« 2014年ヒルクライムIn若杉(岡山) | トップページ | 2014年京都美山サイクルグリーンツアー(京都) »

2014年7月28日 (月)

2014年久万高原ヒルクライム(愛媛)

7月27日(日) 

さーてさて。
本編のチャリイベでございます

夏休みネタは、ブロ友となったマチコさんとの出会いもあって、せっかくなので掲載してみましたま、毎年、同じような夏休みそんな夏休みも終えて、四国から帰ったばかりの私が今回いったところは・・・ 愛媛県
そう、またまた四国でございます

しかも今回は久万高原町で開催されたヒルクライム。久万高原町ったら、高知県との境でほんの数十㌔もいけば高知県の仁淀川町にそんなら、一旦帰らずそのままチャリイベしてから帰ればよかったな

Rimg4634



お天気晴天。ただしそれはお山の下の松山市のお話で・・・
今回のイベント会場になった久万高原町のスキー場付近は少々曇り空

ま、ヒルクライムですからねガンガンに照らされて、日干しにされるよりは随分マシで、むしろ絶好のヒルクライム日和ではあります



Rimg4615
さーて、何とか会場Inしたのが午前7時50分。受付時刻は7時45分まで・・・若干遅刻気味でしたが、何とか受付ができました



Rimg4617無事ゼッケンGet♪それにしても去年の石鎚山のヒルクライムの時といい、この愛媛県でのチャリイベには時間にハラハラさせられる岡山から近そうに見えて、来てみりゃ意外と遠い愛媛県


Rimg4620


ほどなく開会式も始まり・・・







Rimg4630



多くの方がステージに集結されました
それにしても大きな大会だ



Rimg4636


お天気若干の曇り空。
ヒルクライムにはうってつけだな








この受付会場になった美川スキー場。車でも結構急な傾斜を上がってきます。その道中が今回のヒルクライムステージに

こりゃ結構堪えるぞ
コースの下見がてら、戦々恐々としながらの会場Inです。そして距離も結構長い
石鎚ヒルクライムはステージが2つに分けられていましたが、この久万高原ヒルクライムでは14.5㌔を一気に駆け上がる。やれやれ、少々ハードです



Rimg4643
一旦カテゴリーごとに整列し、スタート地点の下の道に下りていきます。






Rimg4646



皆一列になって、そろそろ慎重に下りていきます。





Rimg4648


そうして程なくスタート地点に下りたちます





Rimg4649



先に下られたカテゴリーの方々も整列。やれやれ大勢いるな




Rimg4652


我々も自分のカテゴリーの場所に並びます






Rimg4653



さーてさて。スタート前の自分撮り
今日も頑張りますかな




Rimg4654


そうしてゼッケン番号順に順次スタートしていきました








スタートして、程なくパラパラっと雨の祝福
暑くなるだろうから、体を冷やすには丁度いいのかもただし、降り過ぎは嫌だな



Rimg4659
スタートして程なくすると、パラパラっと雨の洗礼








Rimg4661


そしていつもの如く順調に後退していく私皆さんゼイゼイ頑張って上がっていきます



Rimg4662私よりも随分後からスタートを切っているレディースカテゴリの方々も順調に私を抜き去って・・・頑張って私ゃ、マイペースにいきますから


Rimg4663
そうそう写真撮っている余裕はございません。何せ長丁場なヒルクライム。傾斜が緩んだ所で本能的にシャッターです


Rimg4665
中腹くらいまで進むと結構雨脚強まって・・・景色のいいロングライドじゃ忌むべき雨も、火照った体にゃ有難い♪



Rimg4666
キッズ達もセカセカ頑張って上っていきます。キッズ達は身が軽いので、何だか軽々上がって行くように見えるなお肉たっぷりなオッサンな私は、ひーひー、ゼイゼイ


