フォト
無料ブログはココログ

« 2013年ツール・ド・しものせき(山口) | トップページ | 2013年愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング »

2013年10月21日 (月)

2013年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知)

10月20日(日)
愛知県は田原市で開催された「渥美半島ぐる輪サイクリング」に参加してきましたhappy01

Imgp0988


コースはAコース(約100キロ)Bコース(約60キロ)Cコース(約30キロ)の3コース。私はAコースに参戦ですhappy01happy01happy01

それにしても愛知県は渥美半島。岡山からはちと遠し。なので、前日より前泊Inしての参戦です。昨日は一日、曇天やや小雨な一日でしたが、本日めでたく・・・雨でございます(-_-X)
やれやれ。最早、中止じゃなけりゃ何でもいいやcatface
前泊した宿は会場まで2,3キロの距離。万全の体制にて臨んだにもかかわらず、受付時間は開会式が始まった後gawk ・・・やれやれ、いけませんなcoldsweats01あまり余裕過ぎても、緊張感が緩みます。程よい緊張感を持ってなくちゃthinkthinkthinkだな。


Imgp0877


お天気、あいにくの雨模様rainsad
まだそんなに雨脚強くない。
少しでも晴れ間が出ないかなthink


Imgp0878
受付。午前7時から。
開会式は午前8時から。ノンビリお宿でご飯を食べて出てきてみれば、開会式の最中に受付に並ぶ事態にbearing

Imgp0879スタッフさんの背中にも、しっかりぐる輪サイクリングのロゴがある
^^
やれやれ、開会式の最中は、受付一旦ストップです。早く終わらないかな、、、開会式
Imgp0884


それでも何とか受付済ませ、そそくさとスタート位置に移動しました。







それにしても流石は都会の大会だ。
参加者は全部で2000と数百人との事。・・・二千数百???そんなに人がいるかしら???
smilesmilesmile
そうです。本日、一日雨模様。一応大会は開催されたものの、この天候を見て当日敬遠された方が多数いたと思われますcoldsweats01
私も近場の大会ならそうしたかも。ですが、遠方より前泊にて出張ってきたからにゃ、少々の雨にて泣き言なんか言ってらせませんcatfacecatfacecatface当然「参戦」の二文字しかありませんsmile



Imgp0885受付で貰ったスポーツ羊羹。スポーツ・・・って、ただの羊羹じゃんsmile
だけどコレが後程、大いに役立ったconfident

Imgp0886


スタートは、まず私たちAコースからになります。雨も少し小雨になってきたかな?
少しは晴れ間が出ますようにbearing



Imgp0889


お天気悪しなので、いまいち気分的に盛り上がりに欠けますが、出発前の自分撮りcamera



Imgp0890
8時30分スタート開始だったのが、5分早めて25分からスタートが始まる。
そしていよいよ私達もスタートです


Imgp0891
ご出発を見送って下さったのは、オールスポーツのおねーさん。
折角のカワイイお顔も、雨合羽のせいで台無しですなcoldsweats01


Imgp0894
そういや中止はともかく、一日中雨でした。なんていうサイクルイベントは「のと」の3日目くらいだったな・・・
このお尻に溜る独特の跳ね上げ感覚がたまりませんcryingcryingcrying



なんとかスタートは切れたものの、お天気、一向に回復の兆しを見せません。
それどころか、走り始めるとドンドン雨脚は強まってくるsadsadsad
10月も後半となると、少し秋めいてきて少し肌寒い。その上、びっしょり濡れて走るは、もっと寒いcrying
そりゃ、本日敬遠された方々は、みな正解だ・・・



Imgp0896


それでも皆。荒行にでも臨むかの如く、黙々とペダルをこぎ進めていきます。



Imgp0898
コースは少しのぼりに入り・・・普段なら、暑いだの、ツラいだのとほざく所ですが、この日は雨ざらしで体温下がってくるから、少々の上りで体が温まる方が有難いcoldsweats01

Imgp0899


上りを過ぎれば平地にて。
信号待ちしてると、体が冷えますなshock




Imgp0900


その後、車道をそれて田んぼ道。
やれやれ、またまた雨脚強まってきた・・・


Imgp0903


降りしきる雨の中。みな懸命に先を急ぎます





Imgp0905
やれやれ。信号待ちだ。
こんな日は流石に「しものせき」の時のような沿道の応援もなく、逆に「何だ?コイツらgawk」と冷ややかな視線を感じます。ま、気のせいでしょうが・・・

