« 2015年OCKサイクリングIn雲海(岡山) | トップページ | 2015年サイクリングとびしま春吉ライド2015(広島) »

2015年4月11日 (土)

2015年ピンクリボンサイクリング(和歌山)

4月5日(日)  時々 

4月になりましてやって参りましたは和歌山県は紀の川市
2015年の初遠征でございます

参加したのは「ピンクリボンサイクリング」
お花見気分のポタ気分ノンビリ旅乗りを満喫しようっと


Rimg7946_2


・・・ってな事を思っていたのは参加するまでのお話で

あらかじめ結論から言っておきますと、何とも消化不良なリタイヤで・・・
いや、この「ピンクリボンサイクリング」イベントに関してはリタイヤなんて概念はありません。一応、ゴールする規定時間はありますが、その時間内にコース上にある15か所のチェックポイントを好きな順番に好きなだけ廻るというイベント。
無理せず行こうと思えば、近場のチェックポイントで悠々と過ごせば良いし、ガンガンに走りきろうと思えばチェックポイントに至るコースを自由に設定し、山越え谷越えのコースを組めばよし。

なら、なんでリタイヤか!?って???
それじゃ、不甲斐ない中味を見てもらいましょうか


Rimg7955和歌山県といっても紀の川市は大阪府との境の辺り。私の自宅の岡山市からでも3時間程の道のり。
朝5時に出発し、8時過ぎに会場到着・・・はいいのですが、お天気いまいち

何せ自宅を出発する時点からで、止めようかなと思い和歌山辺りのアメダス降水量を確認すると降っていない。

一縷の望みをもって一路和歌山へ・・・ですが道中ずっと

こりゃ、来たのが失敗したねと少々意気消沈。
桜も散り始めの季節最高なのに、雨じゃぁなぁ・・・Rimg7956


せっかく桜も綺麗に咲いてるのに・・・
何とか晴れてくれないものかしら





そんな事を思いながら会場周辺でパシャパシャ写真

そうそう、今回はしっかりカメラIn♪してきましたよ前回はカメラなしで気分半減でしたからね


Rimg7968・・・とかなんとかやっている内に開会式が始まりまして、ゲストに絹代さんがいらしてました
時折チェリイベで見かけますが、相変わらずおキレイですな






当然地元市長さんやイベントスタッフさんのご挨拶や説明事項なんてのもありましたが、そこは割愛

何せ男の子ですからね
写真に収めるのは女性ばかりでございます(爆)



Rimg7990そんな開会式も終了し、いよいよ出走ってな頃になって、なんと奇跡的に晴れ間が出てきた
晴れろとまでは云わないが本日の天気。せめて雨が降らないでいて欲しいもの


Rimg7989

さーてさて。いつものスタート前の自分撮り雨も上がって来た甲斐ありましたな


Rimg7996




そうしていよいよスタートしていきます










・・・と、まぁここまでがいつもの調子でレッツ・サイクリング♪ってな雰囲気で展開していきました。

さてさて、このイベント。
冒頭でも少し触れましたが各自がコース上に配置された15か所のチェックポイントを目指すもの。それぞれのチェックポイントにはスイーツや飲み物。さまざまなものが用意されており、事前に配布された1,000円分のチケットで購入できる形になっています。

1か所で1,000円分全て使ってもよし、分散して使ってもよし。また、当然それ以外に身銭を切って物を購入する事もできます。

そんでもって、事前配布されたマップが・・・
Rimg7959これだーーー!!!

・・・って、これじゃ一体どこに進めばよいかがわからん
せめて、国道、県道、市道の何号線とかの表記があればともかく、細々したチェックポイントは、大体の方向だけが予測できても、一体何処に向かえばよいのやら

うーん。こりゃ地元民をピッタリマークして進むっきゃありません。
進む順序も道先案内人にお任せで行きましょう


Rimg7998スタート直後。
先頭集団に促されて何となく九度山方面。
・・・ってこの時点じゃ何処に進んでいるかも分からなかったですが



Rimg8001

先頭集団にはかるーく一蹴されてボッチ走行していた私の後方より、夫婦連れの方が現れて早速追走。




Rimg8003

国道外れた川沿いの歩道にもキビキビと手信号で導いて下さる旦那様
きゃーい頼りになる~本日一日、お供させて頂きます




Rimg8006

・・・ってな事思った矢先に後輪に違和感が






Rimg8008

敢え無くパンクでございます









久々の走行中のパンクにすっかり意気消沈
頼りの道先案内人もいなくなり、さてはてどうしたものやら・・・

何せ100数十人ほどで迎えた本日のチャリイベ。皆が目指す場所はそれぞれで、チューブ交換した暁には通過される方は誰もおりません

九度山方面にはチェックポイントは沢山ありますが、手押し予備ポンプで入れた空気圧状態じゃ、またいつパンクしてもおかしくない。もう予備チューブはありません。
幸いだったのが、この時点はまだスタートしてから7㌔程度。

こりゃ一旦会場に戻り、空気圧ばっちり補充で逆側ルートを攻めるしかない。
運よくば、道先案内人に出会えるかもしれぬ


Rimg8009でもって、来た道を悠々と戻ります。
ま、スタートしてからあんまり走ってなかったのが少しは幸いしたのかな?取敢えずスタート会場まで戻る事に





Rimg8011




途中に見かけたこんな場所







Rimg8012



せっかくだから、ちょいと寄り道







Rimg8013




橋を渡っていくカップルさんが実に絵になりますな







ってな事しながらスタート会場まで戻ります
それにしても、少し日も出てきて、ロケーション抜群のこの紀の川市。なのにコースが分からぬせいで、全くといっても楽しめぬ私やれやれだ