Rimg4667当然、元気なキッズ達の何人かにも余裕で抜かされましたが、私ゃ至ってマイペース
おぉー、ようやくスキー場が見えてきた




Rimg4668
ここいらでゴールでもいいのにな
あんまり遅いとココで足切り喰らいますが、私は中途半端に頑張って、先む事が出来ました





ここで一旦最初の関門は通り抜ける事が出来ました

いやはや、喜ばしいのか悲しいのか・・・何だか複雑な気分だな



Rimg4669
ここから残りは6㌔少々
気温も随分下がってきたぞ







Rimg4670
この辺から残りの表記が登場しだす
これも善し悪しだよな。後〇〇キロだと頑張るのか、まだ〇〇キロもあるのかと途方にくれるのか・・・


Rimg4671



そしてゴールに近づくにつれ、どんどん霧が濃くなっていく




Rimg4673



最早、数メートル先もおぼろげだ





Rimg4675


後500mってなってるけど、500mの距離感も掴めない





Rimg4676



そして霧の中から突如ゴールが現れた
なんともまぁ・・・あっけなかったな





最後はゴール地点が突然現れて、あっさり終了しましたが、腰が痛くてたまらない

しかし何とか完走できてホッと一息ヨカッタよかった



Rimg4677
ゴール地点じゃ、既にゴールを果たされた方々が、下山の時を今や遅しと待ち構えておりました何せ寒いですもんね
真夏とは思えんなこりゃ・・・


Rimg4678

ゴール地点にゃ嬉しいトマト
ヒルクライムでは定番品なのかな前回出場した若杉ヒルクライムでもトマトだったもんな・・・



Rimg4680


トマトを食して安堵の私
いやはや無事ゴール出来て、何よりだった




Rimg4682


雨に濡れて寒いので、ギューギューのテントの中で下山を待ちます



Rimg4685そうして漸く下山です
そういやブレーキが甘かったな前回の若杉ヒルクライムの時も相当怖かったので、ゆっくりそろそろと下りていきます。


Rimg4688


ある意味苦労しながら何とか下山
ホッとしながら、ステージ会場のあるスキー場に到着しました





いやはや、早くゴールされた方々は随分寒かったろうな・・・私はお尻の方でのゴールだったので、そんなに長い時間上に居ませんでしたが、それでも随分凍えました

暖を取るようなモノも用意しておいてくれればヨカッタな・・・



Rimg4691
下山後、皆が並んでいたもの。
それは・・・








Rimg4692


嬉しい昼食です







Rimg4697


おそうめんにカレーライス♪
消費したカロリーを補給します





Rimg4701


そしてもっと嬉しかったのが、スキー場に隣接の宿舎にて300円で入浴ができた事



Rimg4702


冷え切った体を温めるべく、さっそくお風呂
芋のゴッタ洗い状態でしたが、寒さにゃ変えられん


Rimg4703



やれやれ、さっぱり♪
行き返った




Rimg4708


しばし待っていると、ステージ上で表彰式が始まりました





Rimg4707



早速にステージ付近に移動






Rimg4776_2_2そしてこの人数の頂点に立つ男女での総合優勝者はこの2名♪お顔は失礼かと思い伏せませて頂きました。
女性の方は、前回も女子の総合1位の強者授与されたチャンピオンジャージも二重に羽織ります

Rimg4782_その後、女性の方は一人でたたずんでおられたので、凄いですねと声をかけ、一緒に写真をお願いしました
何ともぽわっとした大人し目のカワイイ方が、見かけによらず凄いもんだ

Rimg4784


こうして会場を後にし、家路につきました♪







いやはや、かなりハードだったこの久万高原ヒルクライム。何だか石鎚山ヒルクライムよりもキツク感じたのは、コースが一気に上りきる全長15㌔近くのロングコース。そして傾斜も結構キツイ。途中途中に緩む所もあり、皆セクセクスパートかけて駆け上がっておりましたが、私ゃ休みだけで精いっぱい

