Imgp0595


でもって車検も通過し、無事受付完了confident






Imgp0596


ぞろぞろスタート地点に移動します。








スタートは自己のペースに合わせて3つのグループに別れておりました。まずは第1グループ。28㌔ペースが目安の組み。そして第2グループ。22㌔ペースが目安で、第3グループが18㌔ペース。私は第2グループにcatface
丁度nobuさんからメールが入り、何処に並んだ?との事だったので、第2で・・・とお返事。nobuさん。躊躇なく第1グループとの事。流石ですsmile


Imgp0608



私の陣取った第2グループ





Imgp0609






前方の第1グループには、既にずらっと長い列coldsweats02









Imgp0598


その後、開会式会場となる野球場。





Imgp0599


バックスクリーンには「ようこそ下関へ ツール・ド・しものせき 2013」の表示が
おぉーcoldsweats02カッコいい♪



Imgp0602


お天気。晴天。
周囲の景色が清々しいconfident





Imgp0619


しばらくして、開会式が始まりましたhappy02








野球なんかしない私。
こんなきれいなグラウンドに入るのも初めてです。
綺麗に整備されているグラウンドが開会式会場で、バックスクリーンにも華々しく開催の案内。なんだかテンション、どんどん盛り上がるhappy01


Imgp0630


開会式会場にて、nobuさんとも無事に出会えて記念写真camera




Imgp0623


下関市長さん代理の方による開会の挨拶






Imgp0625選手代表による選手宣誓。
この方、下関市認定の海峡アスリート第1号なんだとか・・・。
自転車(130㌔)、マラソン(42.195㌔)、ウォーキング(40㌔)の全てを制覇してやっと貰える海峡アスリートの認定。カッコいいhappy02

Imgp0626


マラソンだけはどうにも嫌いな私には、絶対無理だなcatface




Imgp0628


開会式もほどなく終了。
全員での記念写真撮影も経て、いよいよ出走準備に向かいます






いやはや、何度もいいますが気持ちの良い天気です。
大して暑くもなく、前日の雨がウソのよう。空気もカラっとしていて、絶好のサイクリング日和です。


Imgp0634
出走を待っての第1グループ。
みんなやるき満々だhappy02







Imgp0635


ほどなく、私も持ち場に並びます







Imgp0636


取敢えず、いつもの出発前の自分撮り
今日はどんな一日になるかしらlovely




Imgp0639


いよいよスタート前のカウントダウン開始。
そしてスタート。合図の花火が打ちあがりますが、後方中盤の私達には何も見えずweep
取敢えずスタートしたんだなthinkってだけのカンジですsmile





Imgp0643


それでも程なく私達のスタート順も近づいて・・・





Imgp0642

やっぱりロゴにはふぐのマーク。
下関といえばフグ。フグといえば下関。なんのこっちゃsmilesmilesmile



Imgp0645

出走は6人1組で順次行われます。大体10秒間隔くらいなのかな?
割と素早くスタートが切れました



Imgp0646


そして、いよいよ私達のスタートですhappy02








さすが人気のしものせき。スタッフさん達の段取りがよく、実によくテキパキと物事が進行していきますhappy02
1,000人規模の大会です。このスタートの段取りが悪いと、ダラダラと「なんだかなーsadもぅangryangryangry」ってな感じになりがちですが、そこは第7回目の大会です。実に見事に進行します。


Imgp0648

序盤は田んぼのあぜ道を練り進む。
沿道には至る所にご覧のような応援がhappy02
とっても、うれしいなhappy01


Imgp0652


これぞ日本の秋の風景。
刈取り前の稲の実る田んぼの中を、軽快に走行していきますhappy01




Imgp0653


そして広い道へと出ていきます






Imgp0655


天気が良いので、どんなポイントで写真撮っても清々しいなconfident





Imgp0658


コースはそのまま海岸線に






Imgp0659


沿道よりの応援。さんくすです^^
大きなぬいぐるみも一緒に応援happy01




Imgp0660



海岸線沿いの道は景色もよくて気持ちいい♪





Imgp0661


ここにも応援。
全てを写真に収めきれていませんが、至る所にこのような応援があって、心強いconfident



Imgp0662


ここから少し上って・・・






Imgp0664


走り進めば・・・







Imgp0666


第1エイドポイントである「室津ヨットハーバー」に到着します♪








いやはや、爽快に走ってあっという間に到着の第1エイド。
出走から20キロほど進んだ所でしょうか。気持ちのよい気候も手伝って、周りの景色を楽しみながら走ってみればあっさり到着。そんな感じでしょうか。

そしてお待ちかねのエイドでの振舞いは、沢山あって大満足。
イベントによっては、一つまでね・・・とお菓子がこぢんまり・・・とかしか無かったりする所もありますが、流石は人気のツール・ド・しものせき。そんなケチ臭い事は致しませんconfident


Imgp0668


さーてさて。
エイド到着heart01何があ・る・か・な♪





Imgp0670


取敢えず飲み物に・・・







Imgp0671


おまんじゅうrestaurant







Imgp0672


そして定番のバナナです♪







Imgp0674


やーれやれ。
喰った喰ったで大満足♪






Imgp0675


さーてさて。
そろそろ出発、しますかな






Imgp0676
それにしても、天気の良い海辺の景色は、どこに行っても美しいlovely
海育ちの私は、やっぱり海辺の景色が大好きですwink






そうそう。
このツール・ド・しものせきは、いつものロングライドコースながら、全然コースを迷いません。何故ならば、随所の曲がり角にはスタッフが配置され。また、横断場所など、車の通過と停止を上手に誘導。実にストレスなく走れます^^

流石はエントリー開始から、僅か一日ももたずに満席埋まる人気イベント。
このスタッフさん達の適格な対応も、人気の秘密なんでしょうね。
そして、何と行っても沿道の応援が素晴らしい。
中には「○○くん、ガンバってheart01」ってなような応援幕を用意しての個人ファンクラブの方もおられて、町を上げての大にぎわいhappy02

なるほど。私は、あちこちのイベントに出向いていきますが、これはちょっと他には無い雰囲気かもしれませんconfident


Imgp0677
第2エイドまでの区間。ちょっとペースの合いそうな一団に出くわしました^^
なので、しばし後ろを拝借し、せくせく追走いたしますsmile


Imgp0680


いやぁー。青い空と海と川が絶妙なコントラスト。実に気持ちいい♪




Imgp0682


そしてコースは萩方面に向かって北上していきます













Imgp0683


しばし上りをエッさ、ホイさ。






Imgp0684


そうして下れば・・・






Imgp0686


また再び海岸線








Imgp0687


やっぱり海がキレイだな(゚▽゚*)







Imgp0688


この青と青のコントラストが素晴らしい






Imgp0690


しばし一団の前と後ろを自由に走行しながら・・・






Imgp0691


美しい海岸線をどんどん北上







Imgp0693


第2エイドポイントを目指します






Imgp0694


その後、少し海岸線から離れて・・・






Imgp0696






若干、上り進んでみれば・・・











Imgp0698


無事に第2エイドに到着しましたhappy01








第2エイドまでは、先ほどよりも少し長めで30キロほど進んだ所で辿り着きます。
それのしても、あまり疲れは無いのですがちょっと暑くなってきたcoldsweats01

お天気良くて、眺めは最高happy02 ・・・なのはいいんですが、走ってる最中。少し影間を与えてくれると助かるなcoldsweats01
全く人間。ワガママな生き物だsmilesmilesmile


Imgp0701
第2エイドは「土井ヶ浜弥生パーク」
まずは飲み物、飲み物♪






Imgp0703


糖分、糖分♪








Imgp0705


抹茶羊羹。いと美味し!!







Imgp0706


少し怪訝な顔は、眩しさのせい






Imgp0708さてさて、ココには通過のチェックポイントが設けられておりました。
通過時間が制限すぎれば、もれなくショートをさせられます。
私は難なく通過・・・って大勢の人が難なく通過していかれますdelicious

Imgp0710


無事にチェックポイントも通過して・・・





Imgp0711


はい、は~い♪
いざ、出発!!!









