« 2017年グランフォンド伯耆(鳥取) | トップページ | 2017年鳥取すごいライド(鳥取) »

2017年7月30日 (日)

2017年八ヶ岳グランツーリング(シマノ バイカーズフェスティバル)(長野)

7月29日(土)   一時 


長野県は八ヶ岳で開催された「八ヶ岳グランツーリングに参加してきました

さてさて、前回までの8連戦を終え、すっかり引きこもっておりました私
おかげで筋力激落ち。体力はすっかりご老人級となっております
やれやれ、こんなんで走り切れるのかしら

ま、100㌔程度だし、楽勝でしょう
とタカをくくっての参戦でしたが、結果や如何に・・・

Dsc_0349

そもそも、この八ヶ岳グランツーリング。同日、後日の2日間で開催されております「シマノバイカーズフェスティバル」の一環のイベント。同イベでは、マウンテンバイク競技を中心に、69ものイベントが繰り広げられております

元々私は、ココには京都の美山サイクルグリーンツアーを目論んでおりましたが、エントリーが瞬殺につき、予定が空いてしまってた
ま、そうなればいつもの銀玉不健康なお遊びにでも・・・という所なのですが、当ブログ繋がりのmegさんが、この八ヶ岳に参戦!!とのブロ記事を見て、興味本位にエントリー♪と、いつもの如く考え無しの私です

直前まで、当日お会いしましょうね
ってな感じで言い合っておりましたが、当日の天候がイマイチ微妙な雰囲気
megさんDNSを決意した。との事につき、私ゃどうしよううーむ

前日、昼まで悩んでとりあえず現地Inしてみる事を決意。
あんまり雨だったら・・・観光して過ごすのも有でしょうと、延々500㌔超。7時間のドライブにて到着の長野県でございます



Dsc_0344ってな訳で、夏季休を28の金曜に入れ意気揚々と長野In。人生初長野&初諏訪湖
ホントは朝早く出発し、少々観光でも・・・だったのですが、参戦か?否か?と悩んだもんだから、到着は18時過ぎでございます



Rimg4846前泊はロッジを予約したのですが、どこもかしこも似たりなロッジが沢山点在何とかうす暗くなりかけた19時にたどり着き、一安心な前日





Rimg4849でもって当日会場Inって、霧が凄いねそして肝心のお天気も微妙にくもり空。やれやれ、走れん事もないので、走っときましょ






・・・と、まぁ、、、いつにも増してテンションの低い私です
すっきり晴れてりゃ、雄大な八ヶ岳連峰の眺めや美しい富士山の眺めが楽しめるハズだったのに

これじゃ、何処にでもある単なる高原山の中と変わらんじゃん

やっぱ、私も素直にDNSしときゃヨカッタのかしら



Rimg4855それでも淡々とスタート準備をしまして、記念写真







Rimg4868
程なく8時20分からブリーフィングが行われ・・・








Rimg4862


ま、ノンビリ一日楽しみますかと自分撮り





Rimg4871


そんでもって、程なくスタートしていきました♪








ってな感じで、文体通り実に淡々としたテンションで臨んだ当日でございます(^_^)
会場は、「富士見パノラマリゾート」という場所にありまして、スキー場なんかもあるような結構な高台でございます

だもんで、スタート直後は爽快に・・・というには怖い位に下ってまいります

でもって、そんな下ってる最中、突如


「パァーン


という、けたたましい乾いた音が


・・・私の前輪、みるみるとリムう打ちし始めてバランスぐらぐら
やれやれ、激下りの最中、チキンな私は、いつもの如く、ソローロそろりと下っていたので難なく止まれましたが、下りの途中でバーストしたのはこれが初めて
いやはや、下手すりゃバランス失っての大惨事となりかねんので、今後もチキンに下って行こう

と、スタート僅か5分もしない内での敢え無いパンクでございます
ま、それでもスタート直後だった事も幸いし、スタッフさんの手助けもあり、すぐさまチューブ交換♪やれやれ、最近パンク多いよなそう思って、タイヤ新調したばっかだったのにな・・・



