« 2017年鳥取すごいライド(鳥取) | トップページ | 2017年道の駅グルメライドIn中国山地(広島) »

2017年9月21日 (木)

2017年淡路島ロングライド150(兵庫)

9月18日(月)  


兵庫県は淡路島で開催された「2017淡路島ロングライド150」に参加してきました

Dsc_0436


・・・やれやれ、無事に開催されてヨカッタよ
何せ前日・・・ってか、当日の未明まで台風による影響にて、中止か?開催か!?ってな判断が、予断を許さぬ状況です

2000人から集結する大きな大会。
参加者の私達も、主催者さん達も、皆一同にヒヤヒヤと台風の状況を見守っておりました

当初の台風進路予定だと、前日の17日には淡路を直撃しても夜半には抜けてる予想だったのが、どんどん足が遅まりまして、淡路直撃が前日17日の20時ごろです
私は、とりあえず朝の内に神戸まで移動しまして、淡路に渡る手前で開催か?中止か!?の判断を見守っておりましたが、とりあえず開催の方向で調整が進んでいる模様
四国側の鳴門大橋が通行止めになってしまい、こちら側の明石大橋も最早予断を許さぬ状況となった所で、意を決して橋を渡る。


Rimg5567・・・台風ですねと前日受付会場に19時前に到着しまして、受付だけは無事に完了お後は、コース上に台風の影響が無い事を祈るばかりです。

私は南あわじ市に宿をとっていましたので、まさしくこれから向かってくる台風めがけてです。暴風大荒れの天候の中、そうそう走っている車もほぼいないながらも宿には無事到着・・・って、着いて車を降りた瞬間に、体を持っていかれそうな程の風に煽られましたがね

まさに台風直撃のさ中の20時ごろには、絶望的な予感しかいたしませんが、果たして結果や如何に!?

Dsc_0424
・・・一筋の光明ではないですけど当日未明の2時過ぎには全ての警報も解除され、参加者の皆さんも無事に会場集結。
そして、散々ヤキモキしましたが、嬉しい開催決定です


Dsc_0412やれやれ、よかったよ
前夜は寝れる訳もなく状況を見守りつつ午前4時頃に会場In。着々と準備が進んでいく状況に、ようやく一安心の私




Rimg5600一組目がスタート会場に移動していく頃には、すっかり晴れ上がったお空に感謝ホント昨日・・・ってよりは、数時間前までの出来事が嘘のような晴天です



Rimg5603
そうして、私達も無事にスタート会場まで移動していきまして、いよいよアワイチの始まりです






・・・ってな感じに、本編に入るまでにも一大記事が仕上がるか!?ってな程色々あった前日ですが、長丁場なアワイチですからね
要らぬ部分は極力カットしていかないと、延々と記事が終わらなくなってしまいますな


Rimg5607スタートしましては、まずは最初のエイドがある洲本を目指します







Rimg5615毎度おなじみの大観音に見守られながら、一同順調に走行していきますしっかし、ヤレヤレ前夜の憂いは何処へやら・・・ってな感じにお天気一変まさに絶好のサイクル日和となりましたな



Rimg5635
お陰で朝の陽ざしは清々しい感じですが、こりゃ昼間にゃ随分と暑くなりそうね





Rimg5639
一行は順調に進んでまいりまして、いよいよ洲本市に突入♪







Rimg5648・・・それにしても、ほんのつい何時間前まで暴風雨だったにも関わらず、道路上は綺麗なばかりで私がお宿から会場まで移動してくる道すがらにも、懸命に道路清掃車が活躍しているのを見ましたが、主催者さんの並々ならぬご努力に、大変感謝


Rimg5651

そうして景色が南国チックな雰囲気になってきた頃に・・・








Rimg5657
最初のエイドポイント「洲本エイドステーション」に到着です



ここまでの道のりは、何の憂いもございません
下り基調な道のりを、すいすい爽快に走って来られますので、余程のマシントラブルにでも見舞われない限り、全員無事に来られます

