« 2015年ツール・ド・103(香川) | トップページ | 2015年ヒルクライムIn若杉(岡山) »

2015年6月14日 (日)

2015年グランフォンド伯耆(鳥取)

6月14日(日) sun

鳥取県は西伯郡伯耆町で開催された「グランフォンド伯耆」に参加してきましたhappy02happy02happy02
梅雨入りした中国地方。お天気は事前には心配しておりましたが山陰地方は梅雨の中休みの青空happy01黄砂の影響で、遠くは霞んではおりましたが、気持ちのいい一日でしたconfident


Rimg9475


近県である鳥取県。私の自宅からだと2時間30分ほどで現地Inできる距離ですが、如何せん朝の早いサイクルイベントcoldsweats01午前5時30分からの受付開始に間に合うよう、早朝3時出発にて会場を目指します。


Rimg9235


午前5時30分。無事に会場Inしてまずは受付♪




Rimg9240


無事にゼッケンげとで準備万端happy01





Rimg9242


お天気快晴sun若干朝のヒンヤリ感が心地いいheart01




Rimg9245


残念ながら黄砂の影響にて遠くはやや霞んでおりましたが、大山も綺麗なシルエットを見せてくれておりましたconfident




Rimg9234_3
記念写真もしっかり撮ってcamerashineさーて、今日も一日、楽しもうheart01



さてさて、この大会。「ぐらんふぉんど」と名乗るくらいですから、相当上るcoldsweats01
コースは「鉄人170㌔」「ロング140㌔」「ショート80㌔」と3コース用意されておりまして、私は勿論ショートコースdeliciousdeliciousdelicious

40のおっさんは無理しませんcatface明日も仕事だし帰りの体力も温存しておかなくっちゃねwink
以前は折角参加のチャリイベ。どうせなら何が何でもロングでしょうbearingbearingbearingなんて思っていた頃もありましたが、人間無理せず楽しむ事が一番です♪



Rimg9255


午前6時30分。そろそろ出発場所に移動しまして・・・





Rimg9257


出発の時を待ちます。スタート順はゼッケン順で、鉄人コースの方よりロング、ショートの順にてスタートします。





Rimg9258


さてさて、何はともあれいつものスタート前の自分撮りcamerashine





Rimg9261


程なくスタートしていきましたbicycledash














流石は今年で第33回を迎える大会です。スタートは20名ずつ1分間隔にてスムーズにスタートしていきますconfident

この出発の進行一つとっても、モタモタするようなイベントは、それだけで少々興醒めしますからねdespair運営スタッフさん達も、実に手慣れた感じで、素晴らしいhappy02happy02happy02



Rimg9262


スタートして間もなくは、ばい~んと下っていきます♪って事は帰りはもれなく上るのねgawk





Rimg9266


そうしてやっぱり「グランフォンド」ですcoldsweats01せっせと上りが待っている





Rimg9267

それでもまだまだ序盤の上り





Rimg9268


難なくクリアして高台よりの眺めを楽しみますeyeshine





Rimg9270
平地に出でては一路「ことうらさん」の琴浦町を目指してせっせのせ♪



Rimg9273


そして「白鳳高校」前に進み出ますれば・・・





Rimg9275


これまでの上りは全ての序章に過ぎませんcatfaceとばかりのダラダラ上りゾーンに突入ですdespair





Rimg9277


ひーこらせいwobblyで折り返しポイントの赤碕方面に向かいます





Rimg9278


大山町に入り、漸く上りも緩むかな・・・





Rimg9279


そんな事はございませんsad道はダラダラどこまでも上っていきまして・・・





Rimg9280


やれやれ暑いよーwobblywobblywobbly














・・・暑い?

!?

そうですcoldsweats02
お天気至って快晴なのは嬉しい一日ですが、初夏の日差しの6月中旬。如何に山中の中を走る「グランフォンド伯耆」と言えども大変暑いshockshockshock

私はまだショートだからいいものの、鉄人やロングの方々は、この暑い中をせっせと上ったり下ったりしながら140㌔以上快走するんだから、大変だcoldsweats01coldsweats01coldsweats01

皆様、お体に気を付けてくれぐれも無理のないように・・・



Rimg9287


ダラダラと、上ったり下ったりを繰り返しながら何とか平地ゾーンに突入




Rimg9289
それにしても写真の大半は上ってるものばかり。だもんで上ってばっかsadな印象ですが、下りながらの撮影って危ないですからねcoldsweats01どうしても鈍足となった上りcameraが中心になりますな





