フォト
無料ブログはココログ

« 2013年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知) | トップページ | 2013年とびしまオレンジライド(広島) »

2013年10月28日 (月)

2013年愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング

10月27日(日)
愛媛県は砥部町で開催された「愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング」に参加してきましたhappy01

Imgp1126


お天気、最高sun台風一過のこの日は、雲一つない秋晴れの晴天。まさに「快晴」のサイクリング日和ですhappy02
先週の「渥美半島ぐる輪」では、雨嵐の中の苦行サイクリングだったので、今回は楽しみだconfident


Imgp0997
受付の開始される午前7時30分。無事に会場到着です。






Imgp1002


無事に受付&車検を済ませ・・・






Imgp1003


さーて、今日も一日。がんばろー(^o^/





Imgp1004

お天気最高。雲一つ無い秋晴れのこの日。朝は少々肌寒くなってきましたが、スポーツやサイクリングを屋外で楽しむには、最高のコンディションですhappy02

Imgp1012


さてさて、お召し物も変えて出走の時を待ちますかなhappy01







愛媛県は砥部町。
松山市と隣接していて、アクセスは大変良い場所。以前の石鎚ヒルクライムでの久万高原町よりは20キロほど松山市よりにあります。そしてその石鎚ヒルクライムの際は、よもや遅刻かcoldsweats02と大変ハラハラする思いをしたので、今回は早朝4時30分出発で、丁度受付開始時刻の7時30分に到着。
いやはや、何事も事前の準備が大切だconfident


Imgp1016
程なく、8時30分より開会式が開始され、愛媛県サイクリング協会会長さんの挨拶より始まって、コース説明が行われました。


Imgp1011コースはざっと砥部町を中心に76キロほどのコースです。
途中にかなりキツイ上りを有するこのコース。いつものノンビリロングライドとは違い、若干のセンチュリーランの要素(タイム計測有。愛媛県内の参加者のみ、順位計測有)があり、のんびりエイドを楽しみながらのサイクリングとはちと違うdespair
それに何やら今回はコース変更にて、石鎚ヒルクライムよりもきついヒルクライムが盛り込まれたとの事。その事により、4時間制限→5時間制限に変更してのコース設定が行われていました。


Imgp1019スタート順はゼッケン番号順に、10名1分間隔おきにスタートです。
私は9番。なぜゼッケン順が速いのかは不明coldsweats01ですが、こんな先の方の出発で大変恐縮coldsweats01coldsweats01coldsweats01
どうせ、どんどんゴボウ抜かれますから・・・

Imgp1022


何はともあれ、出発前の自分撮りcamera





Imgp1023


午前9時31分。私達、第二組目もスタートします。







序盤から、結構ハイペースに進行します。
街中の平地なので、巡航速度は35キロほど。信号待ちにいちいち阻まれますが、順調にスタートした2組の一団で走行していきます。
その内、後ろからばい~んと追い越して行かれる強者集団が現れ、徐々に車列は分断し・・・。私も今回は少し腕試しだpoutとばかりに懸命に走ります。
・・・ま、基本、写真撮り撮りのお楽しみは欠かしませんがsmilesmilesmile



Imgp1026
お天気良いので序盤からかなりハイペースに進行します。






Imgp1027


ですが、街中の道ではまだまだ信号待ちに阻まれる・・・





Imgp1028


いやはや、気持ちいい天候ですなhappy01
まさに絶好のサイクリング日和ですsunhappy02



Imgp1031


その後、すこーしずつ千切られていきながらdelicious順調に自分のポジションで走りますsmile



Imgp1035


その内コースは左折ポイントに入り、いよいよココからが上りのヒルクライムポイントに入ります。





それにしてもキツかったbearing
序盤のハイペースな展開に思わず追走していって足を使ってしまい、噂じゃ石鎚スカイラインよりもキツイから・・・なんていいながらも、ヒルクライムレースじゃないしgawk(ホジホジ)なんてタカをくくっておりましたが、何の何の。。。
この上りってば、相当キツイんでないのcoldsweats02以前、徳島で開催されたツール・ド・にし阿波のチャンピオンコースにも、己をわきまえず参加した事がありましたが、あの時くらいキツかったwobblywobblywobbly
ただ、ま、今回は総距離が76キロなだけに、何とか最後まで走りきれましたが・・・