ここから次のエイドポイントに行くまでの間。風光明媚な角島大橋をバックにしてのフォトポイントが設けられておりました。希望者は、この場所で写真撮影をしてもらい、後日、ゼッケンNoと送付先アドレス(PCメールのみ)を申告すれば、もれなく写真画像を送付してくれるとか(無料)happy02

キャーhappy02happy02happy02嬉しいlovelylovelylovelylovelylovely
なんと斬新なアイデアでしょう!!
こんなサービス。他のイベントでは無く、いつも写真の自分撮りに苦労していた私にとっては大変朗報。かつ素晴らしきサービスです。

さっそくこの記事編纂しながら、傍らで申し込みを行っておきましたsmile
どんな写真が来るのか、楽しみだな♪また、到着すれば、この記事の中にねじ込んでおきますsmile

Imgp0713
コースは更に北上し、フォトポイントである角島大橋を目指します





Imgp0716


せっせと走って後4キロだ







Imgp0717


最後の坂をぐいーんと上って・・・







Imgp0718


下ってみれば、目的の角島大橋が見えてきましたhappy02





Imgp0719


さてさて、お待ちかねの写真撮影だcamera





Imgp0720


角島大橋バックに、希望者は列に並びます





Imgp0721





私ももれずに列の中♪



Imgp0727






美しい角島大橋




Imgp0723


周囲の景色も、ちょっとした南国パラダイスshine






Imgp0726



橋と私の・・・やっぱ自分撮りじゃ上手くいかないなgawkgawkgawk




Imgp0728


出来上がりが楽しみだ♪と先を急ぎますconfident









154(出来上がり写真ですsmilesmilesmile)


・・・しかし、この辺で丁度100キロ前後。
ロングライドイベントで、毎回感じるのがこの「100キロの壁」ですwobbly
それまでは何となく意気揚々と元気なのですが、この100キロ越えをした辺りから、急激に疲れが増してくる。そして、毎回「そろそろ、やめね???」の言葉が頭をよぎるsmile

何せ、綺麗な景色も拝めたし、何となく残りは消化試合だ。なんて気にもなってきます。
ですが今回は130キロ。残りの行程は1/4程度。気を取り直してボチボチ頑張るか( ̄_ ̄;)


Imgp0729

そのままコースは上りに入る。
やれやれ、流石に疲れが出だしたなwobbly




Imgp0731


それでも気を取り直して、せっせと進む





Imgp0732


やれやれ。先はまだまだ長いのぅdespair





Imgp0735


しばし走ってみれば、ペースの合いそうな一団がhappy01これ幸い!とばかりに後を追走します


Imgp0736


疲れた所を引っ張ってもらいますsmile
「どうもdeliciousコバンザメですsmilesmilesmile


Imgp0738






コースは山間の道に入っていって・・・

Imgp0739








何やら前方に人だかりが・・・






どうやら、これは非公式のエイドポイントだった模様です。
毎年、このツール・ド・しものせきを応援している一般の方が、自宅前にて飲食物の大盤振る舞いhappy02
しかし、このポイントは非常に助かったconfident何せそろそろ足取りも重たくなってきつつある100キロ越え。次のエイドまでは40キロばかり離れておりましたから、この中間のエイドは大助かりです。

せっかくなので、来年からは公式のエイドポイントにすればいいのに・・・gawk
だけど、道幅の狭いこの場所。私達、自転車集団が大勢でタムロしてると、たちまち車が通行不能にcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

やれやれ。もう少し先に、道の広くなってた場所があったので、あそこにテント張り出してやれば、おk?でも自転車集団の自転車置き場まではありませんねcoldsweats01

何はともあれ、毎年、ご苦労さまですconfidentconfidentconfident


Imgp0742


個人ボランティアの方のエイドポイント






Imgp0744


アレもコレも、全部もってけーbearingbearingbearingとばかりに大判振舞い





Imgp0746


木村酒舗と看板があります。
酒屋さんなのかな???





Imgp0747何せ道幅が狭いので、ごった返す
でもって、行き交う車も身動きとれず・・・
「警察が来たよcoldsweats02」心配する女将さんに「大丈夫!!」と強気の大将。
・・・くす。本当に好きなんだなconfidentこのイベントが
Imgp0748


それにしても、本当に気前が良いflair
物が無くなってくると、奥からご飯持ち出し、その場でオニギリ握り始めて振舞い始める。

happy02happy02happy02

恐れいりましたcoldsweats01





Imgp0749


さてさて、お腹も満たされ再度走行。
がんばるぞ!!!




Imgp0751_2


少し元気も出てきて、軽快に先を急ぎます





Imgp0754_2


そして、またもや沿道より熱い声援。
おじいさんとおばあさんが、旗と風車で熱いエールを送ってくれましたhappy02


Imgp0755


さーてさて。
目指す次のエイドまではあと僅か。
頑張れ、私。



Imgp0757


途中。脇の山道に誘導されて・・・







Imgp0758


走り進めること、しばらくすると・・・





Imgp0762


こっちに曲がれ。と大きく左折






Imgp0764


そしてグイーンと上ってみた先に・・・





Imgp0765


第3エイドポイントの「みのりの丘農業公園」に到着ですhappy02








やーれやれ。
相当、疲れてきだしますwobblyそれに時刻は丁度お昼時の午後12時。お腹も減ったwobblywobblywobbly

私も、ロングライドイベント始めの頃は、要領を得ずエイドでバカスカ食べ散らしていましたが、そんな事をしたらお腹がいっぱいで逆に走れない。なので、ここまでのエイドでは、ちょこちょことコマメな栄養補給。

ですが、ここではそんな事は言ってられない、ハラ ヘッタ・・・wobbly
ガッツリお米が食べたいなrestaurant

しかし、少し助かったのは、お天気若干曇ってきました。
テンテン、日曝しにされるよりも、少し涼しさを感じます


Imgp0768


さーてさて。
ようやく到着。エイドポイント。





Imgp0769


さーてさて。
何が食べられるのかなlovely
お・た・の・し・みheart01



Imgp0771


まずは豚の角煮をナン生地のようなパンで包んだ豚まん。これがまた、いと美味でしたhappy02



Imgp0773


そして冷たいお蕎麦。
いやー、、、助かる~bearing





Imgp0774


空腹にて、写真撮る前から、ひとかじりsmile





Imgp0775


そしてよく見りゃ、温かいお蕎麦もい置いてありましたhappy01ついでに、こっちもご相伴confident



Imgp0776


でもって、エイドをしばしば物色しておりますと・・・おやおや?nobuさん???





なんとまぁ。nobuさんに追いついた模様ですhappy02
第2エイドの付近では、到着したよ♪のメールを確認するに、私より20分ばかり先を走っておられた模様だったので、「20分後ろを走ってます♪」とメール打ち。後はテキトーにマイペースに走ってきてみれば、なんとまぁ・・・happy02

どうやら、最初から先頭集団に追走していっていたら、すっかり足を失い、加えて若干のハンガーノック状態にてペースを失っていた模様。

私はひたすらマイペースに来たので、そこまでの苦労はありませんでしたが、それでも100キロ越えのこの辺ではすっかりダールダルgawkgawkgawk

nobuさん、先導して貰おうかな?何て言いますが、とんでもないcoldsweats02
それじゃ、私がペースを失ってしまいますbearing


Imgp0782


再開記念に記念写真♪
そして先発つnobuさんをお見送りconfident



Imgp0781私はその後、エイド内を色々物色。
日赤のスタッフさんブースも記念撮影cameraおねーさん、照れ笑いsmile
「僕のブログに乗せときますから」
ハイ。しっかり掲載させて頂きましたよbleah

Imgp0783応援の方でカメラを持ってた方にシャッターをお願い。ついでにお仲間の方にも、「一人参加なのでワンショット写真ばかり。なので、記念に是非ご一緒にheart01」と言ってみれば、快く応じて下さいました♪


Imgp0784


やれやれ。
そろそろ出発しますかな





Imgp0868出発の場所に「ほたるん」がいたので記念写真camera
そうそう、nobuさんと一緒にこの「ほたるん」と撮ろうって言っていたのに、さっきまで何処行ってたangry

Imgp0786


後どのくらいかな?
そんな事を考えながら、そろそろと出発しました





この第3エイドは中々楽しかったな♪
エイドスタッフの方や、沿道の応援の方とも触れ合えて、まさにサイクルイベント。お祭りを大いに楽しみましたhappy02

後は無事にゴールして、完走するのみ。
やーれやれ。そろそろ、ここらでもういいかな?なーんてな弱気な事を胸に秘め、せっせとゴールを目指します。


Imgp0789


第3エイドをぬけると、しばらく山道。
少し上って、ぐーんと下っていきます。



Imgp0792やーれやれ。ダルダル・・・と進んでおりますと、第2エイド区間で後をお世話になった一団の方が現れたflairshine
これ幸い!とばかりに追走しますsmile


Imgp0793


道は少し山道上って・・・







Imgp0794


爽快に下ります








Imgp0795下りの途中。車と接触?したのか転倒している方が・・・
ただ、そんなに大した様子もなく、自転車も大きな損傷をしていなかった模様なので、出会いがしらに驚いての転倒だったのでしょうかconfident

Imgp0796


さてさて、一座は色んなグループが混じり合い、ちょっとした集団となっての走行です




Imgp0797






田んぼ道


Imgp0798


あんまり街中の田んぼじゃ見かけないわら干しの風景。牛のエサにでもするのかな???




