フォト
無料ブログはココログ

« 2013年しまんと散輪写-夏(高知) | トップページ | 2013年益田INAKAライド(中止) »

2013年8月 6日 (火)

2013年土佐センチュリーライド嶺北・いの(高知)

8月4日。
高知県は土佐町で開催された「2013年 土佐センチュリーライド嶺北・いの」大会に参加してきましたhappy02happy02happy02
前回の「しまんと」に引き続いての高知県第2弾。今回は、どんな事になるのやらsmilesmilesmile

Imgp1032

コースは170キロの「たまるか」と90キロの「ぼっちり」の2コース。私は当然「ぼっちり」です((= ̄^ ̄=)フンッ。。。しかし、高知県のチャリイベのネーミングは面白いですね。地元言葉で、コース内容を的確に表現しておりますな^^。「たまるか」はたまらなく(大変だ)の意で「ぼっちり」はほど良い・丁度良いの意味です。

しかし、この土佐センチュリーライド参加者のブログを拝見するに、みんな総じて強者揃いcoldsweats02coldsweats02coldsweats02勇ましいブログばかりで、私なんぞが参加するのは、ちょいとオコガマシイのかしらdespairdespairdespairと心配するほど。でもでも、ご安心あれconfidentフルコースは猛者ばかりなれど、ハーフは初心者・中級者でも十分に参加できます。


そうそう、少し脱線しますが、前回のしまんとの時に傷めたディレイラーバーの不具合ですが、帰岡後、早々に自転車屋さんで見て貰った所、問題無しとの事。大会当日、修理頂いた方の適切な処置に大変感謝ですwinkwinkwink

ですが、ギヤの暴れっぷり(アウターが、どんなに調整してもストレスを加えるとガガッと踏み外す感じになりますT_T)が収まらず、チェーンを交換して貰おうとお願いすると、古いスプロケと新しいチェーンでは相性が悪い事があるので、スプロケも一緒に交換した方が良いですよhappy01と勧められ、言われるままに。

そんでもって、スプロケのギヤ比はどうします?と聞かれ、アレコレ話をしてみるに、現状と同様の25Tでってな事になりました。

いやいや私は随分とマシンに疎く、「自転車とは、動力は所詮人の脚力。マシンの要素なんぞは、わずか数%だ」と勝手な自論を展開しつつ、さっぱりマシンにお金をかけず。
・・・というより、ビンボーでお金がかけられないのよねcryingcryingcrying出来ればそろそろ、フルカーボンスペックに乗り換えたいな・・・

Imgp0912



でもって、新品のスプロケと・・・

Imgp0913





チェーンに生まれ変わって新生SIERAちゃんの完成ですhappy02happy02happy02






Imgp0914


そんなこんなで話が飛びましたが、ギヤの具合はすっかり良くなり、気持ちよく今日一日を走りきることにします。。。


Imgp0941 午前6時。
出発の会場となる道の駅さめうらに到着。
雲は多いながらも、お天気は晴れ模様。
いやはや、暑い一日になりそうです。
Imgp0942






自転車も降ろして、準備OK





Imgp0944 さーてさて。
今日も一日、がんばるかなconfident












最初は設営スタッフさんしかいなかった会場にも、続々と人が集まり始め、受付が開始されました。今年は、総勢で460名ほどの参加とか。年々参加者の方が増えているとの事。
いやはや、嬉しい限りだ。こうして自転車人口が増えて、あちこちで色んなイベントが増えれば、参加の楽しみが増えますからねbleahbleahbleah


Imgp0948


間もなく受付も開始され







Imgp0949



無事ゼッケンプレートも装着♪



Imgp0952




まずはフルコースの方々から出発を開始し・・・






Imgp0953 私達、ハーフの者はその後からの出発となります。
何はともあれ、出走前の自分撮り。
今日は随分と、暑い一日になるんだろうな・・・





さてさて、出走を待って並んでいる間のひとコマ。
先にスタートするフルコースの人はもういないか?とスタッフさんが確認して回っておられた。

「おーい。白ゼッケンの人は、もうおらんかぇ?もう、出発するぞね!!さっき、向こうの方におったやろ???はよぉーこんと、出発するぜーーー!!!」

やれやれ、スタッフおねーさん。ご苦労さまですsmilesmilesmile
懐かしの土佐弁にほっこりさせて頂きましたconfidentconfidentconfident


