フォト
無料ブログはココログ

« 2013年奈良盆地一周シクロラリー | トップページ | 2013年土佐センチュリーライド嶺北・いの(高知) »

2013年7月 8日 (月)

2013年しまんと散輪写-夏(高知)

7月7日(日)。
高知県は西土佐で開催された「しまんと散輪写 -夏」に参加してきましたhappy01

コースは55kmほどの「しよい」と120kmほどの「がいな」の2コース。私は「がいな」コースにてエントリー。

ちなみに「がいな」とは、高知の言葉で、「強い」とか「キツイ」の意。そして、「しよい」は「安易」とか「簡単」といった意味です。

Imgp0895


高知県は南西部の最の果て。足摺岬出身の私です。高知県西部(幡多地域)は私にとってはお庭の如し。そんなお庭で開催されるサイクルイベントとあって、ウキウキ感満載ですhappy02happy02happy02


せっかくなので、地元仲間と久しぶりに会っておくかconfidentと、四万十市(旧中村市)に住む同級生に

「今度、そっちでチャリ・イベがあって出場するんだけど、前日泊めてくんね?ちなみに、お前も出てみる?自転車のレンタルもあるみたいだし、ダイエットになるよsmilesmilesmile

ってなメールを送ってみると、

「実は4月に入籍しまして・・・ 
嫁が良いと言えば泊まれますcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

!?!?!?

!?

????????リカイ フノウ・・・????????

「なにーーー!!!
己はそんな大事な事を、よくも平気に云えたものだなpoutpoutpout
5月の連休に実家に帰ってた時には、そんな噂は一つも聞いていなかったのにpoutpoutpout

・・・何はともあれ、おめでとうpaper


そんな地元同級生からの、びっくり報告も相まって、意気揚々と前日から高知In。
同級生宅の宿泊は不可だったので、テント持って、イベント会場のキャンプ場に宿泊です。

何はともあれ、40(しじゅう)手前で結婚できて、何よりだconfident


Imgp0640


イベントの出発会場となる四万十カヌー館。キャンプ場も併設してあったので、テント持込み、キャンプIn♪

Imgp0643久々のキャンプ泊だな♪
貸切状態で、ゆったりだhappy02

・・・って思ってたら、向かいのログハウスにうざガ ・・・コホン。元気の良い若者グループが現れたcoldsweats02
Imgp0649


カヌー館前には、芝生の広場にテニスコート。ロッジが3棟ほどあって、貸出や持込みのテントでキャンプも可ですhappy01

Imgp0656


喧騒を避けるべく、ロッジ側より最も離れた場所にテント移動ですhappy02happy02happy02






久々のキャンプに興奮したのか、夜は中々寝付けないbearingbearingbearing
テントを出てみれば、綺麗な星空。しばし、川のせせらぎを聞きつつ、露天にシートを轢いて寝ようと試みるも、それでも寝付けないdespair

仕方なしに、ボンヤリ考え事をしながら一夜を過ごすnight
それにしても、静かで良いキャンプ場でしたconfident

すぐ下に川原があって、蒸し暑ければ、ひと泳ぎ♪ってな感じに過ごせますhappy01



さてさて、そんな前日を過ごしておりましたが、いよいよ当日。
自転車を車から下し、タイヤを装着。
ちょいと試走でもしてみるかwinkとコギ出してみると・・・ガチャガチャ・・・アレアレ?ディレイラーの調子が悪いthinkthinkthinkそうこうしていると、遂にリヤの変速が効かなくなったcoldsweats02
おぉ!?こりゃ、受付よりも先に、メンテナンススタッフさん探さなきゃcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

最早、ハラハラドキドキで、開場の時刻を待ちますcrying


Imgp0659


眠れずの一夜でしたが、気持ちよく過ごしたキャンプ場。



Imgp0668


どーれどれ。
集合時間まで時間もたんまりある事だし、ちょいと自転車の調子でも見ておくかhappy01



Imgp0669_2・・・するとディレイラーの調子が悪い。
でもって、最終的にはリヤは完全に動作不能。ワイヤーがだらーんとゆーるゆる。
コリャ、抜けたか切れた?
cryingcryingcrying
Imgp0672


