フォト
無料ブログはココログ

« 2011年 自転車王国とくしまライドInNARUTO(徳島) | トップページ | 2012年 ツール・ド・糸島(福岡) »

2012年9月13日 (木)

2012年 メディオフォンド雲海(岡山)

・・・やれやれ、ようやく現代にたどり着きます。私のブログ^^

本来なら、ココから始めよう。と思っていたのですが、折角なので、撮りためた写真にコメント付けて、足跡たどろうとしてみれば・・・全然、現代にたどり着かんbearingbearingbearing
ま、書き始めたからには、仕方なし。と記憶を辿って辿って書き綴る。

何はともあれ、ここからリアルタイムな私のブログが始まります^^



寒い冬も終わった4月の頃。
そろそろ、自転車活動再会だhappy02

いつものオールスポーツサイトを見ながら、ちょこまかと自分に合ってそうなイベントを探します。正直、昨年行った琵琶湖の南湖1周。この続きで、2日間かけてはしる琵琶湖1周というのが4月にあって、そこから再開しようと目論んでいたのですが、エントリーするのをすっかり忘れ・・・

締切り過ぎて、とりあえず選んだのが地元岡山イベント「メディオフォンド雲海」。このシリーズは、山岳コースが主体なので、ちょっとばかり遠慮していた私^^。ま、これまでのチャリ活動にて、多少の体力もついてきた事だし、ちょっとした挑戦がてらの参戦です。


Imgp4050
(せっくせっくと会場In。地元岡山県でのイベントなので、朝5時前から出発する事はありません^^)

Imgp4054
(自転車に計測器を取り付けて走ります。おおー、文明チックですな^^)

Imgp4057
(受付済ませて、しばしゆったり。
ちなみに、プロフィール写真に使ったものは、この日の写真です^^)


会場となった大芦高原雲海は、岡山県の中東部にあります。
標高500mほどの大芦高原の中に位置し、その名の通り辺りが霧に包まれると、まるで雲海の中にいるような景色の楽しめるスポット。写真家さん達からも有名なスポットのようです。
44729062
(周囲が霧につつまれると、このような幻想的な雰囲気に包まれます)


地元開催に油断した私は、肝心のヘルメットを忘れてしまい、ちょっと慌てる^^
受付に申し出るに、快く借りる事が出来て一安心confident


Imgp4075
(ヘルメットを忘れた私。借り物のヘルメットは、ちょっとサイズが大きかったですが、キチキチよりはマシです^^)

Imgp4082
(何はともあれ、出走です♪)

Imgp4085
(序盤は高原を急激に下ってなだらかな県道に。
・・・という事は、最後にこの峠を急激に上るのかcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
ま、それが今回のメインになる場所)

Imgp4091
(道路脇に見える景色は、日本昔話のような雰囲気。情緒にあふれます)

Imgp4095
(ちょっとした上りもありますが、麓は基本的にはなだらなかコースです)

Imgp4104
(交通量の少ない道をひた走る。天気も良いし、絶好のサイクル日和。
そういえば、この和気町でも町主催のサイクルイベントが開催されているとの事。その為、コースが被って混雑せぬよう、この大会はいつもと逆周りで開催されているとの事です^^)

Imgp4105
(和気町に入り、しばし進むと・・・)

Imgp4110
(折り返しのチェックポイントに到着します)


イベント自体、50キロほどのミドルコース。
タイムアウトを気にして、せっせと走る必要はありません。
比較的、ゆったりとレースが進行していきます。
ま、私の場合、基本競技志向ではないので、一日サイクリングが楽しめればよいだけ。
至って自分のペースで走ります^^


Imgp4113
(エイドポイントでの申告は、自己申告制。
チェックを付け忘れると、行方不明者として捜索されます^^)

Imgp4117

Imgp4115

Imgp4116
(補給もバラエティー豊かにたんまりありました^^)

Imgp4127
(帰路では備前片上鉄道跡に作られたサイクリングロードを走ります)

Imgp4132

Imgp4127_2
(時折、すれ違うチャリダーさんは、別イベントの人でしょうか^^)

Imgp4128
(路線跡の平坦な道。景色を楽しみながら、進みます)

Imgp4133
(そこを抜けると、いよいよ最初に下った道を上ります^^)

Imgp4135
(せっせと進み、中間点・・・いや、ここからが本番だshock

Imgp4137
(大芦高原1.4Km。やれやれ、まだまだ先は長いなぁ・・・)

Imgp4140
(振り返れば、こんな景色。だいぶ上ってきたよなgawk

Imgp4141
(基本、どんなに辛くとも、遅くとも降りぬ事を信条としてきた私です。
ですが、途中、変速時にチェーンが外れて心折れ・・・
最後の上りはトボトボ、押し押し上がります^^)

Imgp4142
(高原まで上りきれば、ゴールは間近)

Imgp4145
(何とかゴール。
さてさて、計測器は上手く反応するかな・・・)


心配せずとも、きっちり計測してくれました^^
なるほど、このタイムを元に、次回は縮めて見せるぞ!!!と自己との戦いをするのも楽しいのかもしれません^^。
ゴール後は、振舞われたうどんに舌鼓。間もなく渡された完走賞。タイムは3時間3分となっていたので、次回は3時間切れるように頑張ろう^^


Imgp4153
(ゴール後、うどんが振舞われました^^
疲れて塩分消失した体には、うれしいなhappy02

Imgp4155
(やれやれ、無事走りきってほっと一息♪)

Imgp4162
(来年は、3時間切れるように、頑張ります^-^v)

« 2011年 自転車王国とくしまライドInNARUTO(徳島) | トップページ | 2012年 ツール・ド・糸島(福岡) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/55648355

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年 メディオフォンド雲海(岡山):

« 2011年 自転車王国とくしまライドInNARUTO(徳島) | トップページ | 2012年 ツール・ド・糸島(福岡) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