Rimg4874いきなりの戦線離脱で最後尾ただでさえ貧弱な私に、このビハインドは厳しいねーま、おかげで専属伴走スタッフさんを得たので、道に迷う心配はないな


Rimg4876それにしてもこの日はとにかくおかしな一日。やたらとボトルやらポンプやらが外れ、その都度停車。その上、筋力激落ちにて、全然上れねー無理にスタッフさんに付いて行こうとすると、くらくらと貧血気味になるもんだから、ヘコヘコペースで参りましょ


Rimg4883_2それにしても、このコース。グイングインと上っていって、緩んだか?と思ってみても、微妙に上る。そうです。何だか上りっぱなしな感じですおかげで、貧脚の私ゃすっかり足が削られる上、全然ペースが上がらねー


Rimg4887気晴らしにおねーさんでも追ってみようかってな事も出来ず、すっかり最後方にてスタッフさんとの二人旅・・・って、割と愉快に話しかけてくれて、楽しく走れましたがね



Rimg4891そんでもって、ようやく晴れ間が見えてきだして、景色が楽しめるのか!?




Rimg4892
・・・いや。雲が多くてとても遠くは見渡せぬこれじゃ、全然山脈なんて見られそうにもないね




Rimg4893そのまましばし行ってると、先導スタッフさんがもう一人加わり、3人旅♪・・・って、私ゃヘコヘコへばりながら付いて行くのみですが





Rimg4896
でもって、その先の微妙な案内板の前でしばしのシンキングタイム
上かね?下かね???と地図を確認スタッフさん。

おかげで私ゃ安心してついていけますね
八ヶ岳でロストコースって、ちょっとゾッとしますもんね


・・・とまぁ、全体のイベント集団からはすっかり取り残されて、単独スタッフさん先導イベへと変貌の八ヶ岳グランツーリング。
ヘタレな私が最後方位置にいるので、全然前方に人影見えず

何だか、思い描いていた高原サイクリングとは、全然違ったな(がっくし
最早、眺望も楽しめず、単に上らされているだけの修行サイクリングの様相に、ますますテンションダウンの私です(ToT)



Rimg4899
それでもスタッフさん達は、私のヘコヘコペースにお付き合い頂けるので、いと感謝
やれやれ、ここも前方の雲さえなけりゃ、最高の眺望だったに違いない

終始こんな感じなもんで、全然八ヶ岳が楽しめんなー



Rimg4900


あっちにゃ、どんな山脈が見えてたのかしら





Rimg4902そうして進む先には、振ってる感じの雨雲に、まさにお先真っ暗な状況です






Rimg4904


そうしてそのまましばし進んで、ようやく人影が見えだした頃・・・










Rimg4908_2
最初のエイドポイントに到着しました


やれやれ、私の到着時には最後の組の方が出発していかれた第一エイド。
相変わらず、最後方位置でのスタッフさんマンツーマンな状況は変わりません^^
今日は一日、この位置キープで行くしかありませんね




Rimg4906
相変わらず遠くに見える景色も・・・








Rimg4907


雲ばかりでツマラぬのぅ











Rimg4905
ちんたらしてちゃ、どんどん離れていく一方なので、振舞いもの頂いたらば、サッサと出発しましょ



Rimg4909


やれやれ、つくづくもこんなハズじゃ無かったのにな・・・






Rimg4911


まったく回復せぬまま、せっせのせ






Rimg4913


その上、色んなものがポロポロ外れて、一向にペースは上がりません




Rimg4917そうして、橋のクリーチングには嵌りかけ、危うく転倒かと恐々冷や冷や
この路面状態の悪さも八ヶ岳の特徴なのでしょうか?嘆いてみても、皆同じ条件の中走っているので、仕方なし



