« 2017年グランフォンド富山2017(富山) | トップページ | 2017年八ヶ岳グランツーリング(シマノ バイカーズフェスティバル)(長野) »

2017年6月12日 (月)

2017年グランフォンド伯耆(鳥取)

6月11日(日)   のち 


・・・っぷはぁぁぁ
ようやく2か月に及ぶ連戦の日々が終了したよ
やれやれ、今年はやり過ぎた
欲望の向くままに彼是エントリー♪ってしていってみると・・・こんなに続くなんて
最早、先週の事すら遠い昔のように思える日々

何はともあれ、無事に終わってヨカッタヨ


Rimg4840


ってな訳で、8連戦のラストに行ってまいりましたは、鳥取県は伯耆町で開催されました「グランフォンド伯耆」でございます

それにしても梅雨入りした6月上旬。お天気至って心配しましたが・・・この日は何とか雨の中休みこれで8連戦中雨に遭うこと一度もありませんでしたね

いやはや良かったヨカッタ
(ヨカッタかどうかな気もしますがねどっかで雨があれば、走らずやめとこってな事もあったでしょうに、結局全部天気いいもんだから、走っとかなきゃなってな感じに走らされてた感があります



Dsc_0318このグランフォンド伯耆。コースはAロングの140㌔Bショートの80㌔の2コース。私は毎回ショートコースそして今回もショートです



Rimg4462今年は出発が遅く8時スタート。受付は7時半まででよかったので、自宅出るのも5時で良かった近場の遠征は大助かりだな無事受付済ませて、いざ出陣


Rimg4467
そうしてゼッケン順にスタート位置に並びます。


冒頭でも言いましたが、お天気何とか持ってくれて、明るいくもり空
ちょいと心配しておりましたが、ここに集った普段より行いの良い、我らサイクリスト達の勝利です

それにしても連戦ラスだったし、お天気も微妙にくもりだった為に気分的には高揚感もなく、何だか淡々とこなしていってる感じです

ホラホラ
何事もやり過ぎはよくありませんね

「今日はチャリイベ
 超たのしーーー

何てな気分で臨むにゃ、せいぜい月一。よくて隔週くらいが、ちょうどイイ・・・



Rimg4470そんな気分の自分はいったいどんな顔してるのやらと興味惹かれて自分撮りうん走る前から、疲れた顔してるね




Rimg4478でもって、ロングゼッケンの方々から、20名づつ1分間隔でスタート流石老舗イベですな実にスムーズにスタートしていきます♪


Rimg4480本日山岳ライドのグランフォンド。スタート直後から、爽快にぐわーーーっと下っていきます・・・って事は、もれなく帰りはぐわーーーっと上って帰ります

Rimg4483


それにしてもコンディション最高ね寒くもなく暑くもなく、実に走る分には程よい感じ



Rimg4485


なので、少々の上りも別に負担に感じる事もありませんでしたね




Rimg4496


今日の感じなら、別にロングでもサクッと帰って来られそうだな



Rimg4500


・・・ってな事考えながら、淡々と進んでいきます









Rimg4501
山間の眺望から時折のぞき見える日本海がイイ感じ
大山周遊付近って、日常から切り取られて旅乗ってる感じがして、実に気持ちイイですな