Imgp0799


そんな感じに一座はどんどん進行して行って・・・





Imgp0803


ダム湖畔に差し掛かってきた頃、少し飛び出して行った方々を追走します





Imgp0804


ちょっぴりペースを上げたのは、後ろで随分のんびり出来たからconfident
やれやれ、先を急ぐかな・・・



Imgp0807


なーんて思う間もなく、あっさり第4エイドポイント「菊川チャレンジパーク」に到着です







第3と第4間のエイドは下り基調にて25キロほどしか離れていないので、あっさり到着。ってな感じで到着します。

それにしても、今回はテンポの合う集団が所々に現れて、途中、随分楽な展開で進行できましたhappy02
それに先週もヒルクライムしたばかりで、少し調子が良かったのカナ?大して集中を切らすこともなくココまで来られましたconfident


Imgp0809
ここでは、まず通過のチェックを受けました。制限は15時30分。私は14時頃だったので、余裕で通過。

Imgp0811






さーて、さて。
ここには何がありますかなlovely


Imgp0812_2


とりあえず「おにぎり」

・・・おにぎり?

そう!そうですよ!!
お米が食べたかったhappy02

日本人は、やっぱりお米でしょうbearing






Imgp0813


あとは「おそうめん」と「らっきょ漬け」






Imgp0814


しっかり美味しく頂きました♪







Imgp0816


お米も食して、人心地♪







Imgp0817


沿道の野花が、いと、可愛い






Imgp0818


さーて、さて。
そろそろ出発しますかねconfident







そういえばこのエイドポイントでもnobuさんに出くわしましたhappy02
いつもは、常に私の2、30分前を走っているnobuさん。今回はちくと調子が悪い模様。

私はいつもの感じで、16時までの完走を目指してちんたら、てくてく。
ですが自分のペースを守って、堅実に走行しますconfident


Imgp0821

さーてさて。
残す所は20キロ程度です。最後まで集中切らさず、頑張れ私^^





Imgp0823


看板標識にも、しっかりと「下関」の文字が見えだします




Imgp0825


さーてさて。
もう少しだぞbearingbearingbearing






Imgp0827・・・しかし日差しも回復してきて、随分暑いwobbly
コーラ ガ ノミタイ・・・
そんな衝動を抑えられず、道脇の自販機に行ってみれば、何とnobuさん!?
smilesmilesmile
人間、考える事は同じですなhappy02

Imgp0828


お疲れモードの私もしっかり撮影して頂きましたhappy02





Imgp0829さーて。
残すはひと山越えればゴールです。
距離ももう10キロ切っている。普段の通勤距離以下だ。
頑張れ、私。


Imgp0831





前の方を懸命に追走し・・・



Imgp0834






順調に上りを進んでいきます


Imgp0835






やれやれ、お山が綺麗だ・・・


Imgp0836





そんな事を思いながら、最終の峠。
深坂峠に向かいます


Imgp0837






ぜっほ、ぜっほと上り始めて・・・

Imgp0838




やれやれ。
これを上り切れれば、目指すゴールはもう間近bearing


Imgp0839






そして遂に頂上に立つ事が出来ましたhappy02

Imgp0840



後はのんびり下るのみ・・・と思っているとエイドポイント。どうやらここは、ミドルコースの人向けの模様。

Imgp0841






それでも立ち寄り、飲み物一杯頂いて、そのまま通過。
Imgp0844






爽快に坂を下り進むと、向こうの方に海が見えてきたヽ(´▽`)/
Imgp0846







下りきって、歩道を左折。

Imgp0847







ゴール会場の野球場が見えてきた♪
Imgp0851







そして、待望の・・・

Imgp0852







ゴールですhappy02








いやはや、長かったwobbly
疲れましたdespairでも、楽しかったhappy01shine

到着時刻は丁度15時30分ごろ。
完走証とふく鍋の引換券を貰い、意気揚々と引換を・・・と思いながら野球場内を覗いてみれば、もぬけの殻でcoldsweats01

とりあえず、そのまま駐車場に自転車を持って行って、ぐるりと野球場外周を一周してみて、漸く引換会場を発見eye

やれやれとふく鍋食していると、nobuさんから「何処いるの?」との連絡。
ゴールして、しばし引換会場が分からず彷徨っていました。とばかりな話をし、ゴール写真を撮ってもらってから、会場を後にしました。


Imgp0854


待望のゴールです。
取敢えずゴールチェックを行います



Imgp0856


記念品頂いて・・・






Imgp0860


完走証
うれしーhappy02




Imgp0862





声はすれども、場所がわからぬsadとパーティー会場を探して球場を一周。ようやく発見できましたconfident
Imgp0864


やっと食べられるrestaurant
振舞われたふく鍋と無料コーラです




Imgp0865


残念ながら、抽選もじゃんけん大会も何も当たらずでございましたsmile







いやはや、楽しかったnotes
久しぶりの快晴にも恵まれた今回。
これぞ、秋のサイクリングsign03ってな感じでした。

さてさて、今年エントリーしているものは、残り3回ですsmile
次回も無事に、晴れるといいなsun

2013年9月30日 (月)

2013年石鎚山ヒルクライム(愛媛)

9月29日(日)
四国は愛媛県と高知県の境にある四国の霊場「石鎚山」で行われた「2013 第3回 石鎚山ヒルクライム」に挑戦してきましたhappy02happy02happy02

Imgp0563

・・・と、その前に、、、
前日の28日(土)には、鳥取県倉吉市にて大学時代の後輩君のお墓参り。
私が学生時代に一緒に自転車旅行をしていた仲間です。彼が亡くなってから、もうかれこれ14年ほど経ちますが、亡くなった翌年から当時の自転車サークル仲間にて自然発生的にやり始めたお墓参り。今年で早14回目を迎える事となりましたthink早いものだthinkthinkthink

一応、このブログは私のそんな身内達も見ておりますので、まずは彼らに向けたメッセージも兼ねて身内ネタより始めます^^


私の学生時代。
当初は、何やら自転車なんぞとは縁遠い生活をしておりましたが、とあるバイト仲間がキッカケとなり自転車サークルなるものに入ることに・・・。
その後、自分の大学にも自転車サークルを作ってみようhappy01と安易に始めたのがキッカケとなり、10数名ほどの仲間ができました。そんなこんなな様子は、このブログの当初の頃に綴ってありますが・・・

http://ok1357jp.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-58b9.html
http://ok1357jp.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-0f18.html
http://ok1357jp.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-fe12.html

でもって、そんなサークルの後輩君の一人が、学生時代に持病にて亡くなってしまいます。
彼が亡くなったのは7月の終わり。なので、毎年、夏場の何処かで都合の合う日を見つけて、彼の実家にお墓参りをしていますconfident

今年はちょっと変則ちっくに9月の終わり頃となりましたが、例年は7月、8月の何れかで行っています。私は岡山に残っておりますが、当時のメンバーはそれぞれ東京から山口まで。全国各地に散らばってしまいましたが、それでも年に一度のこの時期に、都合がつけば皆わざわざ集まります。

亡くなった彼には申し訳ないですが、そんな私達の絆を繋ぎとめておいてくれる彼には痛く感謝です。


Imgp0410 今年はちょっと少なめ。4人でのお墓参りです。毎回、ご馳走&お土産付きで暖かく迎えてくれる彼の両親にも深く感謝ですconfidentImgp0393




段取りの悪い私達。
毎回、岡山県と鳥取県の県境。犬挟峠の辺りで「やべーcoldsweats02また手ぶらできちまったbearing誰か何か持ってきたか???」と他県組のお土産に期待smileそこに皆で乗っかっときます^^
久しぶりの懐かしさが先に立ち、ついつい肝心のお墓参り道具が疎かになってしまうのも毎度の事ですcoldsweats01
Imgp0401 県外は東京からこの日の為だけに来る人もいます。なので、毎回岡山から車を出して、倉吉市まで運ぶのは私の役目。
でもって帰りには、時間があれば何処かに立ち寄り。今年は、岡山県北部の真庭市にある「神庭の滝」にお立寄り
Imgp0399_2 