午前8時頃になって、ちらほら人も集まり出してきた。
とりあえず、メンテナンススタッフさん、ぷり~ずweepweepweep





会場スタッフさんに聞いてみるに、8時30分になれば、自転車屋さんの方が来られるそうで。いやはや、どうしようthinkthinkthink
このまま、どうにもならなければ、フロントギヤの変速のみで乗り切るか???ほぼ、平地の「しよい」コースなら、いけるかな?それとも、レンタサイクルか?やれやれだgawk

SIERAちゃん。最近はめっきり大人しくしてたのに、またまたジャジャ馬っ娘、満載になってきましたなbearing


Imgp0677そして、待望の自転車屋さん・・・って参加者の方ですかcoldsweats02
どうも、大変恐縮ですbearingbearingbearing

受け付けもまだなのに、ゴメンナサイ・・・




取敢えずざっと見て頂いた感じでは、リアのディレイラーバーが破損している感じの模様。ワイヤーの弛みは、再度張りなおして頂き、何とか復活。リヤギヤも、何とか機能するようになりましたが、若干暴れる感じかなcoldsweats01

こんな状態で、ハードな山越えが続く「がいな」コースは危険だと、「しよい」コースに変更してイベント参加。

やれやれ、
のっけから

「まったく、もーーー!!!だbearingbearingbearing

って感じですcoldsweats01


Imgp0679_2


それでも、なんとか開会式の頃には走れる目途もつき




Imgp0682


参加コースも「しよい」に変更。
仕切りなおして、出発だhappy01




Imgp0685


いきなりの波乱万丈な展開にて、若干泣きの入ったスタート前の私






お天気は、雲は多いながらも晴れ間の見えてるお天気です。
暑くなりそうだから、火照った頃に、ドシャーっとシャワーでも浴びせてくれたら、最高だhappy02

コース変更したこの「しよい」コースは、女性スタッフさんが先導してくれながらの、まったりポタリング的な感じで進行します。

ほぼ平地コースの中、巡航速度も18-22キロ位で、女性や初心者の方でも気軽に参加できる仕様になっており、みんな和気藹々と楽しんでおられました。

そうそう。やっぱりコレですよ!!サイクリングってhappy02

大体、自転車者(じてんしゃもの)はマゾっ気が強く、ちょっとでも自分の限界を越えようと、己に苦業を強いる。だけど、本来の自転車の楽しみって、修業じゃないんだから、無理してヒー、ハー、ゼイwobblyってしなくても、十分楽しめますconfident


Imgp0690

さーて、さて。
まったりと走りますかなhappy01





Imgp0692


四万十の綺麗な景色と、グリーンシャワーいっぱいの道のりを、ほのぼのした雰囲気の中でひた進む。



Imgp0694


途中。
開会式で挨拶をされてた四万十市長とも別れ・・・




Imgp0696


若干、小雨がパラついて来た頃





Imgp0698


最初に渡る沈下橋。岩間大橋を渡ります。

・・・手すりも何もなくて、落ちそうだなcoldsweats02



Imgp0700


後続からも、続々と渡ってきます。









冒頭で、幡多地域は全てお庭だ。何ていいましたが、四万十川は下流域の方はお庭でも、上流域の方には、あまり来た事がありません。なので、結構カンドーですhappy02

交通の便的に、四万十川だ。っていうと下流域の中村市付近がツアーの一環になりがちですが、四万十川の醍醐味は、何といっても上流域。
自然豊かな水の透明感は勿論の事、景観に見合った生活道を楽しむのなら、是非、この上流域をおススメしますconfident


Imgp0706_2さーてさて、沈下橋も堪能したし、出発だ。

後から撮りためた写真を見るに、ほぼこのスタッフまいかさんの後ろ姿ばかりをとらえていますcoldsweats01

何も、ストーカーの如く、付け狙った訳ではありませんbearingbearingbearing
基本、スタッフさん先導のサイクルイベント。レースではありません。

なので、常に先頭スタッフさんよりは後ろにいて、知らず知らずの内に自分のペースで走ってみれば、最先頭のスタッフさんに辿り着く。

・・・やれやれ、私も随分成長したもんだhappy02
こうやって、どんどん人間性を失っていく、自転車者が出来上がるのかしらsmilesmilesmile


Imgp0707道中、まいかさんが「実はここが私の家で・・・」と通り過ぎた場所があり、へぇ~、めちゃくちゃ地元民ですねhappy01ってなお話すると、実は出身は岡山で・・・何て事を仰いますhappy02

!?