Imgp0956

さーてさて。
いよいよ出発。がんばるぞー(^o^/






Imgp0957
まだ、涼やかな午前8時30分。
いよいよ、私達の組が出発しました。






Imgp0958 でもって、ものの10分もしない内に車列から置いていかれ・・・
ついでも後ろの車列からも、更に後ろの車列からも置いていかれるdespair
コレコレcoldsweats01みんな、どうなってるの?
如何に序盤の平地であろうとも、巡航速度は30キロオーバーですか?
わたしゃのんびり参りましょう・・・


Imgp0959 コースはゆるゆる上りに差し掛かり・・・ダンゴになるかと思いきや、綺麗に車列をなして皆私を追い越していく・・・
やれやれ、ココには猛者しかおらぬのか???
序盤から強烈に洗礼を浴びせられますなsadsadsad



いやーcoldsweats01coldsweats01coldsweats01なるほど。
昨年や一昨年の皆様のブログ通りですな。みんな猛者揃いで、序盤から随分面食らってしまいました。
ま、他人(ひと)は他人(ひと)。自分は自分。あくまでも自分のペースを乱さず行けば良しconfident
一時の雰囲気に、このままじゃどんどん後退していって、最後尾まで落ちるのか???と本気で心配しそうになりましたが、この500人近い人間が、総じてそんな人達ばかりじゃ怖過ぎる。。。ほど無く自分のペースをつかんで、堅実に進む事に専念します。


Imgp0960


ここからはダラダラ上りが続きます





Imgp0961




行けども・・・





Imgp0962




行けども・・・





Imgp0963


行けども上り・・・
やれやれ、上り飽きましたなcoldsweats01
ロングライドでのがっつり上りは久々で、すっかり足腰がくがくですwobbly
Imgp0964_2



しかし、そんな上り地獄もようやく終えて・・・





Imgp0965



下りのトンネル越えると・・・




Imgp0967






最初のチェックポイントに到着しますhappy02happy02happy02








いやはや疲れたwobblywobblywobbly
加えて日差しも出始め、かなり暑いsadsadsad
真夏のロングライドは堪えますな・・・
それでも山間の中を走るので、木陰や涼しいトンネルなどで何とか凌げます。
普段は忌み嫌うトンネルも、ここじゃ通行量もそんなに多くないので、クールスポットとして大助かりでしたconfident


Imgp0968


チェックポイントで通過のチェックを受けて




Imgp0969





やれやれ、一息confident
今日は一日、かなり暑いですsun


Imgp0970
そういえば、このチェックポイントでこんなものを見つけましたhappy02
何々???ハイクリングとな。。。
4月中旬から11月初旬までやっていて、ちょとした登山道をハイキングした後、自転車でふらりと走り、最後は温泉spaspaspa
いいな、これhappy01happy01happy01
実に楽しそう♪
また、検討しておこうφ(゚ー゚*)メモメモ
Imgp0971

さーてさて、楽しげなイベント情報も発見できた事だし、そろそろ出発しますかなhappy01








ここまで散々上ってきたので、そろそろ上った分だけしっかり下るのでしょうconfidentと思っていましたが、大間違い。上りはこの第一チェックポイントを越えた所から、更に本格化していきましたbearingbearingbearing
ですがこの辺にくると流石に皆さん、そんなにペースは上がらず。最初はこんな調子でどうするんだ!?って心配しましたが、やっぱりみんな人間だったsmilesmilesmile
ま、この辺になると猛者達は最早先に出発し、同レベル程度の人達が固まってくるのかもしれません。。。


Imgp0972


しばし綺麗な川辺を眺めつつ走ってみると・・・





Imgp0974



またまた段々と上り体勢に入っていきます




Imgp0975




雲は多いが日差しがきついdespair
それに上りの傾斜も徐々にキツさを増してくるsadsadsad
やれやれ、暑い日差しの中を上り進むは堪えますなbearingbearingbearing





Imgp0978





道は何処までも果てしなく上り続けます


Imgp0980
ひーはー、ひーはー。。。
標識見るにいの町に入っておるのね。
私は高校時代。このいの町に暮らしておりましたconfidentと言っても、市町村合併して随分広いエリアがいの町なのでしょう。私の住んでいた所は、こんな山の中じゃありませんでしたからね

Imgp0981 おぉーー!!前方にトンネル発見shine
あそこに入れば、少しは涼めるぞcatface


Imgp0983






そんな長い峠も制して、下りに差し掛かるトンネル前で給水所がありました





いやー、随分しんどいwobbly
たかが90キロ程度と侮る無かれ。
この真夏の暑い中の峠越えは、結構堪えます。。。
なんだかもう100キロほど走ったか???のような疲労感がありました


Imgp0984 給水所では冷たい氷水。
おぉーそれ、それ!!!今欲しいは冷えたビールやポカリでもなく、そのキンキンに冷えたお水なのですlovelylovelylovely