Imgp1036
さーてさて。
いよいよ上りが開始されます。ここからは追走を気にせず、己のペース。順調?deliciousに順位を下げていきますsmile


Imgp1037
それにしても、みんな元気だcoldsweats01
順調に私を追い抜いていって、落ちてくる人、皆無ですsmile
相変わらず、抜ける人一人もおらずのヒルクライムdelicious

Imgp1039


それにしても、結構上るな・・・
そしてどんどん傾斜もキツくなってくるsadそろそろ中盤くらいなのかな???


Imgp1044


そんな私の思いとは裏腹に、容赦なく上りは続く・・・





Imgp1046


そして私の思いをぶち破ってくれたのが、このポイント。ひえ~shock何処までもグルグルと上り続いているんでないのさwobbly
なるほどcoldsweats01石鎚スカイラインよりもキツイwobblywobblywobblyってのは伊達じゃないのねcoldsweats01




Imgp1047


さてさて、頂上・・・な訳ないのは、下から見た景色で分かっておりますよgawk




Imgp1048_2


やれやれ、結構上ってきたよな・・・





Imgp1050


山の向こうに、海も見えてきたeye






Imgp1051


ですが、まだまだ甘いですよ~despair






Imgp1052


だって、もっと綺麗に見えてくる所まで上るんですからsmile




Imgp1054
Imgp1055ちょいと興味本位に上ってる自分の表情を自我撮りcameraフラフラしてると後ろから「抜きますよpout」と声をかけられ、どうぞどうぞcoldsweats01
やれやれ、遊んでいると危ないなsweat01



峠のほど終盤に給水ポイントnotes





Imgp1056


綺麗なおねーさんから、スポーツドリンクが手渡されますhappy02
やれやれ、ちょいと癒されたconfident







いやー、厳しかったbearing
最初に「かなりキツイ坂ですよcoldsweats02」との説明はありましたが、上ってみるとやっぱりキツイwobbly
結構いい運動になったってもんだい ̄^ ̄)エッヘン
しかし、不思議と気分的にはそこまでダメージ受けていない。
と、いうのはやっぱり天気が良くて、景色いいconfident夏場とは違い、日差しや暑さにやられる事もなく、清々しい気持ちで山登りが体験できるconfidentconfidentconfident
せっかくのサイクリングなんだから、少々のお山も無いとねwink
くす。。。やっぱり私も自転車者(じてんしゃもの)。マゾ集団の仲間入りですなdelicious



Imgp1058
さてさて、ここからは下り・・・と思いきや、もう少し上っておりましたcoldsweats02





Imgp1059


ですが程なく山頂に到着し、ここからいよいよ爽快に下りますhappy01




Imgp1060


下り始めて早々。今度は汗が冷えて寒いshock
なので、ウィンドブレーカーを着用し、再度下り始めますconfident


Imgp1061
しばし足休めの下りポイント。私はノンビリ下っていきますが、他の方々、ガシガシ踏み進めて下っていきますcoldsweats01
ま、私ゃノンビリまいりますconfident


Imgp1063


フラフラ下り進んでまいりますと・・・





Imgp1064
国道に戻って左折するポイントがあり。
誘導員さん「徐行で内側通行してください!!」と注意を促す。私は下りに誘われ思わず道路またいで右折する・・・gawk
おやおや?誰もついて来ないなcoldsweats01トンネル越えた所でUターン。すごすごと上り戻ってコース上gawkgawkgawk
Imgp1065


犬寄峠を下り進んで・・・






Imgp1066


麓の平地基調の道をセクセク進む。
やれやれ、ペースは上がらないので、相変わらずの追い越され基調wobbly

Imgp1071_2


しばしそんな感じに進行します








やれやれ。皆元気だなcoldsweats01
私ゃすっかりヘーロヘロwobbly70キロそこそこって、こんなにしんどかったっけなsad
それでもお天気よくて、景色が楽しめるので、なんだかんだと先を急ぎます。