Rimg9292


平地ゾーンとはいえ小憎い上りも少しはあって・・・





Rimg9294


ヘロヘロwobblyと進んでまいります





Rimg9296
ですが田植えの終わったばかりの緑の稲を見ていると、何となく涼やかな気分に浸れますconfident



Rimg9298


さーてさて。次なる上りに備えましょうかねbearing





Rimg9301


こんな風に上った分だけしっかり下る。って感じではなくてばいーんと上ってはちょっとの下り。の繰り返し





Rimg9305


実に体力を削られますwobbly





Rimg9308


日差しsunは容赦なく降り注ぎ、天気が良ければ良いでやっぱり文句delicious人間実に身勝手だ





Rimg9316


何処までも果てしなく上っていく感じを繰り返しながら・・・





Rimg9322


ようやく休息の下りですconfident





Rimg9324


しかしそれすらも束の間だcryingcryingcrying





Rimg9328
道は何処までも上り基調のままに延々と続いていくcryingcryingcrying



Rimg9333


そんな振り返ってみると上ってばっかりの写真の中に・・・





Rimg9334


ふと緑の景色が広がるとホッとするなconfident





Rimg9338


何となく北海道~ってな雰囲気の牧草地帯を越えていき・・・





Rimg9343


道はやっぱり上ってくcryingcryingcrying





Rimg9348


それでも平地に下り至りましては・・・





Rimg9351


折り返しのチェックポイント





Rimg9354
赤碕ふれあい交流館に到着です♪


いやはや大変だったwobbly
昨年も参加したこの大会。ですが今回は日差しがキツイdespairdespairdespair
雨の山陰地方のイメージでしかも梅雨時。
事前には随分お天気の心配をしておりましたが、逆に暑すぎる位の本日。
ヤレヤレだwobblywobblywobbly



Rimg9357


何はともあれエイドです♪





Rimg9358


ココにあった見慣れぬこんな物





Rimg9360
ちょいと塩味利いてていと美味しhappy02happy02happy02
・・・だったのですが、私の顔はへたり顔deliciousdeliciousdelicious

だってねcoldsweats01
暑いしキツいし大変だったんですからdespairdespairdespair



Rimg9361


それでも折り返しの後半戦。参りましょうかheart01





Rimg9364


今度はスタート地点の大山方面を目指します。





Rimg9366


そして昨年とは違ったのが来た道とは別の道を通って帰る




Rimg9370_2


そしてこれがまた大変な上り道sadsadsad





Rimg9372_2


大山町に到着するもまだまだ上るwobbly





Rimg9374




ようやく下ってみても・・・





Rimg9377



またまた襲ってくる上り坂





Rimg9381



やれやれ、もう吐きそうshockshockshock





Rimg9386
こんなような橋をいくつも通る
大体谷間に架かっている橋。それも上り坂gawkgawkgawk
ちょいとキツイじゃないのさbearingbearingbearing

だけど谷間は気持ちばかり涼やかな気分にもなります。
ただ、蝉が鳴いてたのにはウザったい暑さを感じましたがねgawk



Rimg9390


似たような景色の橋をいくつも上り





Rimg9391_2


清々しい緑の牧草





Rimg9393


順調に大山方面を目指しますconfident





Rimg9397


だけど上りますが、何か?





Rimg9399
それでも景色の良さには助けられますなlovely



Rimg9402


せっせと上っていきますと・・・





Rimg9404


比較的爽快な下りが待っていたhappy02やれやれ足休めですhappy01





Rimg9408


目指すゴールは近づいておりますぞhappy02頑張れ、私bearingbearingbearing






Rimg9412


しかしそろそろ足がだーるだると無くなってきておりますdespair





Rimg9414


こんな時は心機一転、おねーさんを追うのがセオリーsmilesmilesmile





Rimg9416


しかしおねーさんも少々ヘバッてきておりましたので、自力で頑張るかdespair





Rimg9419


比較的険しいゾーンは抜けたかな?