Imgp0986 ボトルに残った生ぬるいお水はじゃばじゃば頭からかぶり、冷たいお水に入れ替えてしばしのひと時。
いやはや、少しは生き返りましたhappy01


Imgp0987



さーて、ここからは下りだ
ぼちぼち参りますかな・・・

Imgp0988




ところがそんなに甘くなく、上った分だけきっちり下ると思いきや、だらだら上ったり下ったり・・・
この辺までくると、ちょっとした上りでも、随分堪えますbearing





Imgp0990



次なるチェックポイントである道の駅の看板標識が見えてきたhappy02
何なに???
・・・後10キロですかdespairdespairdespair
まだまだ先は長いですなsad

Imgp0992



それでも何とかさめうらダム湖を眺めつつ・・・




Imgp0993








ぜい、はー、ぜい、はー、こぎ進めると・・・







Imgp0995




第二チェックポイントに到着しましたhappy02happy02happy02








いやはや、これは堪えたbearingbearingbearing
この頃になると足はすっかり重くなり、上る坂道の行程は、最早、鈍牛並みです。。。

いつもの如く、ぱちぱち写真を撮っておりますと、スタッフさんから声をかけられました。

「あのーーー
昨年も来られて、ブログ書かれてた人ですよね!?」

!?

「いえいえcoldsweats01僕は今年、初参加でして・・・」

・・・くす。
やれやれ、人間考える事はみな同じなのですなhappy02
お察しの通り、僕もブログ用にパチパチ写真を撮り貯めておりますが、昨年の方とは違うので、変に誤解されると昨年のその方に大変失礼だ。

来年、同じように声をかけられたら、胸を張って

「そうです((= ̄^ ̄=)フンッ
ブログの私です((= ̄^ ̄=)フンッ((= ̄^ ̄=)フンッ((= ̄^ ̄=)フンッ」

と答えておきましょうconfident
ま、何もそんなに威張っては答えませんがsmilesmilesmile


Imgp0996


このチェックポイントには、嬉しい塩分補給の梅干し&しそImgp0998




だけどこれ食べると、胸やけがするんだよなdespairdespairdespair逆流性食道炎ってヤツですか???
やれやれ、体の中身は確実に年老いていっておりますなweep

Imgp1001チェックポイントにあった峠の茶屋にて昼食を・・・と思いきや、私の手前で食材(うどん&おそば)が切れたdespair
他にご飯物無いの?って聞くと売り切れ模様。もうすぐうどん、そばが来るから待ってね。と言われ一旦列を離脱。。。

するとその直後に食材到着。
・・・やれやれだgawk何とも間の悪いタイミングにて、再度列に並びなおしておそば(キジ)を注文。
すると今度は、うどんを沢山準備していて私の後ろの人から先に消化され・・・ついでにキジそば頼んだものだから、後ろの山菜そばの人よりも後回しbearingbearingbearing

つくづくも、間の悪い一日だweep


Imgp1003
それでも何とかおそばを食す事が出来ましたhappy02

・・・やれやれ、都合30分ばかりロスったなcrying

Imgp1005





昼食も食した事だし、残りの行程頑張るか!!!








昼食後、しばしぼんやり座っていたら、向いに道の駅がありました。
なーんだ。あっち側に行って食事すれば良かったのか!?何だかみんな、ここのうどんとおそばに並んでいたので、気が付かなかったcoldsweats01

でもって、この先のコースを確認している人の話し声が聞こえてきた。

「下ってトンネルの手前を左折ですよhappy01

この情報は大いに役立った。
私は何も考えずに走っていたので、これ聞いてなきゃ確実にトンネル方面に行ってたな。
トンネル手前の左折ポイントも下っていたので、間違えてるとひどい目に遭う。慎重に他の人たちの動向をチェックして、左折ポイントを下りましたconfident


Imgp1006_2さーてさて。
ここから爽快な下りに入りますかなhappy02

対面を一生懸命上ってこられる方々は、フルコースに参戦で折り返してこられた方々。

やれやれ、お疲れ様です。
せっかく下った所をまた上るなんて、みんな元気だなcoldsweats02


Imgp1007途中後ろからこられた老練なちゃりだーさんから
「サドル・・・気持ち下げた方がいいですよ♪」
と適確なアドバイス。
さんくすです^^。トゥークリップいっぱいに足を入れて走ると、なるほど膝が伸びきってるな・・・。ペダル位置を浅目に踏みかえ取敢えず調整。サドルはまたゴールしてから調整してみようconfident