Imgp1073
相も変わらない景色の中。
時折追い越して行かれる元気な方々coldsweats01





Imgp1077


私ゃのんびり景色でも楽しみますconfident






Imgp1079


うーん。これぞ日本の田舎の風景。
綺麗な小川に癒されながら、セクセク漕ぎ進めてまいります


Imgp1084
そんなのんびりモードの中。
後ろから追い越して行かれた一団が・・・
よーし、そろそろやる気を出して、追走してみるかbearing


Imgp1087やれやれ。せくせく綺麗に車列をなして追走してみれば、これまで追い越す事のなかった私でも、数名の方々を追い越せたhappy01
やっぱり車列の後ろは楽でいいですなheart01

Imgp1091


しばしそんな感じに追走していくと・・・






Imgp1092眼前のビアンキの方が脱落していき、おねーさまの後方にlovely
しかしおねーさま。強者ですなcoldsweats01ゼッケン220番台って事は、私よりも20分以上もアドバンテージを背負いながら、悠々と進んでいかれるcoldsweats02
Imgp1093しかし、ココにきて上り基調となった為、着ていたウィンドブレーカーが邪魔になるgawk
追走しながら脱ぐ事試みるも・・・上手くいきませんdespair
仕方なく立ち止まって服を脱ぐ。追走タイムはここで終了。最早追う元気もないので、またダラダラ順位を落とす。
Imgp1094
ここからまたまたダラダラ上り。
追い越して行かれる方々の中にも、流石に元気を失って、抜きつ抜かれつな展開の中、懸命にゴールを目指すbearing


Imgp1095


砥部町まで戻って来たって事は、ゴールは間もなくなのかな・・・




Imgp1097


そんな事を思いながらセクセク走行。
やれやれ、このダラダラな上りが体力奪うdespair
道の駅の看板見えてきたけど、そこがゴールかな?だったらいいな・・・







Imgp1100


・・・なんてな願望はあっさり打ち砕かれて道の駅はさっさと通過。やーれやれgawk




Imgp1101


しかしゴールの瞬間は突如おとづれ・・・






Imgp1102


何の変哲もない上り途中に突如ゴール地点が出現coldsweats02




Imgp1103_2


そうして待望のゴールですhappy02happy02happy02








やれやれcoldsweats01何とかゴールに辿り付けましたhappy02
それにしても、何の変哲も無い登り道。左に大きく曲がったな・・・と思うとゴール地点が見えてきたcoldsweats01
なーんだ。こんな事なら最後くらいは頑張ったのに、へーsadこらbearingひーwobblyってな具合にちんたら走行してみたら、ゴールでしたcoldsweats01なんてな感じのゴールです。

それにしても面白いもんです。
もう少し走れば、スタート地点まで戻るのに、この変哲も無き場所がゴールとは・・・
タイムの集計に手間取るんでしょうかねcoldsweats01このまま、まったりゴール地点で休んで下ってスタート地点に戻るまでの間。優雅に集計して完走賞を作るのか・・・考えたものですconfident



Imgp1105
せっかくなので、ゴール直後の自分撮りcamera







Imgp1106


やれやれ。
疲れたぴーwobbly






Imgp1108


仲間のいない「ぼっち」くんな私は、少し休んでスタート地点を目指してふらふら走行



Imgp1111


最早急ぐ必要もないので、またーりと下りながら、景色を楽しみますnotesshine




Imgp1112


やーれやれ。
疲れた、ツカレタsadsadsad






Imgp1114



山を下って、しばし進むと・・・






Imgp1116


無事にスタート地点に戻ってこれたconfident





Imgp1119


そして再び受付にて・・・







Imgp1120_2無事に認定書をゲットですhappy01
76キロの行程を3時間25分38秒。ガツンとヒルクライムも組み込まれたこのコースの中。貧弱な私にしてみれば大したものだ ̄^ ̄)エッヘン




お後はブログ写真の冒頭に使う写真撮影camera
いつも一人こっぱずかしいので、人気のない場所でひっそりとセルフ撮りdelicious
これが中々一発じゃ決まらないので、結構苦労するんだよな・・・smile