入り口でチケット買い求め、綺麗な渓流の脇を歩き進めると・・・




Imgp0404







大きな滝が見えてきますhappy02










Imgp0408




滝をバックに「ハイ♪ちーずcamera





Imgp0416

ついでに看板バックに「ハイ♪ちーずcamera
・・・ちょとコレ。文字が廃れて見えずらいな・・・





ってな事で、今年来られなかった仲間に向けて、写真紹介でした^^
みんな、来年こそは全員集合しような!!happy02happy02happy02



でもって本編に戻ります^^
今回は流石に晴れて、良い天気sunhappy01何せ、ここの所中止続きだったもので、お天気よくて、開催されるだけで何よりだconfident

それにしても今回は、出発の瞬間からドラマチックな展開にcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

まずは当日の朝。意気揚々と4時起きして、シャワー浴びてセコセコ準備。
さーてさて。出発しますか午前5時。

・・・午前5時???
当日受付午前5時より7時30分まで。ちょいとヤベーんじゃん???
(^_^;;;

恐る恐るカーナビで目的地設定してみれば・・・到着予定時刻 午前8時35分なりshock
しかも、受付会場より10キロほど手前にある久万高原町役場に設定しての事。ちょいと時間を読み違えてしまいましたcrying

最早こうなれば致し方なし。
高速道路の順行速度は140㌔オーバーにて猛ダッシュbearingちなみに私。普段はそんなに無茶には飛ばしません。高速だって90㌔前後でちんたら走行。
ですがこの日は違った。13歳で20万キロ目前の老練「すとりーむ君」にも鞭打って、ひたすらぶっ飛ばしての四国路です^^

しかし、大概の車は追い越していった私。松山インターの手前20キロくらいの所で猛然と私を追い越していく黒のステップワゴン。こんな時間のこの場所を急ぐとは、もしや同業か?追尾すれば、会場に着くかな???そんな事を考えている間に、見る見る見えなくなっていく・・・

gawkgawkgawk

コレコレcoldsweats01あなた。
ハコバンでそんなにぶっ飛ばしたら、転びますよ^^。大体160キロで走行している私を抜き去り、見えなくなるまで駆け抜けるとは、どんな運転だcoldsweats01
・・・ま、私も他人の事を言えたものじゃありませんがsmile

そんなこんなで、レースの直前から意図しないタイムトライアルから始まった今回です^^


Imgp0419 受付に滑り込んだは午前7時40分前。当然、私の他には車はおらず(-_-)
しかし、ナビで表示される到着予定って、予定ルートを制限速度で走っての想定時間で計算してるハズ。
それを1時間以上早めて来るのですから、どんな速度で走ってきたかは、ご想像にお任せしますsmilesmilesmile
Imgp0424
受付会場より更に移動する事10キロあまり。駐車場会場に到着。さらにココからスタート会場までは、4,5キロほど移動する事になります。

Imgp0421

そそくさと準備。受付で手渡されたセンサータグもしっかり装着♪





Imgp0427

Imgp0428


今度はセッセと自走で会場を目指します。
Imgp0436






Imgp0438 この日のヒルクライム会場となる石鎚スカイラインは前面通行止め。車道を貸切っての自転車レース。いやはや、贅沢だなhappy02




ほどなく無事にスタート会場に到着しましたhappy01やれやれ、これで一安心だconfident






会場では既に大勢の人で賑わっておりました^^









いやはや。それにしても結構大規模なイベントだ。
私は順位やタイムを競うような競技系のイベントはあまり趣味ではなく避けてきましたが、よりによって今回はヒルクライム^_^;
上りばかりなこの競技に、こんなに大勢の人が集まるなんて、やっぱり自転車者はマゾばかりsmilesmilesmile
それにこのイベントの為に、白バイやら警察車両も沢山待機。いやはや久万高原町含め愛媛県って太っ腹^^車道完全封鎖の自転車イベントなんて、そうそう滅多にありませんからねwink


Imgp0441



しばし待つ事午前8時20分。
開会式が開始されました^^




Imgp0440
わーい♪物珍しさから、あっちでカシャカシャcameraこっちでカシャカシャcamera
全く落ち着きのない私です^^




Imgp0447

周辺には色んなメーカーさんのブースが設けられておりました^^






Imgp0450


あっちや・・・







Imgp0451_2





こっちや・・・



Imgp0452




アレコレ・・・





Imgp0453




物色です
o(>▽<)o










さてさて、そんなこんなでウロチョロしている私をよそ目に開会式は粛々と進んでいきます。何やら、愛媛県知事さんが挨拶されてて、来年は、一般車道を封鎖しての1万人規模の自転車イベントを企画中だとか何だとか・・・

coldsweats01coldsweats01coldsweats01

・・・よく聞いていなかった。だけどそれってすごい規模&楽しそうなイベントですcoldsweats02予定コースも20コースばかり設けるとの事で、来年は是非それに参加してみようhappy02


Imgp0460


開会式は粛々と進み、コース上の走行における諸注意事項と出走順の説明




Imgp0462


第一出走グループは、強者揃いの「四国のてっぺん」グループ





Imgp0463


ついで女子グループ







Imgp0464


その次が「10代~20代」のグループと続き・・・





Imgp0465


そして私達の30代と続きます。
一応、私もギリギリここですねsmilesmilesmile





Imgp0468


取りあえず儀式である出発前の自分撮り。
ゴール後の表情の変化に要注目です^^



Imgp0470


順繰りに出走待って、いよいよスタート。
さーてさて。今日も一日、がんばるぞー(^o^/



Imgp0473
序盤から、順調?deliciousに順位を下げます。
前の人たち。出走の頃に前に並んでいた人たちではありません。颯爽と後ろから私を抜き去って行った人々です ^^

Imgp0475





しばしゆるゆると上り進んで、大きな鳥居をくぐり進むと・・・











Imgp0477いよいよ本格的な上り口である「石鎚スカイライン」に入ります^^
お天気、山の下の方は晴天ですが、山中はガス雲がかかっていて若干小雨がち。路面はウェットな感じです。
ヒルクライムですから、これはこれで最適な天候。ガンガンに照らされると、かなり体力奪われますからねcoldsweats01
Imgp0478


漕げども漕げども上りばかりです。
・・・ま、ヒルクライムなので当たり前ですがsmilesmilesmile


Imgp0480
相変わらず順調に順位を下げていく私^^
くれぐれも前の方々は、私が追いついたわけではありません。後ろから追い越していかれた方々ですbearing

Imgp0484


それでも何とか上り進んで第一区間のゴールですhappy02







写真はあっさりしますが、11Kmの第一区間。
そりゃぁ、もぉ・・・くったくたですwobbly
呑気に写真なんか撮っている余裕は、そうそうありませんcoldsweats01
どんだけ大変だったか・・・ってなかなか写真じゃ伝えられないgawkま、ひとつ言えるのは、この区間中で私が追い越した人は、ほぼ一人もおりません^^小休止的に力を溜めている方を追い越す瞬間はありましたが、その後、やっぱり追い越されるdespairdespairdespair

しかも後ろ集団の50代。60代の方からも追い越されましたが、何か???
40代の方は、見た目じゃ30代の方とそんなに違わないので、きっと沢山追い越されたに違いないsmilesmilesmile


Imgp0485


ゴールして、そのまま休憩ではなく先の下っている箇所3キロほど下ります。




Imgp0487下り区間は計測無しです。
なので皆ソロソロと下っていきます。この下りの区間も結構長く、しかも道もウェットなので、ブレーキ握る握力が辛くなるwobbly
手の小さい私。一応補助ブレーキバーも取り付けてありますが、それでもちょいと握力辛かった・・・
ちなみに、下りは猶更写真なんて撮ってる余裕なしsmile

Imgp0491


下りきっての給水所







Imgp0493お水とサイクルチャージの補給がありましたhappy01サイクルチャージはカフェイン有無、どっちがいいですか?と聞かれ、じゃ、両方でgawk
・・・くす。よくばりな私smile



Imgp0489


やれやれ疲れたwobbly
一息ついて、ちょっとホッとした私








さてさて、ここからは各自がそれぞれのタイミングにてスタートします。
乳酸溜るとダルさも増してくるので、あんまりダラダラせずに、息を整えてからそそくさと私も出発しました。


Imgp0496


第2区間は7.4Km。
計測バーをくぐってソロソロと出発です。




Imgp0498この第2区間になると、少し体も馴染んだのか、先ほどよりは少し余裕も出てきましたconfident
なので、貧弱な私でも、何人かの人たちは追い越せた。

