« 2014年グランフォンド伯耆(鳥取) | トップページ | 2014年久万高原ヒルクライム(愛媛) »

2014年7月15日 (火)

2014年ヒルクライムIn若杉(岡山)

7月13日(日)

やれやれ、久しぶりにちゃりイベでございます
やってきましたは、岡山県西粟倉村。県北の最の果て。美作・作東地域で私の営業エリア勝英地域の一部ですちなみに先日、拳銃持っての病院立て籠もり事件があったのも美作市。田舎だと思っていても、物騒な事件もあるもんだ

Imgp3720



今回はヒルクライムでございます
ひたすら上る上りはツライが、距離が短い分だけ勝負が早い♪
ノンビリ旅乗り派な私は、景色を楽しみながらのロングライドもいいですが、こうして短時間でガッツリ運動するのもいいもんだ♪と最近思うようになってきました



Imgp3657

お天気生憎の雨模様
やれやれだ






Imgp3659



それでも受付済ませて・・・





Imgp3669

会場内に行ってみれば・・・結構人が集まっているじゃないのさ
やれやれ皆さん、立派な自転車者だ



Imgp3664



出走の時を待って、しばしブーラブラ。
さてさて、今日はどんな一日になるのやら・・・

お天気は生憎でしたが、少雨決行。って書いてあったし、やってるのかな?ってな気持ちの半信半疑で会場Inしましたが、全然問題なしってな感じにみんな集合しております。
いやはや、自転車者ってやっぱりマゾ集団ですな
わざわざ雨に濡れてまで山道をせっせと上ろうなんて・・・くす。

それにしても少雨決行。って結構ガッツリ降ってるんだけどね
ま、雷雨じゃないからいいのかな?


Imgp3675
生憎のお天気の中、スタート地点に向かう為に整列します。
それでも悪天候の為、コースは少し短縮されて7㌔程にショートした模様

Imgp3676



さーて、スタート地点に向かってレッツ・ら・ゴー




Imgp3680


程なくスタート地点到着♪
さてさて、いつものスタート前の自分撮り
今日も一日、がんばろー



Imgp3684


そうして降りしきる雨の中、程なくスタートしていきました。









山奥村での雨ですが、季節は夏です。
そこまで寒くはありません。ただそこはヒルクライム。
当然、上りきっては下って帰るので、帰りは結構寒そうだ

それにしても私。
自分のエントリーしていたカテゴリーが分からなくなっていた
駐車場がCポイントだったから、カテゴリーもCなんだろう・・・と勝手に思ってCカテでスタートしましたが、その前のBだった模様

ま、大勢に影響はありませんがね
1分ほど早くスタートしようが、どんどん後退していくのみですから・・・


Imgp3687

スタートしてから順調?に後退していく私
前方の方々も当然後ろから私を追い越して行った人たち。
ま、マイペースで頑張るか
Imgp3688


雨にも関わらず、沿道にはわざわざ応援の為整列してくださっている。
実に有難いものです


Imgp3692
コースはどんどん山の中
やれやれこんな事でもなければ、わざわざ雨の中。それも自転車で山に向かって坂をゼイゼイ漕ぎあがる事もありません

Imgp3694どんどん抜かされるがままに進んでみれば、遂に女性からも抜かされて
やれやれ、みんな普段から鍛えてらっしゃるのね競技志向でない私は、あくまでマイペース

Imgp3697


山頂部に差し掛かっては濃い霧が立ち込めて・・・サングラスが曇って前が見えません



Imgp3698

遊び心でしんどそうな私の自分撮り
やれやれ、あまり余裕はありませぬな



Imgp3701





そうしてようやく山間の分岐ポイント♪
本来ならこれを右折し、もう5㌔程コースがあったのですが、生憎の悪天候の為、今回は直進して終了です。





Imgp3703
しばしゴールに向かって進みみると、私の眼前に一人落ちてきた人が
ヘタレな私でも一人抜けたこれでブービーかな?


Imgp3704



そうして漸く待望のゴールIn♪
やれやれ疲れたピー









いやはや疲れました
コースは本来11㌔程上る予定でしたが、7㌔ほどで終了したので、もう4㌔はショートです。
それでもひーひー、ゼイゼイでお腹いっぱいって感じです



Imgp3705

ゴール後は頂上付近のエイドポイントで一息です







Imgp3710



上った後のトマトが最高
また暖かいコーヒーでホット一息です




Imgp3711



やれやれ、疲れたピー






Imgp3712

いつまでも山の上でウカウカしていても寒いばかり。さっさと下山します





Imgp3715ところがウェットな道に加えて、シューが半分くらいすり減っていた私のSIERAちゃん。
ブレーキが全くいう事を聞きません
仕方なくトボトボ押して歩いているとスタッフさんが回収してくれました


Imgp3717
そんなこんなで漸く下山
最初の会場に着くと温かい味噌汁そうめんにパン類が用意されておりました嬉しーねー






いやはや、何のトラブルもなく終了してヨカッタよかった♪
それにしてもこの日の天候。当初は雨でしたが上り始めて暫くすると降っていた雨は止み濃い霧に覆われた。霧ってより雲の中に入ったのかしら???標高も結構高いしね

そんでもって下山して表彰式終えて外に出てみりゃ・・・お天気回復基調です(^_^)なんだかなー・・・

それでもカンカンに照らされての山登りはツライので、それはそれで丁度良かったのかもしれません。


Imgp3719
下山しては表彰式を待ってしばしボンヤリ
取敢えず写真撮影でもしとこう






Imgp3721そうこうしてると結果が張り出され・・・
私は見事ブービーかな???
意外にも下から5番目でした
やれやれみんな大したもんだ。ま、私ゃ相変わらずマイペースに楽しもう