Imgp0906_2その後、ちょっと走って、ばいーんと上って急激に下って・・・ハイ(-_-)いちいち、写真なんか撮る気もしなかったので、言葉だけの説明ですが、何か???
くす。写真撮る余裕も無いような上り、下りでございましたcoldsweats01
Imgp0907


・・・でもって急激に下ってみれば、海に出ましたhappy02happy02happy02




Imgp0908

別段、休憩ポイントでも何でもありませんが、みんな思い思いに写真を撮っていたので、私も漏れずにセルフ撮りcamera


Imgp0909


しかし、残念なのは・・・






Imgp0910


天気さえ良けりゃ、美しい景色だったろうに・・・な(T_T)









ここからが渥美半島の醍醐味。
太平洋のオーシャンビューを眺めながら、まったりサイクリングを・・・となる予定の場所も、この有様ですannoy
天気が悪いと、先の展開が早い。休憩ポイントや景色スポットなど、いちいち立ち止まると体が冷えるので、黙々と前進。
・・・コリャ、モハヤ、シュギョウ ナリweepweepweep


Imgp0912


そそくさ出発。
きっとこの景色も素晴らしいんだろうな・・・




Imgp0914
その先では、サーファー達が大会をやっておりました。当然、スルー。
天気がよけりゃ、絶対立ち止まって見ただろうなcrying

Imgp0915
私の好きな南国パラダイスな雰囲気のこの場所も、今はただ物悲しく感じるのみ。
ひたすら黙々と前進です。


Imgp0920


そして雨脚がより一層強まった頃、最初のエイドポイントに到着です。






やれやれ。
きっとこの区間でも、天気が良けりゃ綺麗な写真と、たくさんのコメントがあったろうに、粛々と寒さに耐えながらのサイクリングじゃ、何もお伝えする要素が無い。
逆に、自虐的にいかにツラいかcryingcryingcryingってな事、綴ってみた方が筆が進むなぁcoldsweats01



Imgp0922


エイドに入っても、皆さんの表情に安堵感は見られません




Imgp0923


物悲しく補給をいただき・・・






Imgp0924





可愛そうな私の自我撮りですwobbly






・・・とまぁ、あんまり「ツラいツラい」を連呼しても仕方ないので、それなりに楽しんでおりました。だって、ねぇ?誰が本降りの雨の中。せっせと自転車で走りますか???そんな経験、チャリイベでしかあり得ませんからsmile
立ち止まってみててもしょうがないので、ひたすらゴールを目指します。
景色はいまいちですが、やっぱり知らない土地でのサイクリングは、旅乗り感覚でそれなりに楽しいhappy02
学生時代は、テント一式持って旅乗りをしていたので、途中途中での少々の悪天候も已む無しと、雨の中でもよく走ってみたものです。
物は考えようだthinkconfidentthinkconfident
普段、しない事をしていると思えば、これもこれで、いと たのし・・・



Imgp0925

寒いので、当然さっさと出発
スタンプ押してもらうチェック用紙は最早ボロボロ。用をなしておりませぬなsmile

Imgp0929


再び田んぼ道から自転車道を進んでみれば・・・




Imgp0931





雨のオーシャンビューにたどり着くsmile


Imgp0934





これがまた、関心するほど何処までもまっすぐな一本道。
天気さえよければ、美しい太平洋のロングビーチを眺めながら、ゆったりサイクリングを楽しむんだろうな・・・







Imgp0938


多くの見どころはまた次回。
ってな訳で、さっさと先を急ぎます



Imgp0941
しばらく進むと、今度はばいーんとガッツリ。上りの登場^^
普段なら忌み嫌う上り道も、体を温めてくれる今はちょっとウレシイhappy02

Imgp0943上りきってみると、眼下に美しい(であろうcoldsweats01)オーシャンビューが広がります。
普段ならきっと、立ち止まりスポットですが、当然スルー。通過中のシャッター切りですwink

Imgp0944


その後、淡々と自転車道を進みみると・・・





Imgp0945


階段ですかwww
まさかのちゃりいべコースに、階段が登場www
ちょいと珍しいので、思わず立ち止まり、昇っていく人を撮影ですdelicious









Imgp0946


そうして第二エイドポイントに到着しました








この第二エイドポイントは、渥美半島の先端。恋路ヶ浜のある伊良湖港入口にありました。
ここは一つのメインの場所だったはず。先端にある伊良湖岬灯台に恋人の聖地モニュメント。本来ならば、撮影ポイント満載なこの場所も、寒い寒いと何処にも立ち寄らず、さっさと出発しましたが、何か???