Imgp0502
体が馴染んだ。ってよりはむしろ同レベルの人達が固まってきたのかもしれません^^
ですが、基本追い越され基調なのは変わりませんdelicious

Imgp0506
どんどん上り進めると、途中に給水所がありましたhappy01
ココでは立ち止まらずに、走行中にコップに入ったお水を受け取りゴクゴク、ポイdashマラソン大会での給水のようですsmile

Imgp0508坂の途中。至る所にこんなフェンスがしてありました。確かに下る時には危険ですからね。自転車って、身がむき出しで車高が高い。迂闊にガードレールなんかに突っ込むと、真っ逆さまに転落しますweep

Imgp0510随分頂上に差し掛かってきたこの頃になると、終了して下り始める人達も出てきます。
この一団は第2陣。かなりハイテンションに盛り上げてくれましたhappy02
Imgp0511


やれやれ、残すところはあと少し。
ガンバレ私^^




Imgp0513


そしていよいよゴールが見えてきたhappy02
最後の力を振り絞るbearing




Imgp0515長い苦闘の末。
何とか無事にゴールする事ができましたhappy02
・・・しかにのんびりカメラを向けてると、脇から猛ダッシュで一人抜かれましたが、気にしませんcatface



いやはや、くたびれましたcoldsweats01
それにしてもずっと上りっぱなしのヒルクライム。足よりも腰や腕。背筋が随分痛むwobbly
やれやれ、普段使っていない箇所の筋肉なんでしょうねcoldsweats01私もまだまだだなgawk

ゴール地点には、沢山の方々が安堵の表情で過ごされていました。
私も計測チップを回収して貰い、ついでに回収スタッフさんとちょと立ち話。ゴール記念写真も撮ってもらって、山頂の景色を楽しみますconfident


Imgp0517


計測チップも回収頂き・・・何だか、ちょっぴり卑猥チックなアングルになっちゃったなsmile



Imgp0530ゴール地点をバックに記念写真camera
ちょいとスタッフさんと立ち話。
「疲れましたか?」
「そうですねcoldsweats01ちょっと大変でした」
「やっぱり足がガクガクですかhappy01
「いやいやcoldsweats01それよりも腰が痛いですbearing

Imgp0524


ここでは生姜入りの溶かし飴が振舞われ・・・





Imgp0526


疲れた体にこれは有難いhappy02






Imgp0528


その後、山頂の雰囲気を少しブラブラ眺め見る






Imgp0531
山の向こう側はやっぱり天気が良いみたい
流石は四国の霊場です。ヒルクライムの最中は日差しをきっちり遮ってくれましたhappy02


Imgp0532


ほどなく下山準備の列に加わります






Imgp0533


やれやれ。無事に完走できて何よりだhappy02





Imgp0535

下山を待ってる途中。ゴール地点でテレビインタビューが行われていました。
やっぱりビジュアル的には女子ですなdelicious



Imgp0540そして、これまた待ってる最中。ゴールされてる方に暖かい声援が飛んだ。
「おぉーsign02副町長coldsweats02ナイスランhappy02
どうやら副町長さんも無事完走の模様ですconfident
Imgp0542


その後、下山の際の諸注意が行われ・・・







Imgp0543


ほら貝の合図にて下山開始ですconfident
流石は愛媛県。村上水軍ですかsign02
smilesmilesmile




Imgp0545


十二分に安全に配慮して、ソロソロとみんなで下っていきます。





Imgp0546


それにしても、やっぱり下山は握力ツライbearing







Imgp0548


苦労して上り進んだ道を難なく下り・・・






Imgp0549


大鳥居を越えて程なくすると・・・






Imgp0552


出発会場に無事戻る事ができましたconfident









下山の途中。
私の前後にいた方。久万高原町在住、アメリカ出身の方と他の参加者の方がお話していた中で、面白い話が聞こえてきました。

「ニホン ノ サイクル手話 ハ ブレーキ ガ 逆デス」

???
サイクル手話???
んんーーー(-_-)?手信号の事かな?

「アメリカ ハ 右側ツウコウ。ニホン ハ 逆ネ。
ダカラ 手話 ハ アメリカ 左手。デモ ニホン 右。
ブレーキ 逆ネ」

???

・・・なーるほどsign03
つまりはこういう事のようです。
アメリカでは右側通行なので、手信号は左手で行います。するとブレーキ持つのは右手になります。という事はフロントブレーキ。制動がよく効く方です。

だけど、日本の場合は左側通行となるので、手信号は右手となりブレーキは左手。つまりはリアブレーキとなり、制動の効きが悪いthinkだから、ブレーキを逆に取り付けるのが、正解だ。と言っていたようです。

sign02sign02sign02

なるほど。トンチの効いた話だなconfident
私はこれまで、そんな事は思いもしませんでしたが、外国の方から見ると、そんな風な目線があるのかthink

ちょと興味深い話です。
日本のメーカーは、今後、そんな事を考慮するんだろうか(-_-)ウーム


Imgp0560


下山地点では温かい「うどん」が振舞われたhappy02






Imgp0562


お腹も空いていたので、有難いhappy02
おいしく頂きましたhappy01




Imgp0564この後、表彰式やらセレモニーが行われる模様でしたが、完走賞は後日郵送されるらしいし、どうせ何にも当りはしないだろうから、さっさと駐車場に向けて移動しました。Imgp0567


やれやれ。すっかり日差しが出てきましたな。つくづく上ってる途中で日差しが無かったのは幸いだったconfident


Imgp0568

しかし、駐車場までがちと遠い
(-_-)
これしきの坂ですら、最早、満身創痍の私にとってはツラかったwobbly


Imgp0570


それでも何とか駐車場会場となった久万高原町面河体育館に到着する事ができました。



Imgp0573


後は車に乗り込み、石鎚山の地を後にしました。。。







えぴろーぐ。。。

その後は一路岡山目指してゆったり帰ります。今度は、急ぐ必要ありませんから、90キロ平均でのまったり走行smile

トイレに立ち寄ろう。と石鎚PAに行ってみると、エリア内に温泉施設がありましたhappy02
何だか疲れて眠くなってきていた頃です。これ幸いhappy02とばかりに温泉立ち寄って、のんびりと四国路を後にしましたconfident


Imgp0574


ふらっと立ち寄った石鎚PA。







Imgp0576


エリア内に温泉施設がありましたhappy02






Imgp0583


ひと風呂浴びて、気分爽快♪







Imgp0584


そんな爽やか気分で愛媛路を後にしましたとさconfident






P.S.
10月2日。
本日、職場から帰宅すると、完走証が届いておりましたhappy02
私は30代エントリーの中で149位deliciousdeliciousdelicious

ひー、ふー、みー・・・30代エントリー数えてみるに、169名おられましたhappy02
・・・って事は、私の後ろに20人もいらっしゃるhappy02happy02happy02
だけど、全員参加してるかは解りませんcatfaceま、それでもビリッけつじゃ無かったって事だったんでしょうなconfident

こうして、結果が見えるイベントも、それはそれで楽しいな♪
Img

2013年9月22日 (日)

2013年鞆の浦周遊(広島)

9月21日。
広島県は福山市の海沿いにある「鞆の浦」を周遊してきましたhappy02
福山市は岡山県との県境にある市で、云わば岡山県の外れといってもいい場所。ちょっとしたご近所さんでの散策ですhappy01


Imgp0316



さてさて、まずは「何故、鞆の浦に行った???」ってな所から語っておきます。
前回までのブログの中で、現在、自転車イベント5週連続の出走を予定。ってな事を語っておりまして、今週は京都府の綾部の予定でございましたhappy02

・・・ところが先週の台風襲来による雨ですgawk
皆さんもご存じの通り、京都でも川の反乱等による大々的な被害を受けておりました。そして、イベント予定であった綾部市でも2700世帯に避難勧告が出されるなど、相当の雨の影響を受けた模様です。

その台風がやってきていた先週は、香川県でのイベント中止(前回ブログ参照)。そして今回の綾部は、、、と申しますと・・・中止ですが、何か???

cryingcryingcryingcryingcrying

またまた中止ですか?weep

ここの所、中止ばかりで、3戦中2つが中止。先週の雨があっただけに、綾部の様子も心配しておりましたが、この水曜日。遂に中止が発表されました(-.-)

今回は、この週末のお天気良いだけに実に悔しいbearingbearingbearing
しかも絶好の3連休。もはやボーっと過ごせ。は死刑宣告に等しいと、代わりに走る場所を求めておりました。


Chuushi


またもやイベント中止の憂き目に遭ってしまい・・・こりゃ、何かに憑かれたとしか思えぬなgawkgawkgawk





近場で色々吟味した結果、学生時代から一度行ってみたい。と思いつつ、今日まで実現しなかった福山市の「鞆の浦」に行く事に決定happy01
当初、自宅からテント持って行ってみようかなthinkと考えておりましたが、通勤・ツーリングに使っているクロスバイクの調子が悪く、お店に修理に出している。状態的には、前輪のベアリングが痛んでいる様子ですが、交換する為のリムが在庫切れにて時間がかかるdespairdespairdespair

仕方ないのでリムの到着をゆっくり待って、痛んだベアリングはグリス調整でダマしダマし使用する事に。そんなこんなで、車で行ってピンポイントな場所のみ周遊する事にしましたconfident


Ruto





Imgp0226


今回はイベントでも何でもない単なるポタリング。時間もコースも気にせず、まったり参りますかなhappy02

Imgp0227


やれやれ、来てヨカッタなhappy01
お天気良いし、清々しいconfidentconfidentconfident




Imgp0232


まずは、かるーく上る所から始めようconfident





Imgp0235




かるーく、かるく・・・




Imgp0236




おや?おや???