Rimg4918
その先には、足攣りにて走れなくなった方が回収されておりました。ヤレヤレ私も回収されたいなー





Rimg4919伴走スタッフさんは、回収の方対応にて別スタッフさんに交代です(^_^)私も回収されそうな勢いで、ヘコヘコ進んでおります



Rimg4920


これで景色でも楽しめれば、また気分転換にもなってヨカッタのですがね・・・




Rimg4924


泣き言ばかり言いながら、ヘコヘコ進めば・・・

Rimg4925
2ヶ所目のエイドポイントに到着です<( ̄^ ̄)>

ここでようやく何人かの参加者の方々をお見かけし、一安心
これまでは、スタッフさんからヘコヘコ押され引かれの修行模様

ま、そんなスパルタじゃ無かったですけどね

「ご自分のペースでどうぞ

と優しく寄り添って頂けましたが、他人がいるとどうしても気になるものです
大勢の中の一人。ってんならともかく、ずっと伴走されてると気疲れしてしまう私

ま、何はともあれ優しくリードして下さり、感謝です



Rimg4926
ようやくスタッフビブス以外の方々発見・・・って、お後のミドルコースの方々も混じって来られたのね




Rimg4929
振舞われたるはおいしそうなウインナージビエかな







Rimg4930
そうして水水しい地元のお野菜たち












Rimg4935
まとめて、いっただっきま~す
・・・ってな余裕もなく、すっかり表情も虚ろな私です


Rimg4933

だってねぇ
ここで見えてた景色も、こんな景色だったはずが・・・










Rimg4934
・・・これですもんね
山影なんて、一つも見えないじゃないのさ



Rimg4937


最早、今日という日には何一つ期待できそうもないので、エイド最終の方が出発された後を追いましょうかね



Rimg4939そんでもって、相変わらず上ったり上ったり・・・涼やかな高原とはいえ、季節は真夏湿度の高いモアモア感に、すっかり参ってしまいます

Rimg4944


それに、ようやく上り切ったかな







Rimg4947
・・・と思ってみても、まだまだダラダラと上りは続いてまいります
うん。これコレまでのどのグランフォンドよりも辛い気がする






Rimg4950
それにこの八ヶ岳の道路って、路面がガタガタなんですよね
最早、綺麗な景色の印象が無いものだから、愚痴ばっかりが印象ついた気がします



Rimg4952
どんな位置関係を周遊しているのか分かりませんが、山梨県エリア突入






Rimg4953しばし爽快に下れましたが、ガタガタのアスファルト路面のお陰で、ボトルが1本飛んでった再々、落としておちましたが、下りの最中。最早うち捨ててしまいましょ




Rimg4955
・・・そんでもって、またもやヘコヘコ上りだよ







Rimg4960
最早、すっかりテンションも上がらず進んでいくと、数名の人だかりが見えました











Map2


ここは12時通過の足切りポイント
何だかスタートが遅れたせいか、12時15分まで足切り延長されてて、私の到着12時10分ほど。

「まだ、いけますよ

と促してくれましたが、先はまだまだ上って上っての20㌔ばかりございます
今日の私ゃ、全然頑張れそうにもありませんし、何より上った所で景色なんて楽しめぬ最早、上る価値なしと勝手に判断し、素直にショートする事を選択♪

やれやれ、これでミドルコース以下の設定になっちゃいましたね



Rimg4964
私の後に来られたおねーさんスタッフさん伴走の2名の方は上っていかれましたが、私ゃここで下りましょ





Rimg4968これ以上無理して、這う這うの体でゴールです何てなのは趣味に合わぬので、頑張らないと決めた情けない私の自分撮り



Rimg4969
そうして、爽快に下って行きます♪








Rimg4973下った先は、すぐエイドだったのですが、一緒に下って行ってたおねーさんが、下った先の信号手前でバランス崩して転倒しばしのプチトラブルを経て・・・







Rimg4976
3つ目のエイドポイントに到着です(^_^;


やれやれ、大幅ショートカットのお陰でようやく人並みな位置に復帰です
決して誇れる感じじゃありませんがね


Rimg4977
ここにも高原お野菜たんまりで・・・








Rimg4979


長野のおいしいフルーツや・・・







Rimg4980


草餅でようやく人心地♪










Rimg4978
ショートしたお陰で、少し余裕ができましたね



Rimg4983
何やらここには有名で美味しい名水がわいているようで・・・







Rimg4985


ボトルに冷たい名水汲み入れて・・・








Dsc_0346
懸命にエイドを盛り立ててたスタッフさん達と記念写真♪



Rimg4986


残るはへーこらゴールを目指しましょ






Rimg4990


助かったのは、ここからの工程は割と下り基調な事が多かった





Rimg4994


前後に人の気配があるのもあり、若干気持ちに余裕も生まれ・・・








Rimg4993
若干、お山も眺められたので、良しとしよう



Rimg4995


・・・どこのお山かは不明ですがね







Rimg4996_2


これで眺望が望めたならば、全然違った印象だったんでしょうね





Rimg4999


最早、頑張る気0な私は・・・











Rimg5000
ゴールまで数㌔地点の自販機でご休憩



Rimg5001


・・・何てな事やってりゃ、ありゃりゃ土砂降ってきたよ





Rimg5004


最早、すっかり心折れて、テクテクと押し歩きの上りです(^_^;