全ては記念品内にあったガイドブックにて、後付けで知りました^^
だって・・・ねぇ。雨は容赦なく降り続け。当然、観光客なんぞは一人も見えず。いるのは私達、ただただ奇特な人々のみですからdelicious



Imgp0949


雨の中のエイドポイント





Imgp0950


周りに見えるは、ただただ奇特な人々の群れsmile





Imgp0952

エイドスタッフさん。
「ハイ、はーい。皆さん、どんどんバナナ食べて下さいね~。たくさんありますよ~。食べ放題ですよ~。持って行ってもらっても、結構ですよ~~~
・・・1500本以上、余りそうですよ~crying

・・・いっぱいに積み上げられているバナナの箱が物悲しいですなsmile

Imgp0953


取りあえず奇特な私もセルフ撮りcamera

smilesmilesmile






やれやれ。
これで「ぐる輪」の半分。岬の先端までやってきた訳ですが、ここから残り半島をぐるっと回る。距離にして、40キロ弱走行してきたので、残りの行程半分ちょっと。
寒さゆえに展開が速いので、13時30分にはゴールできそうかな?



Imgp0954


さーてさて。
とまってりゃ寒いばかりなので、さっさと出発ですsad


Imgp0955
降りしきる雨は、止むどころかますます強くなるばかりですsadしかも、道路上は最早川になってるcoldsweats02
交通量がほとんどないのを良い事に、水溜りのない、道路中央部を快走します

Imgp0959
コースは少し内陸添いに変わります。
景色は一面、キャベツ畑。
おぉー。こんな光景もめったに見ないので、これはこれで結構いい眺めeye

Imgp0961


皆、一様に水溜りに苦労する。
重いんですよねdespairdespairdespair水溜りって・・・



Imgp0962


そして再び海岸線に・・・







Imgp0965


たくさん見えてる筏は海苔の養殖かな?
川からの濁り水にて、海辺もまっ茶色に変色していました


Imgp0967


そんな海岸線もぬけ、降りしきる雨の中・・・





Imgp0971


セクセク先を急ぎます。
やれやれ、川はすっかり濁りきってるな・・・




Imgp0973_2


さてさて、再び海岸線。
やれやれ、ここも綺麗なビューポイントだったろうにな・・・


Imgp0975


道の駅まで15Km。
ここが次のエイドポイントだっけかな???

最早エイドなんぞはどうでもいい。
早くゴールして、この濡れきった服を脱ぎ去りたい私(-_-)




Imgp0977


しばらく走り進めていると・・・






Imgp0978
小さな小学低学年くらいの子供さんを連れて走っているお父さん達を見かけだす。
Cコースの人達かな?この雨の中。ご苦労様ですconfident

Imgp0979
そろそろお腹も空いてきたwobbly
ここで活躍したのは、出発時に貰った羊羹ですhappy02
羊羹かじかじ進んでみると・・・アレあれ?ここは・・・

Imgp0980白ボケしてしまいましたが、そう、ゴールです。出発の時、「ガンバってheart01」の声援送ってくれてたオールスポーツさんの女性からの「お帰りなさ~いheart04」で出迎えて頂きましたhappy02(ちなみにはぁとマークは私の妄想smile

Imgp0983


あっけなきゴールに、しばしポカーンな私です









どうやら、天候悪化によって早めに切り上げさせられた模様です。
サイコン見るに、69キロほどになっていたので、30キロばかりショートしたのかな?
だけど、これは良い判断だ。
何せ、最早消化試合とばかりに、強制労働の如く走っておりましたから・・・



Imgp0985


ゴール後。
振舞われた暖かいトン汁。
いつもなら、ほっと一息の瞬間ですが・・・



Imgp0986


燦々と降りしきる雨の中。
この上、どうぬれても同じだと雨よけの無い露天の芝上で一気にかっ込むrestaurant


Imgp0987
メロンがどうの・・・言っておりましたが、そんなものは、むーし、無視でゴール記念写真を撮ってもらって、そそくさと駐車場に移動


Imgp0989濡れた服はさっさと脱ぎ捨て、はい、ぽーずcamera
人気もないので、一人裸でセルフ撮りsmile
貧弱な体を曝しながらさっさとお着替え。
やれやれ、少し温まってからようやく人心地confident

Imgp0990


さっさと帰って風呂に入りたし。
後は一目散に渥美半島を後にしましたとさ。。。







いやはや。まいった参ったwobbly
一日、すっかり濡れネズミ。
多少の雨なら、走らせろ!!!
これまで、中止の度に思ってみましたが、やっぱり天候が悪い時は中止ですconfident
無理やり、走ってみても楽しさ半減。修行半分な一日。
こんな事じゃ、これからサイクリストを目指そうか!?なんて人には悪い思い出しか残さない。