Imgp1010下りきっては早明浦ダム湖周囲を周遊します。
これが上ったり、下ったりで大変だwobbly
最早、足もヘロヘロなので、ちょっとした上りでも大層堪えますdespair


Imgp1015例年、この夏場の時期には水不足にてこの早明浦ダムが干上がっている様子がニュースになりますが、今年はそこまででも無さそうですなconfident


Imgp1014


そしていよいよ土佐町に帰ってきた。
やれやれ、ゴールはもう間近だな



Imgp1016


ダム湖に架かる橋を渡ろうとする頃に、ちょっとポツポツ降ってきた。
ついでに雷thunderゴロゴロいっている。

こりゃウカウカしてると、どしゃーっと一雨きそうだなthinkthinkthink




Imgp1017そうして折り返しのチェックポイント。
ハーフの私は、当然ゴールを目指します。
また、時間的にロングの人も、折り返しを断念する頃合いですな。。。



そして、やっぱりやってきた。
突然のドシャーっと激しい豪雨ですrain紙一重で、チェックポイントInしていたので、屋根のある休憩場で雨を凌ぐことができました。

やれやれ、あと5キロ弱って所なのに、まったく、もーーー!!!だ。
お昼の30分ロスがなけりゃ、雨に遭わずにゴール出来たのにな・・・


Imgp1018


休憩所で一息ついていると・・・




Imgp1020



やってきました。激しい豪雨。
最早進むことができませんdespairdespairdespair

しばし雨脚が緩むのを待ちます


Imgp1021

雨脚が弱まった所で出発。
しかし、トンネル入ったころにまた土砂降り
しばしトンネル内で雨宿り


Imgp1022


そんなこんなで、進んでは雨宿り・・・を繰り返してゴールを目指します。





Imgp1023


最後は降りしきる雨の中。
這う這うの体でなんとかゴールです。






いやはや参った、参ったwobbly
この雨、まるで私の挙動を見ているかのようにピンポイントに降ってくる。
ゴール後、しばらくしたらすっかり雨は上がりましたangryangryangry

・・・まったく何だかなーーーgawk

つくづくこの日はタイミングに泣かされた。
それでも、カンカンに照らされまくるよりは、まだマシだったのかな?
真夏の日晒しにさらされつづけると、干上がってしまいますからねcoldsweats01

ガッツリ上ったり、暑い思いをしてみたり、なかなか食事にあり付けなかったり、土砂降りに遭ってみたり・・・と何だか色々ありましたが、総じてみれば楽しかったな♪

何だかんだで、やっぱり私も自転車者。
マゾッ気満載で、苦労もまたたのしと満足な一日でしたとさ。

Imgp1024ゴールのチェックも受け、お土産もしっかりゲット。
到着時間は午後2時15分ごろ。
走行タイムは5時間44分ほどでしたhappy02


Imgp1025

ゴールの記念に写真も撮ってもらって家路につきました。

・・・それにしても何だかなdespairdespairdespair

今頃になって、すっかり雨があがってんじゃんangryangryangry


・・・くす

« 2013年しまんと散輪写-夏(高知) | トップページ | 2013年益田INAKAライド(中止) »

コメント

>ハナミズキさん

おや?まぁ( ̄▽ ̄)!!そりゃ、どうもです(^-^;
適当にあちこちパシャパシャ撮りまくっておりますので、また、かち合ったイベントに行かれた際には、是非ご自身の姿を探してみて下さい♪

ワタイが写っているじゃん!!びっくりしたよ~

megさん

コメント、どうもです^^
確かにこの時期の雨は気持ちいいですよね♪ですが、この時の雨は目も開けていられなくなるほどの大粒の雨で、ちょっと大変でした(^^;

他の参加者の方々のブログも見てみましたが、みんな同じように雨に遭ったようで・・・大変だ(くす)

それにしても、相変わらずの猛者ブログばかりで、私の如くのちんたらブログじゃ、ちと恥ずかしいな・・・

ま、基本私は競技志向ではないので、あくまでものんびり旅乗り感覚で楽しみます。

さてさて、SHIMANOの袋の中身ですが、パンフレットやサイクル雑誌が少々と、手拭タオル。後、地元酒のワンカップ(^^wwwってな所でした。

ハーフは割とのんびり楽しめますので、おススメですよ♪

土佐センチュリー、お疲れ様でした。
高知、やっぱりいいとこですね!

この時期の雨は、気持ちいいですよね!

最後の、「SHIMANO」の袋の中身が、
気になる・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/57930458

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年土佐センチュリーライド嶺北・いの(高知):

« 2013年しまんと散輪写-夏(高知) | トップページ | 2013年益田INAKAライド(中止) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