何て奇遇な。実は私は岡山から参加してますhappy01ってなお話をしておりました。

Imgp0711








赤鉄橋くぐり渡ってしばし進むと・・・





Imgp0715



後続さんが付いてきておりませんでした。
しばし、後続さんを待って、小休止confident




Imgp0716


そして、補給のあるエイドポイントの小学校に到着しますconfident








こんなに難なく過ごせるサイクルイベントって、ここ最近経験していない。いやはや、これはちょっと目から鱗で、自転車本来の楽しみ方としては、断然こっちでしょうhappy02happy02happy02

道に迷う事もなく、スタッフさんとまったりお喋りしながら進む行程は、意図せずコース変更して本当にヨカッタhappy02happy02happy02と大満足です。


Imgp0732


エイドのある小学校






Imgp0720


補給には、干しブドウ入りのパンが振舞われ





Imgp0721


美味しく頂きました♪
コレってこの辺の名物なのかな?知らなくて、ゴメンなさいdespair



Imgp0728


しばし、峠越えをしてくる「がいな」コースの方々を待ってブラブラ散策。
やれやれ今日は一日、楽しいや♪




その後、全員集結した所で記念写真。
Shugou_3日差しも出てきて、日向は暑いですが、道中が割と森の木陰を走るので、蒸し焼きにされる程の暑さは感じません。


逆に景観も映えて、いい感じですhappy01


Imgp0741


そして出発。

・・・とりあえずは






Imgp0742
エイドポイントの眼下に見えていた白王橋(松ヶ谷沈下橋)?を目指す。

台風による大雨で、橋が途中で流されています。
Imgp0744
なので、対岸には渡れずです。
(ちなみに橋の名称は、後からGoogleマップで見ての事。ちょいちょい間違いがあるかもしれませぬsmilesmilesmile

Imgp0758


そして、美しい黒部川を眺めつつ






Imgp0762


折り返しの昼食ポイントとなるエイドに向けて出発進行




Imgp0768

相変わらず先導スタッフさんの後を付いて行っていると、スタッフさんを越して先頭が入れ替わり・・・

たちまち巡航速度は跳ね上がり35キロほどのペースとなったcoldsweats01

・・・やれやれ、みんなやっぱり自転車者ねsmile本能による高速バスの一団が出来上がる。

Imgp0769

もれなく私も最後尾より追随すsmile
勢い余って、思わずエイドポイントを通過しそうになりましたが、そこはご愛嬌ですbleah


Imgp0771


若干のオーバーランをしつつのエイドIn♪smile








ここでは、カレーライスと冷やしうどんが振舞われました。
別に無理に二つとも食す必要はありません。また、お好みにより、カレーうどんとする事も可です。冷やしカレー・・・ってのは、流石に無理でしたがsmilesmilesmile


Imgp0778









Imgp0780










Imgp0781











Imgp0792_2










Imgp0793











Imgp0784























お昼も頂き、まったり休憩。
誰一人、脱落する事もなく過ごせるポタリングサイクルって最高だhappy02
この休憩ポイントの裏手の山に、お菊の滝っていう滝があるとの看板が出ていたしたので、昼食後、しばしブラブラ滝見に向かう。

大分火照ってきたので、マイナスイオンで癒されようconfident


Imgp0795


エイドポイントの近くにあったお菊の滝





Imgp0800


少し山間に入って、200メートルほど行けば到着します♪












Imgp0802





結構、落差のある滝でした














Imgp0803


水も透明に澄んでて気持ちいい♪








しかし、ココにもいましたshockにょろっと長い、例のヤツ。
沢辺の岩場に居座っております。みんな平気な顔して見てたけど、私はコヤツが大の苦手ときたもんだcrying
黙って一人、そそくさと滝を後に退散ですcoldsweats02coldsweats02coldsweats02