ここで28㌔地点。
本日、およそ150㌔の道のりの1/5を消化したのみですな



Rimg5661そうしてこの洲本エイドでは、何といっても豊富な食材がご提供♪まずは、すっかりおなじみの淡路クイーンさんがトン汁配っておられたので・・・



Rimg5662


私ももれなく頂きまして・・・










Rimg5670
そうして、当然のようにご一緒に



まったく、何をしに来ておりますのやら

ま、楽しみ方は人それぞれですからね
私ゃ浮かれモードの中、綺麗なおねーさん達との交流も楽しんじゃお


Rimg5667
お後はバラエティー豊かなオニギリさん








Rimg5668


うれしい朝食が出来上がった所で・・・







Rimg5669
いった、だっき、ま~~~す



Rimg5675
美味しかったので、もう一杯頂いちゃおう











Rimg5677
・・・でもって、ご提供のおねーさんとも



貪欲に楽しんじゃいましょう




Rimg5671よく見りゃ、チャリダーの猪野 学さんが混じってらっしゃるそういや、しものせきの時同様、今回のアワイチもチャリダーの撮影やってるんだったな今回は4人がご集結なので、楽しみだ朝比奈さんも、どこかにいらっしゃるかな


Rimg5678

すると、撮影隊の人だかりがあったので見てみますと・・・





Rimg5680


朝比奈さん発見











Rimg5682
こうして、朝比奈さんを先頭にチャリダーさん一座が出発していくのを見送りまして・・・




Rimg5683
私もボチボチ出発しましょ









Rimg5685
さてさて、次に目指しますのが灘エイドステーション。59㌔地点にありますので、30㌔ばかり先ですな






Rimg5690そして、いよいよここからの区間から峠越えがやってまいりますま、今日はお天気も最高で、景色も映えておりますので、気を紛らわしつつお山に挑みますかな





Rimg5698
しばしは爽快に海辺を走り進みます









Rimg5701


清々しい朝の気温とお天気に加え、景色も抜群♪










Rimg5705
そうして、いよいよ山岳コースに、Let'sTry!!!



Rimg5706
・・・すると、俄然ずるずると後退していく私






Rimg5708
降りないまでも、ヘコヘコへたれな私が通りますよ~




Rimg5711

そうこうしてると、後方からチャリダーの竹中賢二さんの熱血指導が私ゃ指導されちゃ敵わないので、そぅ・・・っと下がっとこ




Rimg5714
そんな感じに峠の一つを制覇して・・・




Rimg5716
おなじみの「ナゾのパラダイス」脇を爽快に下りましては・・・








Rimg5718・・・まだ上るんだよね
ま、今回で3度目のアワイチなので、最早すっかり先の展開は分かっておりますがね





Rimg5720猪野 学さんは、こんな坂道を鼻歌混じりに上ってらっしゃるのかな私も単調な平坦コースよりは、多少アップダウンしている方がお好みですが、上ってる最中は、とても鼻歌混じり・・・何て気分じゃないな





Rimg5724
それでも無事頂上制して、上った分だけ爽快に下りましたら・・・



Rimg5726
再び平坦な海辺が快走できます♪









Rimg5729それにしても、この淡路島南部は結構波風が強い場所昨日のような暴雨のさ中じゃ、とても走れた場所じゃありませんが、台風一過で晴天の本日。打ち寄せる波しぶきも、実にカワイイものです





Rimg5731
・・・そうして、目指す灘エイドまで11㌔
平地基調なこのペースだと、30分内輪な距離ですな



Rimg5737道のりは平たんですが、割と風のキツイエリアです。この日は左程の風もありませんでしたが、それでも単独で走ってると、向かい風がキツイのでご夫婦さん連れの後ろを拝借




