« 2014年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知) | トップページ | 2014年とびしまオレンジライド(広島) »

2014年11月 3日 (月)

2014年さぬきセンチュリーライド・小豆島大会(香川)

11月2日(日)  

11月最初の3連休。中日の日曜日に開催された「第24回さぬきセンチュリーライド・小豆島大会」に参加してきました

第24回って事は結構長く続いているこの大会。
失礼ながら、近隣の岡山県にいてこれまで気付かなかったな

旅乗り派な私としては、遠くの県で開催される大会にばかりまずは目が行ってしまう

なーんだ近場でこんな大会もあったんだ!?と再発見の今回です



Rimg6822




・・・それにしてもお天気予報。
よりによってこの3連休のみが下り坂

ただ、当初よりはお天気一日早まって金曜から崩れ出したから、何とか日曜日は持ち直さないかしら
一縷の望みを持って朝4時起きにてシャワーを浴びたり準備して・・・いざ、出陣


・・・ザ~~~


岡山市内にある私の自宅を出発すると、残念雨が降っている。
しかも途中にゃ結構な雨脚だった

コリャ ヤメヨウ カナ???

そんな考えが頭の中を過りつつ、大会事務局に電話。

「あの~ 
 今日の大会ってありますかね?
   お天気いかがでしょうか

おずおずと訊ねてみた所、大丈夫そうな模様
何せ一時の雨の勢いたるや・・・ねぇ



Rimg6550
何とかなりそうだと小豆島行きのフェリー乗り場へ。折角早起きしたのに、少々躊躇したおかげで、2番便での出航です



Rimg6561


目指す先の小豆島方面は・・・やはり雲が多いですなただ、ま、雨は大丈夫そうかな




Rimg6568独りでボンヤリしている私に一人のサイクリストの方が話かけてこられた
キッカケは・・・これ。今年の伯耆グランフォンドの袋です。便利がいいから重宝して使ってたら、思わぬ効果あちこち大会に出てる甲斐があるってもんだい

Rimg6571

しばしお喋りしながらの船旅でしたが、無事に小豆島は土庄港に到着♪
さーて。会場に向かいますかな








スタート会場の「小豆島ふるさと村」までは4,5㌔ほどの自走です
受付時間は8時~9時まで。出走9時45分から。

・・・8時30分に着くこの2番船じゃ、ちくとギリだよな

それでも十数名のサイクリストの方々も一緒に乗船しております。ま、何とかなるだろうとスタート会場に向かってみますと・・・奇しくも向かっていくのは私と船内でお話した2人のみ

・・・他の人達って、一般サイクリスト!?

誰も来ないので、道があっているのかも不安を覚えつつスタート会場に向かいます



Rimg6575
やーれやれ
無事に受付も出来たしゼッケンゲトです
何事も時間に余裕を持たなくちゃですね




Rimg6585コースは100㌔のAコース。70㌔のBコース。20㌔のCコースと3コースあり、私はAコースのロングに挑戦。大丈夫か!?
9時45分よりゼッケン順にスタートしていきます。



Rimg6587

最近はすっかりヒルクラとハーフばかりで、長距離走らなくなったからな・・・
少々の不安を覚えつつもスタート前の自分撮り


Rimg6589



そしていよいよ私達の組もスタートしていきました









お天気は残念ながらの終日曇天
ま、雨じゃないだけマシだった

それにしても小豆島。岡山と香川の間にある瀬戸内海の島ですが、岡山市内にいる私には、図分気温が暖かく感じられた
やっぱり周囲を海に囲まれているせいかしら?肌に感じる風も少々生暖かく感じます。

そしてコースは基本的に海岸線沿いを島一周します。
海岸線って、一見平坦なイメージですが、何の何の

もう終日上ったり下ったりの繰り返し。すっかり足も使い果たして、ブロ書いてる本日、少々足が痛みますな



Rimg6590
相変わらず走行中に大量の写真を撮ってみましたが、生憎の曇天。折角の景色も半減なので、要約して載せてみるかな?



