フォト
無料ブログはココログ

« 2014年ぐるっと浜名湖ツーリズム | トップページ | 2014年グランツールせとうち(広島) -1日目- »

2014年3月30日 (日)

2014年OCKサイクリングIn雲海

3月30日(日)

ちゃりちゃり2014第二弾。
岡山県は美作市にある大芦高原雲海にて開催された「OCKサイクリングIn雲海」に参加してきましたhappy02
Imgp1922


この日は生憎の雨模様。前日土曜日のお昼頃までお天気良かっただけに、実に悔やまれる感じですbearing
ですが雨天決行と書いてあったし、よっぽどの大雨と肌寒さでもなければ、当然「参戦!!」に二文字で臨んだ私ですsmile



Photo 当日の午前5時。
起床してみれば、何と昨夜の雨が上がってる♪気象衛星画像を見るにこんな感じ。
この雲の切れ間に入れば、ひょっとして・・・




そんな一縷の望みを託して会場に向かうは午前6時40分。
雨脚強まっておりましたが、何かgawk???
県内イベント。いつもの遠征と違い、自宅から1時間程度で会場入りできます。
受付午前8時から。スタート午前9時から。ちょいと早めに着いておくか・・・と車で向かう。

道中ずっと雨crying
もっと不安にさせたのが、雲海に上る道を走るに、一台の車も見かけないcoldsweats02
こりゃ、ひょっとして中止!?


Imgp1713
そんな心配はいりませんでした。
ご覧の雨の中、めげない奇特なちゃりだーさん達が既に来られておりましたdelicious



Imgp1715
しばし車の中で待つ事20分。
受付が始まりました♪
それにしても奇特な方々delicious
当然、私も含まれておりますがsmile


Imgp1716
受付表のはがきを出して・・・







Imgp1718 無事ゼッケンプレートGETです♪
ゼッケンプレートは申込み順で決まり、私は6番coldsweats01やれやれ、意気込んでみたものです。
ですがこのゼッケン順にスタートがきれるのでありがたい♪





後はスタートの時を車中で待ちます。
この日のイベント。以前、能登で知り合って以来、時折一緒に走るnobuさんも参加されます♪

nobuさんとは実は職場も繋がっていて、私の属する職場の出先の一つに出向で来られているのがnobuさんです。しかし、この4月から別場所への出向が決まり、かくいう私も、長年(9年)務めた本部勤めも終わって、同じく4月より出先へ出向。
通勤、片道60㌔。自転車で行くのか?と職場の人にからかわれますが、一回くらいは行ってみてもうよさそうだhappy02

そんなこんなもあいまって、nobuさんとは、さよなら会も兼ねる事になった今回のちゃりイベです。ま、互いにどっかのイベントで会うのは間違いありませんがsmile
それに情報交換のやり取りも続くだろうし・・・confident



Imgp1720
スタートの時を待っていると、開始時間を1時間遅らせるという知らせ。
トイレに行こうとすると、人が並んでる・・・


Imgp1721_3
タイムサービスでトン汁&おにぎりが振る舞われておりました♪
もれなくご相伴restaurant
やれやれ嬉しい朝ごはんriceball


Imgp1723
そしていよいよ1時間遅れでスタート場所へ







Imgp1726
ゼッケン順に2名20秒間隔でスタートします。ですが2,4,5のゼッケンの方がおりません。私も含む、前3組は単独スタート



Imgp1724
そうそう。いつものしとかなきゃね♪
出発前の自分撮り。
表情の変化に、要注目ですdelicious





単独スタートとなったおかげで、出発そうそう分岐点に迷いますcoldsweats01前の方も「右ですっけ?左ですっけ?」と互いに顔を見合わせ苦笑いsmile
多分、左だと思いますcoldsweats01
くす。何とも頼りないスタートとなってみた。



Imgp1728
雨も降り、霧の立ち込める中をスタートします







Imgp1729
単品出走の為、最初の分岐に戸惑う私達smile
やれやれ、のっけから大変だ





Imgp1730
ですが、元気の良い方たちがせっせと行って下さったので、お後を追走




Imgp1735 最初はガッツリ下ります。
そう、このイベント。最後にこれを上って帰る所がミソなのですdelicious
最後に7㌔のヒルクライムが待っている。しかも傾斜が10%以上の所もあってコリャ タイヘン ダwobbly
Imgp1740
チキンな私はそーろりそろり。
普通な人は普通に追い越していかれますが、のっけから転倒してちゃ敵わないbearing