Imgp0806


その後、川原に降りられるポイントがあるとの事で、皆で移動




Imgp0808


水の綺麗な黒部川の畔でしばしのくつろぎタイムですhappy01





Imgp0810




















Imgp0818









Imgp0820














やれやれ、随分まったりポタリング。
折角の四万十川ですから、たっぷり楽しまねば来た甲斐ないってもんだい( ̄^ ̄)エッヘン

それにしても、スタッフの女性陣も参加者の女性陣も、みんなカワイイ、綺麗な方揃い。
そういや、「幡多美人」って言葉があったっけ。
西土佐の人たちは、皆総じて幡多美人さん揃いですconfident



Imgp0824

後は来た道引き返しての復路路につきますhappy01





Imgp0828


日差しが出てきて、周囲の景色がより一層美しく華やぎますconfident


Imgp0835


そして、お約束の沈下橋。
アユ釣り用の長ーい竿で、渓流釣りを楽しんでいる方々がおられました。

あの竿、結構高いんですってcoldsweats02
ま、それぞれ互いに違う趣味。片や自転車、片や釣り。

お互い、道楽の無い範囲で、楽しみましょう♪



Imgp0847


さーてさて。
緑のトンネル潜り抜け、ゴールのカヌー館を目指すかなhappy01



Imgp0852


途中、水分補給のエイドポイント
コップが足らず、しばしコップ待ちsmile





Imgp0853_3


通行不能の沈下橋も、よく見える♪





Imgp0864


橋と私の自分撮り。
やれやれ、のんびりまったりサイクリングって、楽しいなhappy02happy02happy02






この後は、道の分かる人。走り足りない人はどんどんどうぞhappy02ってな感じに進行しました。
迷い人の私は、当然スタッフさんの後ろを堅実に進みますdelicious
だって・・・ね。折角まったりモードなのに、また変に彷徨って、気分台無し。苦しい修業のサイクリングになってしまっちゃ、勿体無いconfident



Imgp0870


スタッフさんの後をついて、赤鉄橋




Imgp0872


日差しの無かった午前中とは、また違った景色に見えますなhappy01




Imgp0876
ふらーりと突き進んでみれば、やっぱりまいかさんの後ろですsmile

やれやれ。今日は一日、ご苦労さまですconfident
おかげで、随分楽しめました♪


Imgp0883沈下橋の辺りで泳いでいる人たちもおりました。
いいなぁ、それgawk気持ちよさそで、オイラも一緒に泳ぎたいな・・・

Imgp0886


風がきついので、お先にどうぞ♪
まいかさんに促され、そんじゃお言葉に甘えて・・・

25キロペースくらいで流すかなthinkthinkthink



・・・って、ありゃま。
気付けば千切ってしまったcoldsweats01

Imgp0889


しばし、交差点ポイントの赤鉄橋橋の手前で待ってみましたが、確か真っ直ぐだったはず。

ま、ぶらーり流して行きますかconfident



・・・で、やってしまったcoldsweats01coldsweats01coldsweats01
真っ直ぐはヨカッタのですが、先に2分岐する箇所があります。

カヌー館に向かうにゃ左手に。ですが、私はふらーりと右手に走行。

・・・何だかおかしいと思ったんだよなbearing
だって、カヌー館に向かうには、左手に川を望みつつ進むはず。なのに私の行く手にゃ、川右手。それにカヌーするようなまったり優雅な川原に行くはずが、右手に見えるは渓流ばかり。

・・・やれやれ。
道を間違いましたとさcrying

ま、それも一つのご愛嬌。
貪欲に、景色を楽しんだと思えば、それも善しconfident



Imgp0891結構迷い進んで、割と飛ばし目に帰って漸く分岐点。

そうそう、よく見りゃ、道案内の看板も出てるのに、まったく私のおバカさんcrying


Imgp0894


それでも、何とかゴールに辿りつけましたconfident







いやー。今回は相当楽しんだhappy02
初っ端から、いらぬマシントラブルに逢ってしまいましたが、おかげでまったりとサイクリングを楽しめた。

結果的に、「しよい」コースが最善の選択肢。
四万十の景色を、思いっきり堪能する事が出来ましたhappy02happy02happy02

終始、後ろをお世話になったスタッフのまいかさん始め、折角なのでスタッフさんとも記念の一枚♪と思い写真をお願い。ついでに、その辺にいる方々も、ご一緒にどうぞ♪ってしてると、続々と人が帰ってこられますcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