Imgp0240



結構、続くんじゃないの!?








たかだか30キロほどのポタリング。
かるーい気持ちで初めてみれば、結構続く上りで滝のように汗をかくcoldsweats01
しかし、失敗したのはヘルメットを忘れた事はともかく、グローブとボトルも忘れたcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
ボトルはペットボトル購入すればそれで良いですが、グローブは・・・滝のように汗をかいた状態では、迂闊に油断すると手が滑って、グリップをすっぽぬかしそうになってしまいます。やれやれ、ちょいと浮かれすぎましたかなsadsadsad


Imgp0241


途中、崖が崩れている箇所が・・・
ここにも雨の影響、あったのねcoldsweats02



Imgp0243


眼下に見える福山市内の様子が綺麗に見えてきたぞhappy01




Imgp0246


そろそろ上りきったかな・・・






Imgp0249


3、4キロほど上って、頂上と思しきところで
「ハイheart01ポーズcamera
やれやれ、ちょっと運動になったなconfident
Imgp0250


・・・ってな事思っていたら、まだ上りは続いておりましたcoldsweats01







でも、返す返すも天気が良くて気持ちいい♪
折角のこの天候の中、中止になる綾部は不幸だなgawkgawkgawk
ま、仕方ありません。まだまだ、災害の撤去作業も行っている現地にて、自転車集団がゾロゾロ走っていても近隣住民の方の感情を逆なでしかねない。

それに途中のコースでもまだ水が出ている所もあるとの事。
この鞆の浦に差し掛かる山道でも、崩れている箇所があった位です。大雨に降られた地域は、さぞや大変だったんだろうなdespairdespairdespair


Imgp0252


しばし上り進んでおりますと、こんな所がありました。




Imgp0253


取敢えず写真を撮っておいて・・・






Imgp0255


折角なので、遊歩道を散策してみる事にしましたhappy02この自由気ままな所が、一人ポタリングの良さだなconfident



Imgp0259


道はそんなに険しくありません。
ポタリング仕様なので、靴もスニーカーです。
しかし、まだまだ9月です。にょろっと長い例のヤツに出くわすと恐ろしいので、ダンダン大足音を響かせながらの行軍ですsweat01




Imgp0262_2


ものの10分も経たぬまでに頂上が見えてきましたshine




Imgp0264



取敢えず記念に・・・





Imgp0266





カシャ、カシャcamera



Imgp0267





山頂からの町の眺めは、こんな感じでした







さてさて、ちょっぴりハイキングも楽しんだ所で、ポタリングの再開です。
何せボトルを忘れ、途中に自販機くらいは・・・と思っていましたが、この山道の中にはそんな物はなく・・・
さっさと下って、何か飲み物飲みたいなbeer


Imgp0268


さてさて、熊ヶ峰を後にし、まだ少し上り進みます





Imgp0269


尾道側もキレイに見えていたので、ガードレールによじ登りお写真cameraカシャリdiamond




Imgp0271


漸く山頂か?
一旦下り始めると・・・





Imgp0272


大きな遊具のあるファミリーパークが見えてきましたhappy02





Imgp0274



更に進むと・・・







Imgp0276


ちょいと道路が荒れてきた。
あまり交通量の多くない道。上りは結構続きますが、のんびりポタリングが楽しめますconfident

Imgp0279


上ったり下ったりで、国立公園の後山





Imgp0280



その先、またもや下ったり・・・





Imgp0281



上ったりしてると・・・





Imgp0284




鞆の浦の海岸線が眼前に開けてきますlovely




Imgp0285



そのまま爽快に下っていって・・・





Imgp0286




本日の目的の地である「鞆の浦」を目指します







いやはや、6、7キロくらいでしょうか?上ってきたの。
結構いい運動になりましたcoldsweats01
ま、ぼやっと平地を走るよりは、多少のパンチが効いてた方が楽しめるhappy02それに自由気ままな寄り道も、一人ポタリングの醍醐味です^^


Imgp0289


ようやく本日の目的地。
「鞆の浦」に到着です




Imgp0291


山の上から見えてた漁港に到着し・・・





Imgp0293


石畳みの中、漁港の方に分け入ると・・・





Imgp0294



ノスタルジックな世界が現れますconfident




Imgp0295_2




狭い小路が何とも懐かしさを醸し出す



Imgp0296_2






周辺一帯が、ちょっとした異空間です


Imgp0306



取敢えず乾いた喉を潤わす為にコーラで一息confident




Imgp0303












しばらく周辺を散策しながら・・・







Imgp0310





堤防の先に行ってみます



Imgp0311






海風が実に心地よい♪


Imgp0314





取敢えずは記念写真camera



Imgp0315


遊覧船もお見送り♪
しかし写真を撮っていると、向こうの遊覧船内からもこちらの写真を撮っているsmile
互いに考える事は一緒ですなdelicious


Imgp0317


しばし散策した後・・・






Imgp0319



鞆の浦を後にしました









いやはや、思っていた以上にヨカッタなhappy02「鞆の浦」
近年ではジブリの「崖の上のポニョ」のモデルになっているんだとか・・・
お昼の12時に走り始めて、鞆の浦にいたのが15時くらいだったのですが、あまりお腹が空いておらず結局何も食せずでした。
ですが、結構美味しそうなお店が沢山。今度来た時は、ゆっくり食事も楽しもうconfident


Imgp0320


来た時とは異なり、今度は平地をスイスイと・・・





Imgp0321


山越えしなけりゃ、あっさり到着の鞆の浦
それだけじゃつまらないですからねcoldsweats01
今回はしっかり走るため、コースにパンチを持たせておきましたconfident







Imgp0323


ちょっと心地よかったので、川沿いの土手を走ってみる事に・・・




Imgp0326


最初に上ったお山もよく見える







Imgp0330


こうして無事にポタリングを終えましたとさ








いやーーー。
イベント中止の連続に泣かされてのポタリング。やっぱりこうして一人でまったりするのもいいもんだhappy02何だかイガイガ虫も騒ぎ始めて、またテント持って何処かを放浪してみたくもなりましたsmile

だけど、11月までは毎週のようにイベント満載にした今回。
方々のイベントにて、今後の放浪地でも見出しておきますかなhappy02happy02happy02

そして、次回こそは無事にイベントが行われますように・・・

2013年9月15日 (日)

2013年ツール・ど・103(香川)中止

9月15日
Imgp0221
ぬぉぉぉお!!!
香川県は東かがわ市で開催された(される予定だった)「2013年ツール・ど・103」に参加してきましたcryingcryingcrying

お天気はあいにくの雨。それも本降り・・・
意気揚々?と準備を整え、岡山を出発したるは午前6時10分。道中、ずっと強い雨gawk

こりゃ、ひょっとしたら・・・中止!?