Rimg6594

スタートして程なくグイグイ上って行ってる途中にあったこんな場所。美しい棚田景色の中に鳥の巣?みたいな建物が
通りざまにカシャリ



Rimg6597

ちなみに写真の大半はこんな感じです
上ったり・・・







Rimg6607

下ったり・・・






Rimg6625




そしてまた上る
Rimg6619


そういや海岸線の途中にあったこのブイって海猫?なのかしら
旅乗りだったら立ち止まって写真に収めてみますが、曇天のチャリイベ最中。通りざまにカシャリ



Rimg6643

こんな辺も晴てりゃ景色が映えるんだけどな・・・少々残念




Rimg6665


そして最初のエイドに到着です♪







・・・って、こんなにあっさりじゃ無いですけどね
結構道中のアップダウンには泣かされますそして意外と傾斜もキツイ
お天気が曇天なので、結構淡々とした気持ちで走ってみましたが、体の方は淡々どころかすっかりヘーロヘロ
先の短いハーフや短時間勝負のヒルクラに比べて、長時間のイベントは結構堪えるな



Rimg6667
朝食抜かしていた私。
時刻はそろそろお昼時。何か食べ物ないかしら




Rimg6669

・・・パンとバナナ
う~ん出来ればオニギリとかお米が食べたいだけど贅沢は言ってられません。何せこのパンですら、すぐに売り切れていましたからねコリャチンタラしてると、先のエイドでロクなモンにありつけないぞ


Rimg6677

さっさと出発







Rimg6678


やれやれ、いきなり上って行くのね








そうだ!?
何か調子でないなって思ってみたけど、ご飯抜きだったんだ

ヤレヤレ。ちょっとした修行サイクリングですな

いつもの大会の如く、ま、エイドで食事三昧だろう なーんて安易に望んでみると何の何の・・・

エイドまでの距離間も結構長いし、大したものが食せない。
しかも道中ツラいアップダウンの連続です

・・・ってなネガティブな事を書いてみてますが、自転車者はマゾですからね
ある種、そんな状況も楽しんでみております



Rimg6682
相変わらず上っては・・・






Rimg6683





海辺に






Rimg6685



上っては・・・






Rimg6686



海辺に・・・を繰り返し






Rimg6697

基本的に上り下りが連続するので、ボッチ走行にはなりません。だって上りになれば、必ず団子状態に人が詰まってきますからね




Rimg6701





しばしそんな感じに走ってみると・・・







Rimg6702



こんな場所がありました






Rimg6703






やれやれ、これでスカッと晴れてりゃな・・・







Rimg6708





そんな物見遊山しながら






Rimg6712




相も変わらずアップダウン。アップダウン






Rimg6717





漸く次なるエイドに到着です








ヤレヤレ、ハラヘッタ

今度こそ何かあるのかとエイドに期待するもまたもやパンと飲料。はぁ~お米が食べたいねぇ
70㌔コースの方々は間もなくゴールだね何て言い合ってるやれやれ、私も間もなくゴールしたいな・・・



Rimg6719
次なるエイドに期待するも・・・





Rimg6720


やっぱりパンとバナナ
このイベ、何か補給食を持ってなきゃいけないな・・・





Rimg6724


それでも少しは回復したぞ♪






Rimg6725




ココもスカッと晴てりゃいい景色なんだけどな・・・






Rimg6726



あんまり景色も楽しめないので、早々に出発だ









天気がいいのとそうでないのとでは全然趣が違います。ま、雨が降るよりはマシですけどね

真夏ならば曇天でも歓迎しますが、秋口のサイクリングはやっぱり景色を楽しみたい
特に私の如く、旅乗り気分でサイクリングを楽しんでいる者にとっては、まさにお天気と景色が重要なる要素です。

小豆島自体、何年ぶりかしら???ってな私。久々の小豆島では是非綺麗な景色を眺めながらノンビリサイクリングがしたかった。最初の予報に比べりゃ雨が降らなかっただけマシでしたが、人間随分と身勝手でワガママなものです



Rimg6729
相変わらずコースはアップダウンの連続です




Rimg6733



ちょっとした上りでもソロソロ足がきつくなってきたな





Rimg6736
しばしボッチ走行していると女性が後方より現れたモチベーションアップの為にしばし後ろに付かせてもらおう




Rimg6737

・・・ってか貧弱な私では、大抵の男性チャリだーさんとは足が合わず置いて行かれますからね女性ならばなんとか付いて行こうと頑張れます





Rimg6739_2そして何とも中途半端な場所で折り返させられる・・・と思っていたら、本来のコースががけ崩れにて使用不能だったのね
距離が足りないので少し余分に周らされてしまいました