Imgp1743

そうして、ようやく麓の辺まで下りてきたconfident








この麓の辺まで下りて来た時、何と雨が止みましたcoldsweats02
やはりスタート時刻を遅らせた甲斐がある♪お天気、明日に向けて回復基調でしたからねhappy02heart04
気温が高かったので、雨に濡れてもそんなに寒さは無かったものの、やっぱり濡れぬに越した事はありません。
俄然、やる気が高まりますpout



Imgp1748
麓のコースでは、依然走っていた単線路線の「備前片上鉄道跡」に作られたサイクリングロードを走ります。



Imgp1749
備前片上鉄道は、美作市からこの吉井川沿いを走っていた路線です




Imgp1751



基本、線路跡の自転車道なので、平地基調なのが嬉しいところ。
そして、何と言っても車両が一切通らない自転車道happy02
こりゃ、自転車乗りにとっては最高だlovely



Imgp1758 そして何と言っても春先の、この桜街道が素晴らしい♪
これでお天気良けりゃ、青い空とピンクの桜が絶妙のコントラストを醸し出して、最高の景色になっているbearing
Imgp1759




桜の花はまだまだ3分から6分咲き程度。
なので、来週末晴れてりゃ、もう一度ポタリに来よう♪
当然、上りは無しのサイクリングロードだけをねwink




Imgp1761

ココが線路跡だというのは、途中途中にある駅舎がそのまま残してある所が物語っております♪


Imgp1767








一人お花見ポタ気分の私を尻目に・・・






Imgp1770


みんなどんどん先に行かれますcoldsweats01





Imgp1771




だけど気にしませんconfident



Imgp1778



だって・・・




Imgp1779




こんなに・・・



Imgp1781




良い景色♪camera







ホントにロケーションの素晴らしい場所と季節ですcherryblossomnote
せくせく行くのはもったいないbearing
私ゃ、一日ポタリング♪まったり走って楽しもう・・・confident

ですけど、このコースの醍醐味は、何と言っても最後のヒルクライムですがねsmile



Imgp1794


吉井川沿いを走るこのコース






Imgp1796








車じゃ中々味わい難い情緒がたっぷりheart01








Imgp1801




田舎の山郷の景色も満載です♪



Imgp1808



綺麗な桜に促され・・・





Imgp1811




少し辺りの景色も・・・




Imgp1814



明らいできたhappy01







Imgp1816


そうしてコースの折り返し地点である和気町の「鵜飼谷温泉」が見えてきたeye





この雲海イベント。
実は、一昨年にも参加しましたconfident
その時は、「メディオフォンド雲海」という呼称でしたが、今回は名称が変更になっている模様です。

一昨年の際には春先非常に暖かく、桜は散った後だった。
今年は時期が絶妙にヒットしてますねhappy02

そして一昨年の年には、この和気町で別サイクルイベントが開催されており、今回とは逆回りのコース設定となっておりました。
なので、この鵜飼谷温泉付近がチェックポイント。

思い起こせば、このちゃりちゃりブログを書いてみようと思い立ったのが1年半前。
当ブログのプロフィール写真は、実は、一昨年前の雲海イベントの時のものですhappy01



Imgp1820


コースは鵜飼谷温泉に向かって、ぐるりと左折





Imgp1823



相変わらず沿道の桜が素晴らしい♪




Imgp1826


ここからは少々上り基調になってくる



Imgp1827



そしてすこーし日差しも出たりで暑くなってきたsad




Imgp1830


ですが、景色が明るいのは良い事だ♪





Imgp1831


少し青空も覗いてきて、気分も晴れ晴れsun





Imgp1832


進路を右手に取れば、八塔寺
ここもお山の上にある風情ある場所♪
八塔寺のヒルクライムイベントもあってみれば、ちょいと楽しいのかもhappy01
ですがコースは左手に向かいて、スタート地点を目指しますconfident




Imgp1835



それにしても暑くなってきたぞwobbly





Imgp1836



相変わらず元気のいい方々からは、どんどん抜かれていく私coldsweats01



Imgp1842


やれやれ、山頂はまだかしら???