そういや、去年のツール・ド・大山のリベンジにも行っとかなきゃな
あの時ゃ、走り始めた瞬間から、筋力が・・・ムリってなってたもんね



Rimg4509


淡々と進んで・・・







Rimg4510


白鳳高校前。








Rimg4512


ここから、往路の上りが本格スタートしていきます





Rimg4520


写真撮りためて進むと・・・







Rimg4525何度も「やった・・・頂上だ」ってな写真が出てきますが、何だかデジャヴだね
そんだけ何度も上っているのね





Rimg4526
そうしてようやく視界が開けて平地上♪
何だか下界に帰ってきた気がします




Rimg4529


お空の具合も明るくなったり暗くなったり・・・雨の心配はまったくありませんね




Rimg4534


一行は折り返し地点の赤碕目指して進みます





Rimg4541


海辺もいいですが、たまには山並み眺めながらのサイクリングもいいですな




Rimg4550


そんな感じに、上ったり下ったり







Rimg4555


やれやれ、基本山岳グランフォンドです。ちーっとも平地まったりな感じにゃ出会わない



Rimg4562


何度もデジャヴのように峠の頂を眺めます










Rimg4571
やれやれ、以前は丁度この辺りで給水ポイントがあったよな




Rimg4577


だけど今年はないようね






Rimg4581


最早、赤碕のエイドポイントまで頑張るしかありません






Rimg4583
時折見える日本海の風景にリフレッシュしながら、頑張れ、私




Rimg4588
その後も相変わらず上ったり、上ったりしながら進みますが、心地いい風が吹くのでそんなに苦痛もありません



Rimg4590
いつも7割ほどの力で走る私ですからね走ってるより、景色眺めてパシャパシャしてる事の方が多いです



Rimg4596


それにしても酪農地の多いこの辺は、北海道♪ってな景色でちょっとしたトリップ感覚




Rimg4603


琴浦町に入りまして、一段と長い峠を上ってみますと・・・





Rimg4618


目指す折り返し地点の赤碕目の前






Rimg4620_2


見る場所場所で姿を変える大山に見守られながら・・・







Rimg4625
折り返しの赤碕エイドポイントに無事到着です


それにしても今年のグランフォ伯耆。
ここに至るまで給水ポイントがありません

涼しかったこの日だから悠々と来られましたが、6月の、もあもあジメジメした日差しに晒される日だったら、結構大変だったに違いない

やっぱり、途中に給水ポイント置いた方がイイのでは
熱中症で倒れる人出ちゃ大変です

道中、お店もありませんしね




Rimg4627


何はともあれ、まずトイレ







Rimg4629


そうしてエイドの賄い頂きましょう






Rimg4630どら焼き♪どら焼き♪
スポーツ羊羹は、ロングの人達がいっぱい持ってっちゃったのかしらま、私たちはここから折り返しですが、ロングの人達は関金まで行っての折り返しですもんね