Rimg6746
一時は信号待ちで少し離されましたが、何とか追いついて再びコバンザメ別にストーカーではございません完走する為の一つの戦略です




Rimg6752


やれやれ折角の海辺の景色も残念ながら薄暗い





Rimg6754




そしてそのまま引っ張ってもらって最後のエイドポイントに到着です♪








やれやれ、随分勝手にお世話になりましてm(_ _)m
何せ景色も楽しめませんしね男の子ですので、女性の後ろならば頑張れる
そう、鼻先にニンジン付けたお馬さんの如く作戦です

ま、あんまりしつこく追い回す程おかしな人間でもありませんので、この後は一人でまったりゴールを目指しますかなゴールまでの距離もあと十数㌔と迫ってきました



Rimg6756
最早食べ物の期待をしていなかったエイドポイント





Rimg6757





あったのこんなの






Rimg6762


だけど意外とイケたの男梅飴。こりゃ次回から羊羹と共に持ち合わそう♪






Rimg6763もう安心してゴールが意識できだしたので、少々長めに休憩♪曇り空でも海を眺めてみるのはいいもんだ
やっぱり海辺で育った私はそんな風に思ってしまう



Rimg6764


さーてさて。お後はゴールを目指して頑張るか♪









流石にもうノンビリゴールさせてくれるんだろう・・・そんな風に思いながら出発すると。。。



Rimg6766
コースは左手






Rimg6767





そしてまたもや上る






Rimg6768



それでも上りきってみますれば・・・







Rimg6771




次なる上りに突入です






Rimg6772



道脇の景色を励みに頑張る私






Rimg6775




よーし。無事制覇
・・・って事は





Rimg6779


やっぱり次なる上りに突入です
毎度思いますが、こんな事なら下らなきゃいいのに




Rimg6780




そうしてアップ






Rimg6781




ダウン







Rimg6785



またアップ・・・の繰り返し







Rimg6786

しかし終盤になって日差しが出てきた・・・って遅いよな坂も長いし






Rimg6788



そしてようやく頂上に上りつめて下ってみれば・・・






Rimg6790

おや?おや!?事故ですか
しかも行きのフェリーで同乗された方が対応にあたられているお知り合いなのかな




Rimg6791
しばし皆で様子見していると段々後列が伸びてきて・・・救急車もそろそろ出発するみたいなので、皆で慎重に下っていきます。
道も随分ウェットでコケも生えてるしね




Rimg6792

慎重に下りながらも晴れ間の海辺が見渡せて・・・思わずカシャリ
やれやれ、終日こんな感じだと良かったのにな




Rimg6794


ようやく景色が楽しめるようになってきましたが時すでに遅し







Rimg6798



コースは終盤。ゴールまでは間もなくです






Rimg6799



多少上っても景色が明るいので何となく気分も楽だ





Rimg6803



ちんたら坂を上りながら景色を楽しんでおりますと・・・






Rimg6805後方からケガ人の介抱をすまされて行きのフェリーで同乗した方が現れた上りながら話を聞いてみるに、突如道で倒れた人を発見どうやら下りで勢い余ってガードレールに衝突。思わず庇った左手を骨折されてた。との事私も気を付けよう


Rimg6807



そしてそんな上りを上りきったら・・・






Rimg6810



ほどなくゴールに到着しました
やれやれ皆さん、お疲れ様でした










それにしてもゴール前は天候回復したのは良いですが、風が随分強まって・・・
ゴール記念に写真を撮ってみていたら(冒頭写真)、強風にて何度も三脚がコケル始末

お陰でゴール後に随分長らくカメラと格闘したもんだ
まったく島の天候は侮れませんな

しかし100㌔コースとはいえ全行程で95㌔ほど。当初のコースが確保できなかったせいでしょうか?でも最初(エントリー時点)は120㌔って書いてあったっけな?
かなりパンチの効いたコースだった為、100㌔足らずでもお腹いっぱい
丁度フェリー乗り場までの自走往復分合わせて100越えしてるからいいや

逆に120㌔もあったら、制限時間ギリギリになってたな
15時台に帰って来られるこの位で丁度よかったな



Rimg6814


ゴール後はスタート時点で抽選がどうの・・・と言っていたので取りあえずチェック。
どうせいつもの如く何も当っていないのだろう・・・








Rimg6815_2

所が見事に2等?に名前が
何が貰えるんだとワクワク見ると・・・なんだTシャツか





Rimg6816
それでも貰える物は何でもウレシー
加えてお土産も随分沢山
・・・そんな事より、エイドで何か食べ物が欲しかったな




Rimg6817
その後ブロのタイトル写真撮影
影になったり、風に煽られたりで、もう大変ゴールスタッフさん達は忙しそうだったしね風で入浴券飛ばされたりしてたし




Rimg6828



そうして小豆島の地を後にしました。







やれやれ様子もよく分ったし、来年もまた挑戦しよう補給食を沢山持ってね

« 2014年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知) | トップページ | 2014年とびしまオレンジライド(広島) »