Imgp1844


ようやく一旦上りの終わりが見えてきたwobbly








この頃になると、上着を脱ぐ方続出です。
かくいう私も洩れずにここで脱ぐ。
・・・ですが、この先は当然上った分だけ下るんですよねcoldsweats01
下ってみれば、汗が冷えて肌寒いbearing
上着を脱ぐタイミングって、上る前delicious
完全にタイミングを誤った私ですweep



Imgp1845



その先で、工事中で少しダートな狭い道




Imgp1847


下りぬければ、また上るgawk






Imgp1849


そうしてチェックポイントに到着します♪








このチェックポイントには2時間30分までで辿り着かねばならぬ足切りがあります。
距離にして37、8㌔程度なので、そんなに難しい訳じゃない。私は1時間50分程で到達しました。

それにしても3番手でスタート切って、私より後からスタート切った随分多くの人がこのポイントを抜けておられたcoldsweats01
いやはや、皆さん。素晴らしい♪

ま、私はあくまでもマイペースに行きますがねwink



Imgp1850 通過のチェックは自己申告にて行います。
当日朝の様子から敬遠された方も随分いるはず!?この様子だと、走っている方の半分は抜けて行ってる模様です。

Imgp1851



何はともあれ・・・






Imgp1852



補給だ補給♪






Imgp1853


オニギリと菓子パンで炭水化物をゲットして、コーラでカフェインチャージです♪



Imgp1854


やれやれSIERAちゃんもトラブルなくよく頑張ったぞ♪




Imgp1857


チェックポイント記念に記念撮りheart01
くす。
表情が少しお疲れねsmile

Imgp1860


さーて。残りも頑張るか♪









このチェックポイントを抜けると、いよいよヒルクライムポイントが到来します。
結構ここまでも足を使わされます。下手に無理してしまうと、最後の上りが持ちません。
なので、極力足を温存しながら、進みます。



Imgp1861

チェックポイント地点より、少々上って美作市。






Imgp1862



国際サーキット場脇を下り進みます



Imgp1865


そこから少し進むと・・・






Imgp1868


いよいよ最後の上り地点に向かって、なだらかに上っていきます




Imgp1874


出発の時に眺め見ていた吉井川の少し上流域を眺めつつ・・・




Imgp1875



ぜっほ、ぜっほと上っていきます。
ですがホントの上りはココを左折した所から・・・


Imgp1876







俄然傾斜角もキツクなり、距離も長くなってくるdespairdespairdespair








Imgp1878




だけどまだですよ。まだ。




Imgp1879

スタート地点の雲海に向かうココからが、ホントの上りが始まるのですから・・・
このポイント左折してみれば・・・
Imgp1881








更に長くて厳しい上りが待っているwobbly








Imgp1883




ゼイホ、ゼイホをこぎ進め




Imgp1884




周りに広がる棚田の景色に癒されて・・・



Imgp1885
写真ですか?余裕ですねhappy01
爽やかな笑顔で脇を通過していかれる貴方様のほうが、よっぽど余裕でございますcoldsweats01


Imgp1889


少しなだらかに右折してみれば・・・




Imgp1891









より一層傾斜がきつくなるsad







Imgp1896




最早日が差す事すら憎たらしい




Imgp1897

頑張って♪何てとても人の事など気にかけている余裕も無く・・・




Imgp1898



鬼の如く急な傾斜に挑んでいく面々です



Imgp1900


ですが、そんな戦いもようやく終わりが見えてくる





Imgp1905




最後のひと踏ん張りを乗り越えて・・・



Imgp1907



最後の丘を越えてみれば・・・





Imgp1908


いよいよゴールの場所が見えてきますhappy02




Imgp1909



最後はまったり下って・・・





Imgp1910



ゴールですheart01
いやはや、ホントにお疲れ様だwobbly






ヤレヤレ。
ホントに疲れたwobbly

でも楽しかったheart01第2弾。
お天気、雨を覚悟していただけに何とか降られず済んでみた。
その事は、ホントによかったhappy02


Imgp1913


その後、ゴール後に振る舞われたトン汁restaurant





Imgp1915 おいしく頂きましたhappy02
気になるタイムは・・・3時間1分35秒。
くーbearing惜しくも3時間切りは成らなかった。一昨年3時間3分程だったので、次回は是非に・・・と思いましたが、なかなかハードル高かった。
Imgp1916_2


やれやれ。
残念だったけど雨も無く満足だhappy02




Imgp1918


その後、nobuさん到着。
どうもお疲れさまconfident








こうして二人で写真を撮って解散です(冒頭写真)。
その後、自宅でお疲れ様のSIERAちゃんもしっかり洗浄。
遠征じゃなくて、地元開催なのはこうした余裕があるのも嬉しい要素です。

何せ、前回の浜名湖イベより、SIERAちゃんはそのままお車Inのままで、今回のイベに臨んだ事は秘密ですdelicious

さてさて、次回は4/19・20の「グランツールせとうち」です。
学生時代の後輩であるササ君も参戦予定。


heart01ご期待ですhappy02

« 2014年ぐるっと浜名湖ツーリズム | トップページ | 2014年グランツールせとうち(広島) -1日目- »