私が1時間50分近くかけて上っていったこのコースを、総合優勝の方は実に40分台。女性の方でも50分台と私よりも1時間以上も早くゴールしている。

そりゃ、上で待ってるのもツラかったろうな・・・
ちんたらゴールして、ゴメンナサイ

ま、こんな私でもリタイアせずに上りきれました。
ヒルクライムも、やってみりゃ結構面白い♪

当然、タイムは知れていますが、完走出来る事を目指して、またマイペースに頑張ってみよう♪


それでは\(^o^)/
また次回を、好ご期待♪

« 2014年ヒルクライムIn若杉(岡山) | トップページ | 2014年京都美山サイクルグリーンツアー(京都) »

コメント

>akiさん

へーんだ\(*`∧´)/
雨男さんで結構ざんす

くす。

そうねぇ・・・
ココ最近のイベントは雨や曇り空ばかり
だけど8月の暑い時期なので、ある意味有難い天候です

カンカン照りだと、頭痛くなっちゃうからね


女子の優勝者さん♪
チャレンジャーってな感じではなくて、ホントにその辺にちょこんとおられて、全然チャンピオン!!(゚ロ゚屮)屮ってな威厳も醸し出されず、実に控えめな普通の方でした

僕の他にも何人かの方が「スゴイね」って声をかけておられたよ

写真は最初多少離れて撮ってみたら、入りそびれてしまいもう一度と撮ってみようとしたら、寄り添って下さって・・・恐縮ですってな感じでした♪

ま、最近じゃヒルクライムも悪くないと思い始めたので、また挑戦してみます

勿論、マイペースな速度でね

おぉ~結構な勾配(*^_^*)
ガンバって登りきったね~✿

しかし、何だね~
雨男だねぇ~(o´艸`)
風邪ひかないように気を付けないとね✿

女子の優勝者とツーショット(^◇^;)
OKさんらしいと言えばそうだけど
チャレンジャーだねぇ~(*゚∀゚*)

>マチコさん

さてさてお次はどこでしょうねってな返信している本日出発。明日レースです
何処に行っていたかは・・・ブログにて

女子チャンピオンさん。ホント大人しい方で、とても自転車ガツガツってな感じには見えませんでしたが、乗ると豹変するんですかねいやはや、人は見かけによらないし、凄いもんだ

久万高原ヒルクライム楽しんだんだね
ホント一旦岡山に帰ってまたまた久万高原って…
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
OKさんってホント、タフだね~(≧∇≦)
しかも今回もなかなかの坂道按配ではありませんか~
私なんか見ただけで真っ青だよ
で、久万高原ってやっぱり標高高いから寒かったんだね
ホントお疲れさん
しっかり楽しめたようで良かったね
女子のチャンピオンさんともしっかりツーショットゲット ふふ
さてさてお次は何処かしら~

>nobuさん

おや!おや!?
それはそれは・・・
推進会議って奴なのかな?まさしく僕も今、それに追われてアクセクしている日々です

乗鞍ですかいい加減久万高原でも寒い思いをしたのに、万年雪のあるような乗鞍には到底行けそうにもありませんね

ま、適当なマイペースで楽しみます

 本日、今の職場の上の階の会議室で、前の職場の人達に会いました。
 OKさんの話題ももちろん出てましたよ。
 来年は、乗鞍目指してください。

>megさん

アハハ♪
ヒルクライムは別に嵌った訳ではありませんが、続きますね^^
暑い中のロングライドは堪えるので、短期決戦で涼しい高地を目指すヒルクライムは、真夏にはいいかもですね

マシンは出来れば僕も新調してみたいですが、マシンに見合った身体能力が伴わないので、入門ロードバイクで頑張ります

体を軽くする♪それが一番安価で手っ取り早いですが、なかなか難しいですよねこんなにチャリチャリしてるのに、プよプよは中々脱却しない

やっぱりがイケないな・・・

最近、ヒルクライムにはまってますね!
お天気がもう少し良ければ、景色も楽しめたのでは?

ヒルクライムの挑戦は、もう少し軽いバイクが必要ですので、
嫁におねだりしてみようかな?

それとも、自分が軽くなる方が早いかな?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年久万高原ヒルクライム(愛媛):

« 2014年ヒルクライムIn若杉(岡山) | トップページ | 2014年京都美山サイクルグリーンツアー(京都) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