コメント

>akiさん

うん
首をながーく、ながーーーくしがなら待ってたよ

小豆島はほんとアップダウンの連続で、飽きはないけどダメージの蓄積で結構足にきたね

事故された方も何事もなかったようで、ホント幸いだった
適当に見聞きしたもの載せてたら、コメまで入るとは思わなかったけど

ま、気に障らなかったような何よりだったな

瀬戸内もたまにはいいよ♪
いつも見てるから、普段は意識しないけど、逆に遠くばかりに目がいって、たまに近場も見つめ直すと割と良い所だなと思います。

遊びに来た際には、是非色々とご案内しますぞ

それでは

久しぶりにコメ(*^_^*)
首を長くして待ってたかぁ?
なぁんて(o´艸`)

アップダウンの繰り返し
かなりキツかったみたいだねぇ~。。
お疲れ~✿

曇天だったけど、ゴール前に
お日様が顔出して
ご褒美に景色を堪能出来たのかもね(*´∀`*)

事故をされた方から、コメが入り
近々退院とか。
何より、良かった。

瀬戸内海良いなぁ~。
いつかは行ってみたい(^∇^)

>mi_keさま

おやま!?
ご本人様でございますか
どうも、お気の毒様でした。って、なんと声をかけたらいいのか分かりませんが

実は私達は救急車の前方側にいたので、搬送される方の様子など一切解らなかったんですよね。それにしても2回の手術!?それはまた、大変でしたね

何はともあれ、大事に至らず何よりでございますm(_ _)m

あの場所、狭いし、急な下り坂&ウェットな感じで少々危険でしたね。何せ事故を目撃した後だったので、私はいつも以上に慎重に下っていきました(下り様に写真は一枚撮りましたが)。

勝手に記事にさせてもらって、申し訳ありません。
ま、楽しく読んで頂けて、何よりでございました。

また、お怪我が治り、自転車イベなんぞでお見かけする折がありましたら、よろしく声をかけてやって下さい。

それでは

レース参加者で、恐らく記事の中にある事故を起こした張本人です。
お疲れ様でした、そしてご迷惑をおかけしました…(^.^;)

事故時のことを自身でも「スリップした」としか覚えておらず、
どなたか様子を書いてる方は…と探してみたら発見しました。
あの後、手術を2回し今は入院中です。近日退院予定。

さぬきセンチュリーライド、初参加&初レースでしたが
アップダウンが非常に厳しいですね!
ブログ読みながら当日のコースのことを思い返しつつ。
楽しく、興味深く(笑)読ませて頂きました。

>megさん

小豆島。
岡山からは片道1時間ちょっとで行けますね^^
通勤・通学している人もいる位なので、十分日帰りできます。便数やフェリー航路も多いですしね

名簿を見るに、結構関西圏からの参加者も多かったですね。
開会式でのプレゼントに当選されてた方達も関西圏の方々でしたしね

距離の割に結構ガッツリなコースでした。
何より往復がフェリーなのがイイ
何せ帰りに寝られますからね。到着港から自宅までも30分内輪。僕にとっては県内イベみたいな旅乗りイベ気分で、結構楽しめましたね

飲みイベ、いつでも大歓迎ですよ♪
また声かけてやって下さい
ちなみに僕、結構イケる口ですので

小豆島、日帰りできるんですね!
海を渡ってのイベントの経験がないので、
来年は是非に。

前にお話ししてた、飲み会付き、
是非実現しましょう!

そうですね
スタートゼッケンが近かったので、割とチラホラ見かける方でしたが、長い上りではグイグイ千切られてましたね

クールに上っていく様がカッコ良かったです

私が後ろについたあの区間は、割と長く上る事も無かったので、キコキコ付いていきました逆に海辺では風が強まっていたので、後ろで楽させてもらって申し訳ないって感じでしたね

くす。。。

後ろつかせてもらった女性の方、登りは相当早かったのでは?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年さぬきセンチュリーライド・小豆島大会(香川):

« 2014年渥美半島ぐる輪サイクリング(愛知) | トップページ | 2014年とびしまオレンジライド(広島) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