Rimg5006
スタッフさん「どうしましたパンクですか!?」「いんや、心折れて・・・休憩です上ればまた乗ります^^;」とご心配頂く始末です(^_^)







Rimg5007
そんな可哀そうな私の自分撮り
返す返すも、ショートしといてヨカッタヨ



Rimg5009


残すは数㌔。
せめて後は乗り切りましょ






Rimg5011


そうこうしていってゴールまで後2㌔
やれやれ、疲れたピー






Rimg5014


だけど、ゴールまでは容赦なく上るんだよねここまで来て押すのも癪なので、何とか頑張って・・・







Rimg5019
15時丁度。
まさしく這う這うの体にて、何とか無事にゴールしました


やれやれ、想像以上にシンドかった
運動不足の筋力不足なのもありましたが、それよりなにより気持ちが全然ついてこなかった
何だか、終始淡々と過ごしていた印象の今回です(^_^)

唯一のナイス判断は、ショートに切り替えた事。
ちょっと前なら、無理して頑張ってみた所ですが、本厄過ぎのおっさんは多少の分別できてきて、過度な無理はいたしません ( ̄^ ̄) エッヘン

全く威張れた話じゃありませんがね



Rimg5020ゴール申請場所に向かうと、ハイ、いいですよ♪とあっさりなーんだ。完走証も何も無しですかま、私ゃ完走じゃありませんがね







Dsc_0350
それでも、最早本能にてヨーグルト振舞ってらしたおねーさん達に、ちょいちょい、一緒に記念写真ぷりーず





やっぱり私は健在です



Rimg5021


やれやれ、色々ありましたが、怪我なく済んでヨカッタよかった





Rimg5024


その後、最初に配られたチケットの高遠温泉に行ってみれば・・・





Rimg5025

何と会場から車で1時間程離れた場所にございました何で???







Rimg5026
それでも、ねっとりお肌にまとわりつくような泉質の温泉に癒されて、そのまま強行軍にて7時間ドライブの後、自宅にかえりましたとさ





☆ついしん☆

Rimg5023_2

会場で行われてたマウンテン競技も大荒れ模様で、みんな泥だらけの方が多くいらっしゃった

服もお顔も泥だらけの大人の女性をこんなにも多く見るなんて・・・これもある意味レアな体験でございましたね


だけど、皆さん満足げないい表情しておりましたよ


(おしまい)

« 2017年グランフォンド伯耆(鳥取) | トップページ | 2017年鳥取すごいライド(鳥取) »

コメント

>masaさん

いやはや
いつにも輪をかけてのダメダメッぷりな今回です(^_^)

なーんか、折角遠征したのに、何の景色も拝めないので、のっけからテンションガタ落ちでしたね
その上、スタート直後のパンクですっかり取り残されてしまい、フンダリケッタリな感じでございました

ま、たまにはこういう事もありますね^^
8連戦が、奇跡的に晴天続きだったので、ここにきてのシワ寄せでしょうかね

綾部!?
そうでしたね^^
最近、出走してなくて案内届かないもんだからすっかり忘れておりました(^^;

空いてりゃ検討してみます♪

怪我なく無事ゴールされて何よりでしたね。
お疲れさまでした!
寄り添いながら読ませていただきました!

出発直後のパンク、萎えますよね。
ビワイチの時のパンク+バーストのwを食らった自分を思い出しましたよ。

4月の安曇野も往路はズーとジワジワ登り基調。しかし絶景が励ましになるコース設定で何とか走りました。その励ましが見えない中でのペダリングはキツイですよね。

まぁ、無事ゴールされたのだし、よしとしましょう!

ところで、綾部は参加されますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 2017年グランフォンド伯耆(鳥取) | トップページ | 2017年鳥取すごいライド(鳥取) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