Rimg9424
すると何気に見覚えある場所eye
そうそう、去年Waveのおねーさん一行を追ってぶっちぎられていった場所ですなdelicious

今年は折り返し地点の手前ですれ違ったので、最初から随分ぶっちぎられておりますがdeliciousdeliciousdelicious

・・・って事は



Rimg9425
ほうれ、やっぱり上るんじゃんangryangryangry

・・・ヤレヤレだcrying



Rimg9430


ですがそれほどキツク上りません。
上ったり下ったりしながら・・・





Rimg9433


平地エリアに





Rimg9435


そして昨年誤って直進してしまった白鳳高校前を左折すると・・・





Rimg9442


程なく上りゾーンに突入しますwobblyやれやれこの辺からは去年の記憶があるだけに、先の道のりがツライですなcrying





Rimg9445


ぐいん、ばいんと上って下りて・・・





Rimg9449


そろそろ遠くに大山が見えてきたeyeshine





Rimg9453
頑張れ、私bearingbearingbearing
目指すゴールは近いぞよmotorsports



Rimg9455


所がココからが非情にも上るんだよねcrying
えーえー解ってましたよgawk何せ最初に爽快に下ってきたもんね





Rimg9458


それでも大山が随分と近づいた





Rimg9461


まじかに迫っていよいよゴールまでは極間近





Rimg9463


そして待望の・・・




Rimg9464
ごーるですmotorsportsshine

happy02happy02happy02

やーれやれ疲れたピーwobbly

到着時刻は午前11時51分ほど。
7時20分ごろのスタートだったから、炎天下の中、実に4時間半も走っていたのかcoldsweats01

だけど鉄人やロングの方々はこれでまだ半分だからねcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

いやはや、皆さん。無理しないようにねbearing



Rimg9466


ゴール後は引換券で貰ったオニギリ弁当と・・・





Rimg9468


やっぱコレでしょうhappy02happy02happy02



Rimg9469
きゃーいhappy02happy02happy02

生き返るねーhappy01heart04

どんだけ暑かったか?って、ココの総合運動公園にはプールがあって、地元の子供達が楽しそうに泳ぎに来てたくらい暑かったwobblywobblywobbly


さーてさて。
お後は帰るばかりです。

時刻は12時ちょいと過ぎだから、3時前には家に着けるなcatface

だけど、それだけじゃ何だか心残りだったので・・・


Rimg9472
恥じらいの無いオッサンは、ゴール地点でゴールコールされてた司会のおねーさんの元につつと近づいて、お写真ぷりーずlovelylovelylovely

くす。

遠征の恥は常にかき捨てなのさdeliciousdeliciousdelicious


さーてさて。
次回は正真正銘の上るばっかりのヒルクライムです。

今回のが少しは練習になってりゃいいなcatface

ですが、私は相変わらず競わずにちんたら写真撮りながらのお気楽ヒルを楽しみますがねsmile

smilesmilesmile

« 2015年ツール・ド・103(香川) | トップページ | 2015年ヒルクライムIn若杉(岡山) »

コメント

>megさん

アハハhappy01今回も2ショット写真を狙ちゃいましたhappy02
ただし、写真だけ撮ってもらうとお後はそそくさと退散しますがsmilesmilesmile

いろは坂。いいですねhappy01
そこはチャリ活動再開当初に、東京出張があった折、学生時代の友人と共に行った事がありますconfident

結構上った記憶でしたが、いろはに・・・の看板一つ一つを写真に収めながら楽しんだな・・・
そして何せ帰りは一コギもせずに下って帰れる♪ってのも良かったですねhappy01

単身赴任は大変でしょうが、期間限定で見知らぬ土地を楽しめるconfident大変さの部分を味わっていない私からみれば、大変羨ましいbearing

だけどやっぱり家族と別れて暮らし、食生活も怠惰なものになってきて・・・ってな苦労も沢山あるんでしょうね。

関西帰られた暁には、何処か近場のイベントでご一緒できるとイイですね♪

それではhappy01paper

またまた今回も綺麗な女性とのツーショット、
うらやましい限りです…

こちらのコース、苦しそうですね!

私のほうは、可能な限りフラットなイベントを
選んでおり、久しく、上っておりません…

近いうちに、「いろは坂」に行ってみたいと思いますが、
あそこは、上りよりも下りが・・・

人間はやっちゃいけない遊びを
しているかのごとく、下りのヘアピンが続くようです・・・

とまあ、北関東を満喫している今日この頃ですが、
関西のイベントが懐かしくなってきました。

いつ帰れることやら・・・

>moさん

芸能人・・・(爆)

いやいやcoldsweats01まったく普通の一般人でございます(*^.^*)

別段ブログも売れっ子ブログって訳でもなく、極々一般的な僻地ブロですし、至って普通に話しかけてやって下さいhappy01

僕自身、いつも一人でボンヤリ自転車イベに参加してボンヤリ帰る・・・ってな感じなのですが、ブログ用に何か面白い写真が残せないかな?と思い、ワルノリで女性スタッフさんなんかに声をかけて写真を撮ったりもしております(*^.^*)

ま、積極性はそんな事くらいで、基本根暗なボッチ属性人間ですので、こちらから色んな人に声をかけるような事もありません。
お見かけの際には、話しかけて頂ければ幸いですconfident

おつかれ様でした,
大会当日お見かけしました.....なんかみyo-な感じで、ウェブ上ではいつも楽しく拝見させていただいているのですが,,

いざご本人さん..お見かけしても,お声掛けできなかったです.

でも.「わーーー]て、なんか芸能人に会えたみたいでワクワクしました...

今度またどこかの,イベントでお会いできたら絶対こちらからご挨拶しますね...

ではでは..ほんとお疲れでしたーーー

>のぶさん

いやいやcoldsweats01
暑い中、ヒルクラの如く上りっぱなし(の印象)だったので、お昼時にはすでにお腹いっぱいwobblywobblywobbly
気持ちも切れておりましたからねcoldsweats01ショートで十分でございましたsmilesmilesmile

おや!?デュアスロンcoldsweats02
ランの嫌いな私にゃ無理ざんすcatface

くれぐれも無理のないように頑張って下さいhappy01paper

 お疲れ様。雨でなくてよかったですね。
 12時前のゴールで少し物足りなかったのでは。
 次は、ロングコースで。

 私は7月は、神郷デュアスロンと蒜山MTBに参加します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589110/61742527

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年グランフォンド伯耆(鳥取):

« 2015年ツール・ド・103(香川) | トップページ | 2015年ヒルクライムIn若杉(岡山) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

ウェブページ