そんな心配をしながら、瀬戸大橋を越えて会場に向かいます。

会場到着、午前7時40分。
受付8時までの予定だったから、慌しいかなdespairdespairdespair

・・・全然、そんな心配はいらずでございましたcrying

何せ、会場駐車場に到着してみれば、自転車積載の車が駐車場を後にしている。

・・・そうですgawk
またもや中止の憂き目に遭ってしまいましたcryingcryingcrying

やれやれ、1時間30分もかけて到着してみれば、コレですか?weep
前々回の島根の中止は事前のお知らせがあったものの、今回は会場に到着しての中止ですcoldsweats02
こりゃ、堪えるwobblywobblywobbly

あぁぁぁ!!!もぉぉぉ!!!
まったく、もーーーー!!!だ
」です。ハイ。。。

しかし、昨日は晴れてて、恐らく台風一過の明日も晴れ。
誰だ?こんなピンポイントに雨(しかも台風まで)呼び込んだ強烈な雨男(雨女?)はannoyannoyannoy

私の「天晴、晴れ男!!」を凌ぐとは、すごいヤツもいたもんだgawk


Imgp0223やっぱりコイツか・・・
安田団長www
・・・ウソですcoldsweats01
わざわざ、いらっしゃったのに、ご苦労さまですconfident
ま、そこはお互い様ですがcoldsweats01coldsweats01coldsweats01




1時間30分かけて、わざわざ安田団長を見にきたんじゃ、ないやい
o(>_<)o
最早、八つ当たりですsmilesmilesmile

しかし、会場にいたのは僅か20分足らず・・・
しょうがないので少し周囲の風景、拝んどくか・・・

Imgp0217


残念なお知らせを告げる司会のおねーさん。やれやれ、ご苦労さまですdespair




Imgp0218



人気もまばらな受付で・・・






Imgp0216_2


これまた手持ち無沙汰なスタッフさん
やれやれ、ご苦労さまですdespairdespairdespair




折角なので、出発会場となった「とらまる公園」の様子を少し・・・

Imgp0210







とらまる公園こんなとこ











Imgp0208


結構高台。
眺めがいい・・・
これで晴れてりゃ・・・いやいや、何もいうまいsadsadsad



Imgp0209


綺麗で大きな体育館がありまして・・・






Imgp0212


整備された芝生の上にそびえてる






Imgp0206


その体育館脇では、同時開催される予定だった「どんと恋祭」の準備をしてて・・・




Imgp0205


これまた虚しく・・・






Imgp0207


撤収準備がされておりました







Imgp0205_2


あーあ。
食べてみたかったなgawk焼らーめん





Imgp0201


きっと、このグラウンドも賑わったんだろうなsadsadsad







そんな未練たらたらな状態のまま、虚しく瀬戸大橋を渡り、帰路につきましたとさbearing


Imgp0220


受付で渡されたお土産品






Imgp0214


来年こそは堪能させてね。
東かがわ市bearingbearingbearing





Imgp0225


きっと来年こそは・・・
そんな虚しい決意を秘めて、寂しく帰岡路につきましたとさweepweepweep





さてさて、来週の綾部(京都)は是非晴れますようにo(>_<)o
これで5連戦中、2つが中止。
やれやれ、9月の天候は読めませんですdespairdespairdespair


P.S.
案の定。翌日の9月16日は秋晴れの良い天気ですよーーーsungawk
少々風が強い瞬間がありますが、涼やかで最高のサイクリング日よりですcrying

やーれやれ。
次回はしっかり晴れてくれますようにbearing


P.S.2
今、テレビでニュース見ながら、のんびりインターネット。でもって、この台風・・・結構、激しく雨の影響を与えているのねcoldsweats02
岡山は、上記の如く静かなもので。むしろ清々しいお天気です。
ところが来週行こうとしている綾部(京都)では川が氾濫。綾部市でも2700世帯の避難。その他、雨の影響大変な雰囲気ですねdespair

皆様、是非お気をつけてお過ごしください・・・

2013年9月10日 (火)

2013年サイクルマラソン鳥羽志摩線(本戦)

9月8日。
さーてさて。いよいよやってまいりましたhappy01「サイクルマラソン鳥羽志摩線」。とばしません・・・成程、面白くネーミングしたものですdelicious

さてさて、肝心なるお天気は・・・くもりcloud
よーし、よし。これまでの予報などでは雨模様濃厚だっただけに、曇りでも十分です。それに暑くなくて丁度良さそうだhappy02

先週より、急に空気が入れ替わり朝晩が随分と過ごしやすくなってきました。絶好の自転車シーズンの到来ですbicycleshine


Imgp0165


このサイクルイベントでは、受付午前7時より受付したら順次走行できます。
私は前泊の伊勢を午前6時に出発。会場駐車場到着が午前7時5分。

・・・やってしまったsad
伊勢市と鳥羽市がどの程度離れているかよく解っていなかったので、一時間もあれば余裕でしょうwinkとタカをくくっておりますと、ナビで表示された到着時間、午前7時10分。
coldsweats02おっ!?やべーじゃんbearingと急ぎ会場に向かいましたが、5分しか縮められず・・・

ま、それでも会場駐車場にはまだ大勢の人がおります。取りあえず、急ぎ準備にとりかかれーーー!!!pout


Imgp0022
会場到着。
やれやれ、もうスタート切ってる人が随分いたぞcoldsweats02
いそいそと準備にかかります



Imgp0023意外と準備に手間取ってしまい、ようやく出走できる頃には既に7時45分。
やれやれ、45分ものアドバンテージを抱えてしまったweep
本日、走りたる距離は130キロなり。早くゴールして、家族を迎えに行かなくちゃbearing





コースは95キロの鳥羽市途中の展望台での折り返しと、130キロの鳥羽市商工会議所折り返しの2コース。
私はせっかくなので、フルの130キロで挑戦です( ̄▽ ̄)

それにしても、順次スタートのこのイベント。迷い人の私にとっては、実に危険な香りがします。こりゃ急ぎ案内人を見出して、その人の後を全力で追うしかありません(≧∇≦)


Imgp0025

そそくさと受付。
最早人気もまばらになってきたぞcoldsweats02






Imgp0186何やらお見送りをしてくれてるおねーさん一座がおりますが、何者だ!?
やれやれ、そんな事に構っている暇はナシ。早々とスタートしなくちゃι(´Д`υ)アセアセ
Imgp0028

取敢えず出走前の儀式である自分撮り。
この表情がどう変化していきますかなsmile




Imgp0029


お天気は薄いくもり空。
こりゃ暑くならなくて済みそうだconfident







まずはスタート地点の志摩B&G海洋センターから岬の海岸線沿いをぐるりと一周。そして折り返しである鳥羽市の商工会議所を目指します。
私の出走時間帯には人気もまばら。やれやれ、早く人に出会わなけりゃ、またしても彷徨いつつのイベントとなってしまうぞよヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ


Imgp0035この海岸沿いを一周では、なだらかに上ったり下ったり・・・
確か最後もこれを周回するんだよな・・・回らずショートカットも出来たハズ。最後にゃ足もなくなってるだろうから、結構、この上り下りは効きそうだbearing

Imgp0041
ようやく人にも出会えてきだしたぞhappy02
そして周回折り返しの人も多く見かけだした。よーし、がんばるぞーーーbearing



Imgp0047

お空も大分明るくなり初め、青空も少し覗くようになってきたhappy02
うーん。やっぱり明るいと景色も映えて素晴らしいlovely

Imgp0049


そうして折り返しとなる周遊先端部のチェックポイントに到着ですconfident



Imgp0051


何だか景色は私の住む岡山県の瀬戸内海に似てますな




Imgp0054


まだまだ序盤。
余裕もあるぞーーー。この調子でどんどん行こうhappy02







遅れたアドバンテージ分を取り戻すべく、チェックポイントにも長居はせずに早々に走り始めます。あまり暑くないので、結構快適に走れますが、何せ前回の高知から1ヶ月も空いてのチャリ・イベです。その間、雨続きだったりしたせいもあり、通勤も車だったりしたせいですっかり鈍りきっている私。
なんだかまだまだ序盤の割には足が重くね?coldsweats01


Imgp0056折り返し地点を抜けてペースの合いそうな人を見つけてはちょこちょこ追走。
いやはや丁度いいペースだなconfident前回の高知のイベントでは、皆マシンか!?と思うくらい強者揃いだっただけに、ちょっぴり安心happy01
Imgp0058


住宅市街地に入りしばし進むと・・・





Imgp0060


補給の摂れるエイドポイントがありましたhappy02





Imgp0066


お!?ここにもいましたぞhappy02出発を見送ってくれてたおねーさん達happy01




Imgp0063


しっかりお水やスポーツドリンクを振舞ってくれてましたo(*^▽^*)o





Imgp0064
何の気なしに写真撮ってるだけですが、結構、恥ずかしそうに後ろを向いちゃうシャイ子ちゃん達delicious
何者かしら???