つくづく、そんな事を思った一日でした(おしまい)


P.S.
他の参加者の方々のブログを拝見して漸くわかったcoldsweats01
この日は悪天候にて、Aコースはヒルクライム抜きのBコースにコース変更しての出走だったんですねcoldsweats01
やれやれ、受付がギリギリになってしまっていたので、全然説明なんか聞いていなかったcatfacecatfacecatface

・・・なるほど。Bコースでも半島一周するんだな。別にヒルクライムには興味ないので、来年はBコースに申し込もう。到着時刻も12時丁度だったし、天候良くて、ゆっくり回っても15時くらいには帰れるだろうなhappy02

そして、その際は、今回堪能できなかった美しい太平洋の景色を楽しもうconfidentconfidentconfident

« 2013年ツール・ド・しものせき(山口) | トップページ | 2013年愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング »

コメント

>ぽちのりさん
コメント、どうもありがとうございます♪
それにしても、二男さんはナイスガッツでございました(゚▽゚*)

我が家は娘二人ですので、あまりスポーツ全般に興味はないようで…(^^; それでも、ま、時折旅行がてらに近くに時間を潰せそうな場所があるようなイベントの時は、家族を連れて行ったりします。
家族は私が帰ってくるまで、待ちぼーけですけどsmile

キャンピングカーで一家で移動。途中途中もノンビリしながらのイベント参戦。大変うらやましーo(>_<)o

くす。。。

コメント拝見いたしました。
我が家も、遠く東京からの参加でした。
去年も長男&次男&ぽちで参加。
天気もよく、道の駅でおやつに大あさり焼など
食べて休憩しながらゴール。
知多のサイクルサッサに誘われたのがきっかけでした。
天気の良い時に楽しむのが目的でしたが。
今回は、荒行のようで。
父親としては、気持ち良いサイクリングが好みですが。
一年に一回のサイクリングイベント。
次回は、マウンテンバイクのファミリークラスの耐久めざします。

>ササさん
ご覧のとおり、最悪なくらいの雨だったgawk
最近忙しくて、チャリは愛知行って以来、ずっと積み込んだままの状態で車の中にいるなsmileま、タイヤ外してあって、裏返しの状態で乾燥した車中にあるから、少しは乾くだろう・・・
最近欲が出てきて、フルカーボンバイクが欲しいけど、金がないからな・・・。当分GIOSのSIERAちゃんで頑張るかhappy01

ジャージはSHOKADAI入ってもいいんでぃ!!くす。
2’ndステージだし、あのロゴ俺たちのオリジナルだし、それより何より未だ商大にサイクリングサークル出来てないし(爆)

それじゃ、とびしまで!!!

お疲れ様でした。☂でしたか・・・。
マラソンは、秋晴れでした。
雨は、パンク率が高いのでパンクしない様に
気よつけて下さい。雨のパンク修理はさいやくですよ。
メンテナスとしてロードバイクに雨水が溜まっているので
出してくださいね。フレームの中が錆ますよ。
ウエアは、デザインが良いです。商大と書いて大丈夫ですか?

>nobuさん
大山は、そこまで天候崩れなかったんですね。
何よりでしたconfident
羊羹、確かにいいですね。嵩張らないし食べやすい。それに固型だから、腹持ちもいい気がします^^
スーパーで売ってる普通の羊羹は、1個百円もしないので、今後は持ち回ろうconfident

 大山は曇り時々小雨でした。
 ヒルクライム後の登山は、段差のある階段の上りが最初からしんどかったけど、シングルは順位がつくので、ゆっくりでも休まずに上りました。
 スポーツ羊羹は、ゼリーとカロリーが同じですが、かさばらないので愛用していますよ。今回は、もらったドラ焼きを食べました。

>Megさん
アハハハハ(^▽^)
・・・と最早、笑うしかない状況でございます(-_-|||
やっぱり、雨だと楽しくないですね>_<
ここ最近、週末ばかり狙って台風だの低気圧だのばかりがやってくる。何なんでしょうね???
いよいよ、この週末ですね。しまなみ。
私は昨年行ったので、今年は愛媛県のスポーツレクでのサイクルイベントに参戦予定です。
お互い、晴れる事を祈っておきましょうbearing

雨の中、お疲れ様でした。
今回もやはり雨ですか・・・

私は、今週末は「しまなみ」なのですが、
台風の影響で、これまた天気が・・・

おたがい、何かにとりつかれていそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/58424996

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知):

« 2013年ツール・ド・しものせき(山口) | トップページ | 2013年愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