Rimg8017
取敢えず車まで戻り空気補充。
これで一安心。さてさて、道先案内人を・・・って、当然誰もおりません








仕方なしと、冒頭の地図を吟味して・・・
このままじゃ一つもチェックポイントを通過せずになってしまうので、一番会場から近い場所に行ってみる事に・・・


Rimg8019知ってりゃ会場から3、4㌔程でものの数分ほどで来られるであろうこのチェックポイント。だけども余所者の私にゃ辿り着くのも至って困難。尚且つこんなさり気ないたたずまいじゃ・・・ミオトス ナ





Rimg8020こうしてチェックポイント「Cafe日和」に到着。お綺麗な店主さんとしばし談笑。次なる場所への行き方をしっかり伝授頂いて、折角なのでお写真化粧直ししなくちゃって慌てられてたので、顔隠してもいいですよと撮った一枚。十分お綺麗ですよ




Rimg8022_2そして教えられたとおりに進んでいく(つもり)が、ホント ニ コレ アッテルノ???




Rimg8026



迷い進むというのは、実に精神力を要するもので・・・





Rimg8030


奇跡的に店舗の看板を発見し






Rimg8031

2か所目のチェックポイント「めっけもん市場」に到着です。







この時点でお昼時。
ココには何名かの方がおられ、女性2名連れの方から「何か所廻られました?」と声をかけられ、「実はまだ2か所目で・・・」なんて言っていると、「すごーい私達まだ一か所目で・・・」

いやはや地図が分からないですよねもう少しマシな地図くれればいいのにGoogleマップとかでも微妙に違う場所指すし

・・・いやはや、皆様。ご苦労されているようで


Rimg8034取敢えずチケット購入でオニギリ3個。
それにしてもこのチケットの使い方がイマイチ分からず、てっきり1か所で一枚(100円)しか使えないのかと思いきや、何枚でもヨカッタらしい。それじゃここで全部使えばヨカッタな・・・







この後どうするか思案したが、最早これ以上彷徨う元気もなく、会場に戻る事に。
お天気も昼から崩れる模様だしね

せめて会場近くのもう一か所くらい廻ってみようかしら???


Rimg8039
・・・と思いましたが、すっかり気分は乗らなくて、会場までの帰途にあった粉川寺にお立ち寄り


Rimg8045
桜の綺麗な粉川寺







Rimg8049

最早サイクリング忘れて観光です。
それにしてもすっかりだらけ切った体になったな今シーズンも、しっかり走りこまなきゃいけません




Rimg8050

桜並木の中を境内目指してテクテクと







Rimg8056


Rimg8057少々お空が暗いのが残念ね
それにしても、中々風情のあるお寺でした







Rimg8062
桜の絨毯がまた風情があっていいもんだ
だけど、サイクルシューズじゃ、滑るんですよねこれが






Rimg8070


・・・ってな感じに、最後はサイクリングを放棄してのゴールです









いやはや、今回はあまりのコースの分からなさにすっかり嫌気がさしてのサイクリング。実走距離も三十数㌔。ポタったってよりは、彷徨ったって方が正しい表現だな。うん

ただ、次期とコースは申し分無いと感じました
コンセプトもゆるゆる旅乗り派な私向きだったし、最初のパンクさえ無けりゃ・・・

多分あのまま道先案内人に着いていきながら、それなりに走りも楽しめただろうな・・・
そんな悔やまれる今回でした


Rimg8073
その後ゴール地点で振舞われたラーメンいまいち消化不良な私です




Rimg8075

遠方なので、閉会式待たずにさっさと帰宅申し出ると、お土産沢山下さった

いやはや、次回はしっかり下調べた上でやってきます



Rimg8076そんな訳で2ヶ所だけの寂しいスタンプラリーマップを手に帰宅したのでした(おしまい)

« 2015年OCKサイクリングIn雲海(岡山) | トップページ | 2015年サイクリングとびしま春吉ライド2015(広島) »

コメント

>akiさん

きゃーいおねーたま
今年もよろしくでございますm(_ _)m

うん。そうね。
体は冬の間ですっかり鈍りはてて、ベルト穴ひとつ分は優に成長した私
これから徐々に引き締めていこう

この度のイベはあまりにも消化不良だったので、翌週にもお口直しに行ってきました
こちらは一転、楽しく満足いく結果となったね

それじゃ、またね

お!今年も始動したね(^^♪

でも、何か運が悪いというか
巡り合わせが良くないというか
ねぇ~(^◇^;)

めげずに調子を上げて
行こうぜ(*^^)v

それと体力維持&増進にも
務めることだね(^-^)

>megさん

あははこの地図じゃ・・・ね
知ってる方にとっては何の事はないんでしょうが、土地勘の無い者にとっちゃ、太刀打ちできませんね

チューブレス・・・確かにいいって聞きますが、それがやられた日にはリカバリー不可能で
遭難する恐れがあるので、私はいまいち怖くて踏み切れません

次は兵庫県宍粟市波賀町で開催されるヒルクラ。でも実は間にとびしま海道走ってきましたが、記事が追いついておらず

近々上げます

この地図はちょっとひどいですね~。
全部回った方なんているんですかね?

イベントでのパンクは、
本当にモチベーション下げますよね。

私も、こういうブログを見るたびに、
チューブレスを検討しますが、
いまだに実現していない・・・

次はどちらのイベントでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015年ピンクリボンサイクリング(和歌山):

« 2015年OCKサイクリングIn雲海(岡山) | トップページ | 2015年サイクリングとびしま春吉ライド2015(広島) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