コメント

>akiさん

うん。4月からの異動は大変だけど、もう馴染んだねhappy01
通勤片道60㌔は頂けないけど、本部勤務よりは出先の方がお仕事的にかなり楽。こんなんでいいのかしら???って思ってしまう。

出先には40代~50代のおば様3名と僕の4人勤務。
それと役場の一角に事務所を構えているので、役場の方々20名くらいの職場です。

お調子の僕は3時間で全員懐柔しましたねhappy01scissors

ただ、本部側のシステム入替が落ち着かず、週一で呼び戻される始末gawkgawkgawk
己等が異動させたんだろ!!poutpoutpout

まったくなぁ・・・ってカンジ

ま、出先のお仕事は相変わらずハッタリキングで頑張ってます。
初の現場仕事でしたが、既にお客からは気に入られ、携帯に直に電話がかかってくる始末despair
ま、教える番号は事務所携帯ですがねsmilesmilesmile

そんな感じですconfident

行きは良い良い
帰りはこわい
てやつだねぇ~(*´▽`*)

雨が上がって
時々ノンビリ景色を楽しめて
良かったね✿

4月からの異動
どうかな?
徐々に慣れてくればイイさ(*^^)v
って、もう馴染んでるのかなぁ~www

前記事も見ないとね
地元ウナギ湖だし(^∇^)

今回は、行けます。金曜日、仕事が終わり次第、
直行です。受付がAM7:00からなのでなんとか
間に合わせたい。頑張りましょう!!

>マチコさん

コメどうもですhappy01
忙しくバタバタなもので、つぶ返が中々出来なくてゴメンナサイねcoldsweats01何せまだ、色んな事が不慣れな状態で・・・

この日のチャリチャリは生憎のお天気でしたが、何とか雨には遭わずでしたupnote
やれやれ、日ごろの行いが良いんだなdelicious
・・・ホントに良けりゃ、スカッと晴天なんだろなsmile

実は現在、この道を通って通勤しております(^_^)
今、ホントに桜が綺麗♪この土曜はお花見ポタに出かけたいbearingお天気どうかしら???

日曜は生憎のお仕事gawk
システムの切り替え作業。前のお仕事の残り事項。後任の若君達だけじゃ頼りないので、参戦ですsmile

ちなみに異動後のお仕事、3日経ちまして慣れぬまでも何とかやってます。顧客からの問い合わせに「そりゃそりゃ・・・どうもですcoldsweats01見に窺った方がいいんでしょうねcoldsweats01」「そりゃそうだろね・・・色々変わるしsmile

smilesmilesmile

電話の冠に必ず「この4月1日から赴任してまいりました♪何分不慣れなもので・・・」をつけて応対してるので、相手側も失笑気味に笑ってくれます^^
ま、ハッタリだけはお得意なので、ハツラツと応対してたら、今の所、誰も怒らずお話くれるconfident

ま、そんな感じにやっております。

さてさて、4日目も頑張ろう♪

おおお~ ヽ(´▽`)/
rainも何とか止んでくれてcherryblossomまでしっかり楽しめる素敵なbicycleスタートだったんだねhappy01
途中のriceball補給も嬉しいね
結構なヒルクライム、でもbicycle好きにはたまらない? ( ´艸`)プププ

4月から又新しい環境で大変だろうけど・・・
次のイベント楽しみによっこらしょだねbleah
応援してるよ~(^_^)/~

>のぶさん

いやはや、お疲れ様でしたhappy02
ガッツリ背筋と腕が痛む今日この頃delicious

いえいえcoldsweats02とんでもないcoldsweats01
私はのぶさんより干支でひと回り若いにも関わらず、いつもはるか後方におりましたからねsmile

さてさてこの日のイベント。
以前、参加した事があっただけに3時間切りを自分の中の命題にかせて頑張ってみましたが、結果は残念bearing

写真は、首からカメラぶら下げスタイルの私にとっては気晴らし&息抜きのようなもの♪そんなに苦痛じゃありません。

むしろこのスタイルが定着しているので、写真撮ってなきゃ気が済まないsmile

それじゃ、お互い職場環境も変わりますが、頑張りましょう♪
そして、おっしゃる通り何処かのイベントでお会いしましょうねwink

 お疲れ様でした。
 これだけ写真を撮って、あの速さで帰ってくるとは。
 私は、後半、最終グループに入り、スタッフが後ろにいたので、終盤はあまり写真が撮れませんでした。
 また、どこかのロングライドで会いましょう!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/59382050

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年OCKサイクリングIn雲海:

« 2014年ぐるっと浜名湖ツーリズム | トップページ | 2014年グランツールせとうち(広島) -1日目- »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

ウェブページ