そして、お腹が空いたwobblyとそそくさと車に乗り込み帰路に着く。
今回は何の記念品もありませんなgawkgawkgawk

ま、タオルやボトルは散々溜って持て余してるから、別段この認定書だけでいいですけどねbleah
しかし、久しぶりにちょっと真面目に走ってみれば、ちょいと足腰が痛みますcryingやれやれ、やっぱり「ほどほど」なのが私向きcatface
ノンビリ旅乗りポタリング。今度はそんなイベントを楽しもうconfident

さてさて、これにて本年度。残す所は11月17日の「とびしまオレンジライド」のみ。
そろそろ寒くなりだします。また来年の暖かくなる時期まで、しばしの冬眠だsleepy

年内のラストを飾る次回も、是非、晴れるといいなhappy01



Imgp1127
お腹が空いたwobblyと「豚太郎」
四国にいた頃にゃ、よく食べてたなhappy02
久々に懐かしの味に触れてみようconfident



Imgp1129

消費したカロリー分と塩分をたんまり補給し・・・






Imgp1130


四国は愛媛の地を後にしました。とさ

« 2013年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知) | トップページ | 2013年とびしまオレンジライド(広島) »

コメント

>megさん
結構、走りごたえありましたね^^
最初の方こそは頑張って走っておりましたが、ヒルクライムが始まった途端、しおしお・・・といつもの「へたれペース」に戻ってしまいましたsmile
megさんは、今シーズン終了されたのですね。お疲れ様でした。
私は後1回。広島県のとびしま走ってきます^^。これは学生時代の後輩のササ君も出走予定なので、楽しみだ♪久しぶりに、一緒に走ってきますconfident
さてさて、来年の最初は・・・まだ決めておりませんcoldsweats01
ただ、「びわいち」は恐らく行かないと思います。私は基本、旅行気分にて一度出走したイベントにはいかず、新たな場所を見つけては、せくせくエントリーしております^^。それに「びわいち」は私には寒すぎた(>_<)・・・くす。
関西近辺行くときは、是非、お知らせします♪


>のぶさん
今回はまったり釣りですかhappy01何をするのにも、いい季節になりましたhappy02
僕は釣りは実家に帰った時くらいしか、しませんがsmileそれも波止釣り(爆)
12月のMTB。頑張って下さい。僕はその頃には、すっかり冬眠しておりますのでsleepy

 この日は、山口県上関沖で船釣りをしてましたが、絶好の釣り日和でも、朝一に鯛が1枚釣れただけ、誰にも、大物は釣れず。
自転車は、12月1日にMTB5時間耐久を残すのみとなりました。

OKさん

70キロ強にしては、手ごわそうなコースですね!
お天気もよかったみたいで、お互い存分に
サイクリングが楽しめましたね!

私もイベントは今年は終わりですが、
冬はMTBで遊ぶことにしました。

来年の初戦は「びわいち」でしょうか?

事あるごとにブログは書きますので、
今後ともよろしくです!

>pekoさん
コメント。さんくす♪(o ̄∇ ̄)/です^^
さてさて、今回はホントに天候良くて最高でしたo(*^▽^*)o

サイクリング。おススメですよ♪別段、そんなに敷居の高いスポーツでもありません。僕は、中級者としてロングコースやヒルクライムなんかの参加・紹介をしておりますが、エイドで美味しいものを食べ進む「ぐるめライド」やファミリー参加の2、30キロくらいのコースもあります^^

自転車だって、高級スポーツバイクを用意する必要もありませんconfident安価なものや、ちょっとしたおしゃれバイクなんかでも十分楽しめる。きっかけとして、何か安価な物でも手に入れるのも良いかもしれません(o^-^o)
その内、欲が出てきて僕のような「自転車者」になっていくかもsmile
そんな際には、是非、一緒に走ってみたいですね♪

こんばんは☆愛媛お疲れさまでした♪
今回はずいぶん上り坂があったようですね。運動能力の低いわたしにとっては完走すること自体すごい!と思ってしまいます。
しかし、素敵な景色を見ているとサイクリングしたくなりますねぇ^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/58468769

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年愛媛スポーツ・レクリエーション祭2013サイクリング:

« 2013年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知) | トップページ | 2013年とびしまオレンジライド(広島) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