Rimg4631
でもって、可愛らしい恰好のおねーさまがいらしたので、お写真撮っとこ♪


Rimg4632





Rimg4633


さーてさて。
そんじゃボチボチ出発して、お昼を食べにゴールに戻りますかな



Rimg4636


いざ、出発









Rimg4638
私達ショートは右折で帰還。ロングの方々は、左折で関金目指して帰還します。




Rimg4642


それじゃ、まったり進みましょ







Rimg4647


ところがまったり行けないのがグランフォンドでございます





Rimg4652


何せ復路の方がより大変な峠をどんどん上る








Rimg4657
ぶはーぶはーーーと上り切っては大山町




Rimg4660


しばし平坦に足休め







Rimg4662

この辺から見える大山はすり鉢状。ゴールの伯耆町の辺りじゃ綺麗な伯耆富士の形になって見えてくる



Rimg4688


そんな風に、山の形状の変化も楽しめるのがグランフォ伯耆のいい所




Rimg4698


この辺は芝の栽培も盛んなので、ゴルフ場みたいな綺麗な芝の景色も楽しめます




Rimg4703


あの土管の中からは、マリオでも登場しそうですな





Rimg4712


そんな事考えながら、せっせのせ








Rimg4713
見える大山にもだんだんと近づいてまいります




Rimg4726


それにしても、ホント飽きるくらい上ったり上ったり





Rimg4728


そんな時には、脇の景色で気晴らしだ








Rimg4731
大山にも大分近づいてきて、見やすくなったな




Rimg4735


そして日本海から吹き付ける風も涼しくて心地いい





Rimg4747


そんな感じに展開していくので、左程疲れも感じません





Rimg4752


その先では日本海に向かって爽快に下り♪







Rimg4759


以前はこんな場所ってコースにあったかな誤って下ってると、帰る元気がありません




Rimg4763


ですけど、見覚えのある景色が見えてきて一安心







Rimg4766
でもって、またまた上りだよ
容赦ないよねグランフォンド



Rimg4773
せくせく上って米子市へ
むきぱんだ遺跡の看板、いつも見るけど実際行った事はないよな


Rimg4776


再び白鳳高校前の分岐点♪やれやれゴールは間もなくだね





Rimg4786


でもって、来る時爽快に下ってきた道のりをせくせく上って参ります









Rimg4795
ですけど大山が綺麗な富士状に見えてきた
やれやれ、ゴールは近いぞ頑張れ、私



Rimg4798


上る先々に伯耆富士







Rimg4802


そんな大山に見守られながら・・・









Rimg4804
大山町♪
目指すゴールはもう間近!?




Rimg4809


この辺の上りになると、俄然みんなハリキッテげしげし上って行かれます




Rimg4813


私ゃ大山眺めながらノンビリで結構ざます








Rimg4816
最早ここまでくれば、着いたも同然 <( ̄^ ̄)>



Rimg4817


そうしてスポーツ公園の看板見えれば、まっすぐ行ってゴールです




Rimg4820


・・・って思ってみれば、イケズに曲がらされるのね






Rimg4823


それでも少々の迂回も問題なしです







Rimg4828そうそう、ゴール直前にスタッフさん「あと少しーーーまだ回せるーーー!!頑張れと叱咤激励
いんや私ゃまったりゴールで結構ざます




Rimg4829
でもって、待望のゴーーーールです


到着時刻は13時ちょい過ぎ。
以前に比べ、出発が遅まった分昼前ゴールじゃ無かったですが、過去3回出場して今回が一番楽に走れた気がします

ロングも140に軽減されたし、こりゃ次回はロングでもいいかもな




Rimg4833ゴール後は相変わらず司会のおねーさんの元にツツと赴き、お写真ぷりーずおねーさん、以前の事も覚えてて下さって、「あぁ~♪前にも・・・」と快く応じて下さいましたいやはや、これで疲れも癒えますな


Dsc_0335その後、せっかく近くまできたんだし・・・と思い、倉吉市の後輩君のお墓に参ってコーラで乾杯
8連戦の無事終了を報告して、家路につきましたとさ



やーれやれ。
ようやく終わった2か月に渡った8連戦

・・・もう2度とやらねー
やっぱり楽しみ事も何でも程ほどが一番です

これを機に、次回はしばらく空けようと固く誓いましたとさ



(おしまい

« 2017年グランフォンド富山2017(富山) | トップページ | 2017年八ヶ岳グランツーリング(シマノ バイカーズフェスティバル)(長野) »

コメント

>masaさん

あーはは♪イベってる時は、喰っとけ食っとけ走れなくなるぞと、ついついカロリー過多になってしまいます

ま、普通に毎晩の缶ビール×4本も相当きてますがね

僕は旅乗りのつもりでやっているので、獲得標高とか距離とか時間を気にした事は無いのですが、結構行ったのかな

どんな峠であれ、思わずカメラ構えたくなるので真面目に走ってみた事はありませんが、ヒ~~~足切りだーーーって追われてくると、ゲッシゲッシ上ってみたりもします

ま、すぐに飽きて「ま、いいか」となってしまいますがね

8連戦お疲れさまでした!
連戦で体型も心なしか・・・・・(失礼)

8連戦出での獲得標高、スゴイことになってるんでは?

グランフォンド系は避けてましたが、読ませてもらっていて、少しは心が動き始めました。

少し休憩して、後半のアタックがあるのではと楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年グランフォンド伯耆(鳥取):

« 2017年グランフォンド富山2017(富山) | トップページ | 2017年八ヶ岳グランツーリング(シマノ バイカーズフェスティバル)(長野) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