でもって、思った以上に気恥ずかしいお誕生日会写真の出来上がり(冒頭写真)


しかし、今回いただいた完走証は、直前のコース変更の為に「がいな」の完走証。
いやはや、これで次回のリベンジ確定ですなhappy02ホントに「がいな」のコースを走りきるまで、この完走証はお預けにしておこうconfident


カヌー館前では、七夕祭りイベントが開催されていて、そこでの無料割引券なども参加賞として頂いておりましたが、帰るのが遅くなるbearingbearingbearingと入浴券のみ使用して、お風呂に浸かって、そそくさと帰宅準備に入ります。


Imgp0905やれやれ、すっかり楽しんだ♪
お風呂にも浸かってさっぱり、気分爽快。

久しぶりに苦しみのないサイクリングが楽しめましたconfident

Imgp0906


こうして、四国路を跡に、帰路につきましたとさconfidentconfidentconfident








P.S.
いやー、それにしてもお世話になった自転車屋さんの方にはお名前や、何処で自転車店をされているのかくらい、聞いておくべきだったdespairdespairdespair

元来、「ぼっち属性」な私なので、あまり知らない人にベラベラ話かけてしまうのは憚られ・・・
いずれ、またお会いする機会でもありましたら、是非、声でもかけてやって下さい。

勿論、私の方もお会いした際には、声をかけさせて頂きますので・・・

« 2013年奈良盆地一周シクロラリー | トップページ | 2013年土佐センチュリーライド嶺北・いの(高知) »

コメント

>のぶさん

どうもです^^
四万十は、ちょっとした里帰り気分で参戦でした。
2日間240キロのは、時期がちょっと・・・でしたねcoldsweats01

寒がりなので、2月頃のイベントはちょいと厳しい・・・
3月にあった、今年の琵琶一でも寒すぎでしたからねcoldsweats01

如何に南国土佐でも、盆地の旧窪川町付近が起点になるので、ちーとばかし寒さが厳しいかな・・・。来年は、もう少し暖かい時期の開催だったら、嬉しいですがhappy02

ちなみに次回(8月)も、またまた高知予定です。
こっちは逆に、暑すぎやしないかと心配ですが・・・くす

 こっそり四万十に行ってるとは!支流の黒尊川はキレイでしょう。来年は、2日で240㌔にチャレンジしてください。

megさん

どうも、ご無沙汰しておりました^^@OKです。

いやいや。こんなつたないブログでも、心待ちにしてくださるとは・・・何だか気恥ずかしい限りです(*^_^*)...

普段は、仕事行って、、、ビール飲んで、、、寝るZzz・・・の繰り返しなので、何らブログで語るほどの事もなく、チャリ・イベ事のみで更新してます。
なのでイベントが空いた時には、すっかり更新が止まり・・・冬場は寂しい始末です^^

さてさて、四万十は良かったですよ(*^-^*)
小ぢんまりとしていて、とってもアットホームな雰囲気でした。
9月頃にまた秋バージョンでイベントするみたいです。

10月にしまなみあるんですね!?
スポーツエントリーしかチェックしていなかったので、知らなかったcoldsweats01また、検討しておきます。

それでは。。。

OKさん

こんにちは!
ブログ、心待ちにしておりました!

いや~、いいところですね、高知県。
私は行ったことないんですが、
行ってみたくなりました。

あの、ガードレールのない橋、
最高にいいですね~。

それはそうと、、、
しまなみサイクリングが今日からエントリー開始ですよ。

少し遠いですが、参加してみようと思いますが、
いかがですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/57747941

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年しまんと散輪写-夏(高知):

« 2013年奈良盆地一周シクロラリー | トップページ | 2013年土佐センチュリーライド嶺北・いの(高知) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