Imgp0067


よーし。体も温まってきたし、そろそろ参りますかな(≧∇≦)









エイド・ガールズ達も気になりましたが、さっさと出発してイベント終えて。嫁子を迎えにいってあげねばなりません。きっと次の場所にもいるんでしょうから、また後で何者かを聞いてみようheart01


Imgp0069


さーてさて。
出発だbicycle







Imgp0070


エイドのあった大王。
絵かきの町ってのは、著名な絵かきさんがいるのかなthinkそれとも絵をかくような風景が沢山あるって事かしら???








Imgp0073


しばらく進むと、土手沿いの自転車道を走るコースが





Imgp0075_2


割と狭いので、ソロソロと進んでいきます





Imgp0077


それにしても良い眺めだconfident






Imgp0078


まだまだ9月の初旬。
海水浴場の向こうの方には沢山のサーファーさんがおりましたt-shirt



Imgp0080


コースはそのまま田園地に入っていきます。
少し日差しが出てきて周囲が明るくなってきたhappy02やっぱりどんより薄暗いよりも明るい方が気分がいいですwink
暑くない程度に・・・ねsmile






Imgp0081



ダラッと上って・・・





Imgp0082




ダラッと下る





Imgp0083



実に起伏に富んだコースです








そうそうhappy01
出発して間もなく、子供達から「パパheart01ガンバってheart04」の音声メールloveletterが届いておりましたhappy02
最近お姉ちゃんに持たせた「見守り携帯」。いちいち、操作の度に何らかのメールが送られてきますcoldsweats01やれやれ、嬉しいものですなhappy02音声メール。
メールを打つ機能が無い代わりに、音声の添付ファイルが送信されてきますconfident


Imgp0087
コースはいよいよ本格的な峠コースに差し掛かってきます






Imgp0089


志摩スペイン村の傍を通りすぎ・・・





Imgp0090


綺麗なビルの立ち並ぶリゾート地帯






Imgp0093


どこもかしこもせっせと上って、ひーdespairこらsadせいwobbly





Imgp0095
目指す鳥羽まで27キロ
パールロードを突き進みますbearing






Imgp0097


ここからゼイwobblydespairゼイwobblydespairと上り進んで・・・



Imgp0098


折り返してくる人達を随分多く見かけるようになった頃・・・





Imgp0099


エイドステーションのある面白展望台に到着しましたhappy02








時刻は午前10時半を少々過ぎたくらいでしょうか?朝食撮ったのは午前5時。そろそろ空腹感が出てくる頃。多くの人がお弁当を食していたので、てっきり私も・・・と思っていたら、130キロコースの私は次の折り返し地点「鳥羽商工会議所」での昼食だとか・・・
やれやれ。来年は95キロでいいやgawkここから折り返していけば、13時くらいにはゴールできそうだしcatface


Imgp0102


流石にちょっと疲れてきたな・・・







Imgp0103


そしてここにもいましたhappy02エイド・ガールheart01






Imgp0105「何者ですか?」思い切って聞いてみるに、三重でのイベント事がある度に出現するご当地アイドルグループの模様。
みんなシャイでカメラを向けるとcamera顔そらすpout
そんな事では売れませぬぞangryって単なる素人集団なんでしょうけどねsmile

Imgp0107ゴール地点にもいるのか?尋ねると「ハイheart01」とのお返事。そんじゃゴールしたら一緒に写真撮ろうねlovelyとお約束。
やれやれ、これで一つモチベーションがあがりましたなdelicious全く恥じらいの無いオッサンですsmile

Imgp0110


涼やかな面白展望台







Imgp0111


吹きさらす風が心地いい♪






Imgp0112


さーて。お弁当地点までもうひと頑張り、しますかなhappy02








ここからも更に峠は続いて、ぜいdespairはーsadひーwobbly
結構、折り返してこられた人達にも出くわしますcoldsweats01おや?まぁcoldsweats02皆さん、元気でいらっしゃる。私も早く昼食にありつきたいな・・・


Imgp0114

続く道のりには更に峠が続きます







Imgp0116


最早、足はヘロヘロ。
思ったようにペースは上がりませんwobbly




Imgp0118


開けた景色の鉄橋わたって・・・





Imgp0121


そろそろ着いてくれぬかdespair鳥羽商工会議所sad





Imgp0122


そして這う這うの体にて何とか到着。
折り返しの「鳥羽商工会議所」です




Imgp0126
待望の昼食だ(≧∇≦)
しかしこのご飯にのっかってる物体、何だろう???醤油漬けした赤み刺身のような歯ごたえと味わいでしたが、魚じゃなさそう・・・
結構、美味しかったなconfident

Imgp0129


お弁当食して、ようやく人心地heart04
やれやれ、残りは折り返すのみですconfident頑張ろうwink





この昼食エイドでは、少しパラパラっと雨が降ってきました。
ま、火照ったところに気持ち程度のシャワーです。大した不快感もありませんconfident
それにしてもこのエイドにいる人。私含めて10人もおりませんcoldsweats01こりゃ、130キロコースでも相当後ろにいる模様。
時刻は丁度お昼の12時です。やれやれ、いそいそと出発しますかな???


Imgp0130さーてさて。今度はさっきと逆に帰路に就く。
やれやれ、先の道のりが分かってるのって意外とツライdespair
しかも今回は何故か気持ちがついてこず、峠の殆どを押し歩きgawkちょいと、運動不足が祟ったな・・・
Imgp0131
折り返し地点にて、私の後にいた人たちは10名ほどです。押し押しペースが上がらぬ私。一人、また一人と追い越されていきます。
やれやれこのペースだと、最後位まで下がりかねんなwobbly
Imgp0132


それでも気を取り直して、峠の緩んだ所からペースアップ。猛然とゴールを目指しますbearing




Imgp0135


その後の展開。上ったり・・・







Imgp0137





上ったり・・・






Imgp0139


上ったり・・
・って、上りばっかじゃんbearing
って知ってました(通って来た所ですからね)が、何かgawk


Imgp0141


それでも何とかスペイン村まで再び戻り・・・





Imgp0143


残す行程、あと僅かbearing





Imgp0145

何故か随分人も終結してきだす。
おやおや?ってきり最後尾地点をウロウロしてるのかと思ってたのにな・・・



Imgp0148


大きな鉄橋越えて、後はスタート地点の岬をクルリと周遊すればゴールだな。
ガンバレ私。ゴールは間もなくbearing









Imgp0149_2




ってな事思っていると・・・






Imgp0150




こっちだ・・・





Imgp0151




あっちだ、と誘導されて・・・




Imgp0153




あっさりゴールしてしまいましたcoldsweats01







どうやら、時間制限にてコースアウトさせられた模様です。一緒に塊になって走ってた人たちも、総じて???
サイコン見るに、後13キロほど足りませんでしたので、丁度最後の周遊分がカットだったんでしょうねcoldsweats01
ま、結構一杯一杯だったので、このゴールは丁度良かったかなhappy01時間は14時40分。あっけない幕切れでしたが、15時までに戻れて、ヨカッタconfidentヨカッタhappy02


Imgp0157無事、ゴールチェックも済ませて、お土産頂き・・・あれあれ?イベントガールちゃん達、いねーでやんのpout折角、一緒に写真撮ろうと思ったんだけどな・・・ま、無事ゴール出来たし、良しとしようconfident

Imgp0158


その後、振舞われた海産物に舌鼓♪






Imgp0160


イセエビ汁が、いと美味し!!!






Imgp0161


エビちゃん。これっぽっちでしたがsmile
もっと早くにゴールしてりゃ、でっかいエビが振舞われたのかしら???





その後、家族の待つ伊勢市まで移動です。やれやれ、結構、疲れたぞgawk
家族達はイオン伊勢にいる。との事。高速インターの脇で丁度いいやhappy01


Imgp0174
その後、無事に家族とも再会♪
いやはや、やっぱりいいですな。普段なら、ここからボヤっと一人で帰路に着く所ですが・・・

Imgp0176




家族が待ってると、ホッコリしますhappy01



Imgp0180






後は途中で大津のPA・・・



Imgp0181





立ち寄って・・・



Imgp0184










ノンアルコールビールと・・・









Imgp0188




近江牛で祝杯あげて家路につきましたとさconfident








やれやれ、楽しかった鳥羽志摩線。
もう一日残ってた夏休みを月曜に入れて、ご苦労さんだったSIERAちゃんも洗浄し一日ゴロゴロ。何だか、左足甲を痛めてしまいましたが、急に無理な運動はいけませんなsmile

ま、何はともあれ後3週(1週地区の体育大会挟んで、もう1週ありますがsmile)。絶好の行楽シーズンを楽しみたいと思います♪