Imgp3744
栄えある総合優勝に輝いたのはこの方でしたいやはや一人だけ19分台での完走との事。私は50分近くかかってたのにね



Imgp3748



そうして会場を出てみりゃ・・・アレアレ?晴れてきてんジャンなんだかなー




Imgp3750


こうして疲れて冷たくなった体を癒しに温泉へ






Imgp3753


そして西粟倉の地を後にしました










いやはややっぱりヒルクライムって勝負が早くっていいもんですのんびり景色を見ながらのロングライド・・・ってか旅乗りが私の趣味ですが、こんな天候の中じゃガッツリ運動してさっさと終了!!ってな方がスッキリします

さてさて、コレにはまった訳じゃありませんが、次回からもヒルクライムが続きます
私の場合、かぶらず方々の大会を楽しんでいるので、これまで移動できる範囲でのロードレースは結構行き尽くした感があり、そうなりゃこれまで敬遠してきたヒルクライムが残る・・・ってな感じです

何はともあれ、これからものんびりマイペースな自転車ライフを楽しもう

« 2014年グランフォンド伯耆(鳥取) | トップページ | 2014年久万高原ヒルクライム(愛媛) »

コメント

>うえやすさん

予定通りの琵琶湖。生憎の雨天。残念でしたね
あの日は全国的にお天気悪かったですもんね
それにしてもこのヒルクライム。距離を短縮したとは言っても、よくやったもんだ最初は結構降ってましたもんね

だけどお天気回復基調で、ヒルクライムが終わった午後からは晴れてきて、県南の岡山市内に入れば暑いくらいの晴天に
・・・なんだかなー

さてさて、本文でも述べたとおり、別にヒルクライム競技に目覚めた訳ではありませんが、次々とエントリーしているものはヒルクライムばかり行った事のない大会探すと、コレまで敬遠してきたものばかり

ま、競争せずにマイペースに楽しみます♪

 雨の中ヒルクライムお疲れ様でした。

 ワタクシはその日琵琶湖には行ったのですが、生憎のスタート前から雨模様。 さらに大きい雨雲が次々と迫ってたんでやめてしまいました。

 OKさんのように雨の中のスタートはできず・・・ 自転車は自転車でもケイ○ンに行ってしまいました(笑)

 

>akiさん

へーんだ老体に鞭打って、せいぜい頑張りますよーだ

くす。。。

下りで景色を楽しむのは無理だね
割とヒルクライム競技のコースって、勾配が急な場所が多いから、そろーりと下りながら帰ってくる感じ。ブレーキ握る握力がかなりツラいです

坂上りでもそれなりに楽しめる要素もあるね♪
地べたに足着きたいけど頑張って上りきるってな達成感もあるし、割と景色も楽しめる^^ま、僕のように競技を放棄すれば・・・だけどね

山間の風景ヨカッタよね^^
何だか中国の四川省の山間みたいだったね。
これで大きな川でもあってみれば、そのモノって雰囲気でした

何はともあれ、これからも楽しく頑張ります♪

akiさんも適度に運動してなきゃ、おばばが進行しちゃうぞ

かなり雨が降ったんだねぇ。
勾配もキツそう(^◇^;)
よく登った!褒めて上げよう(#^.^#)

山あいの写真
霧が掛かっていて
何か幻想的だね(*´▽`*)

ヒルクライムの終わった帰り(下り)で
ノンビリと景色を楽しんだらぁ?

これからはキツ~イ、ヒルクライムの
チャリイベに参加するんだねぇ~。
老体に鞭打って(o´艸`)

楽しむ事が全て大前提だよね(^^♪

>のぶさん

同じく県北の地で走ってらしたんですね
MTBか・・・この上自転車と範囲が増えると、嫁に見放されるので僕はロード一本に留めておきます

本編にも書きましたが、今年は方々のヒルクライム中心にエントリー♪別に嵌った訳じゃありませんが、短時間で終わるので、遠方に遠征の折には、ちょいと観光も楽しめるのが魅力です

ま、これも一つの旅乗りの形♪ってな所で

>マチコさん

うん♪僕の場合は勝負してないから、多少のカテの違いなんて気にしない年代別に分けてたカテゴリーでしたが、崖っぷち30sの僕ですからね40代スタートでも違和感ありません

ま、計測する分には1分のビハインドは背負いましたがね

さてさて来週からは夏休み♪
地元で逢える事を期待しつつ、お仕事片付けるの頑張ろう

 やはり、参加してたのですね。
 私は、蒜山で、泥だらけになりながらMTBのXCレースを走りましたが、車通勤になり、体力が落ちた感がありました。

の中でのヒルクライムお疲れ様でしたぁ~(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ
コースが短くなるほどのだったんだね
それにしてもスタートのカテゴリー、思い込みで突き進むって・・・
(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ
さすがOKさんだわ~ 
自分のペースでゆっくりと楽しめるのが一番だもん
帰り道、優しいスタッフさんに助けてもらえて本当に良かったね
( ´艸`)プププ
ブロで私も一緒に楽しませてもらったよ
(/ ^^)/アリガトネ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年ヒルクライムIn若杉(岡山):

« 2014年グランフォンド伯耆(鳥取) | トップページ | 2014年久万高原ヒルクライム(愛媛) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