Rimg5740
しばし、無賃乗車でぬくぬくと過ごさせていただきまして・・・







Rimg5748
後方から追い上げていかれたトレイン一座に乗り換える恩知らず









Rimg5750
こうして無事に灘エイドステーションに到着しましたら、猪野 学さんが後方からすっと出てらっしゃった

おやまー
チャリダーさん一家を何処かで抜いた覚えもありませんでしたが、私の位置って、尽くチャリダーさんご一行と被るみたいですね



Rimg5751
無事ご到着の狩野さんを、うじきつよしさんがさっそく優しく?出迎えておられましたな






Rimg5753
さーてさて。さっそくエイドの食材達を堪能しますかな







Rimg5756
それぞれのエイドポイントでは、特色ある食材が用意されておりまして・・・







Rimg5757


ここでのメインは・・・








Rimg5761


淡路島を型どられた・・・












Rimg5755
肉厚なかまぼこ♪



Rimg5762

ひとしきり色々いただきまして・・・











Rimg5764
いった、だっき、ま~~~す



Rimg5766

NHKのBSチャリダーさん以外にも、色んな撮影隊がいらっしゃるようで、方々で色んなカメラも見かけますな






Rimg5767
・・・でもって、ボチボチ出発しようかなと思っていた所に朝比奈 彩さんがご到着
目の前を通り過ぎられるも、中々お声をかけられませんな

意外とチキンな私です



でもって、ここで

「あのーーー・・・・
 OKさんですよね

と、突然朝比奈さんが


Rimg5809
・・・な訳もなく、女性の方からお声かけ頂きまして(ネタちっくなご紹介で、大変失礼m(_ _)mお声かけ頂いたタイミングが絶妙だったもので)、以前のアワイチ参戦記事にコメント下さったtomoさんですか

いやはや、お声かけ、ありがとうございます

初の女性からのお声かけでございましたね
いつも、男性の方からのお声かけばかり(別に何の不満もありませんよ)で、女性の方も是非是非にってな事を書いてみておりましたが、実際お声かけ頂けるとは思ってもおりませんでした

tomoさん、涙が出るほど嬉しいです

と喜んで頂いておりましたが、私ゃ単なるパンピー(一般人)のリーマン(サラリーマン)ですので、そこいらのおっさんの一人です( ̄^ ̄)
見つけたからといって、特に何の価値のない人間ですので、気兼ねなくお声かけ下さい


ご主人さんと共にご参加のご様子だったので、是非に!!とお写真ご一緒に

私の方こそ、こうやって見知らぬ方々と知り合えて、涙が出んばかりの喜びです




Rimg5769そんな嬉しいサプライズもありまして、意気揚々と出発次なる目的地は96㌔地点にあります鷹野松原エイド。37、8㌔先の地点で、ちょいと間がありますな



Rimg5771でもって、いつもの如くチンタラしながら進んでおりますと、突然後ろからチャリダーさん一座が現れ、朝比奈さんが前方に



Rimg5772
きゃーい実に嬉しいひと時なので、しばし朝比奈さんの後方を楽しもうと思いましたが・・・









Rimg5773
間もなくやってきた上り坂にご苦労されてらっしゃったので、これ以上不自然に後方にいたら、最早ストーカーになりかねんと思い、心の中で「頑張って♪」のエールを送りつつ、ヘコヘコ前方へ・・・



Rimg5776それにしても、昨日・・・というよりはほんの十数時間前まで、台風にて大荒れだった海辺も嘘のように穏やかで・・・
やれやれ、ここに集った1800名超の悲願の思いの結果ですね




Rimg5781そうそう、色んな方々がいらっしゃった中で、この方も随分存在感を醸してらっしゃいましたねフリフリドレスで爽快に快走♪間を抜く時はハツラツと「横通りま~す」と爽やかに走っておられました




Rimg5790
そして、コースは再び山越え山間部








Rimg5795丁度淡路南部をぐるっと周遊し、西側に出ようという頃。まだまだ、本日の全行程の半分の位置でございますここでヘタレている訳にもいきませんので、ヘコヘコながらも懸命に進みます




Rimg5796そんな頃に私の携帯が突如しつこくピロピロおやまー今はとても出られないから、待ってちょーよーーー







Rimg5798
漸く頂上に辿りついたところで、お電話なーにー?

・・・職場の人からの伝達電話だったのですが、

私ゃただ今坂道頑張ってる最中ですから
んーーーその件は・・・また明日ね
残念ーーー

と、ギター侍ばりに切り捨ててから、再度出発

・・・それにしても、こんな台風のさ中の淡路にいたのかと呆れられましたが、台風だって何だって、自転車者って奴は走ってるんだいo(>_<)oと、最早常人の常識とはかけ離れている私達です



Rimg5799気を取り直して、上った分だけ爽快に下り♪













Rimg5800
やれやれ、高台から眺める景色も、格別ですな



Rimg5802
再び平地に下り至っては、爽快に快走します








Rimg5805それにしても、方々に配置されてるスタッフさんの数も半端なく・・・このきめ細かい配慮が、迷い人の私にとっては実に有難い





Rimg5808
途中にあった道の駅
別にエイドでも何でもありませんが、多くの参加者さん達が留まっておられたので、もれずに私もオトイレタイム



Rimg5813


しばし・・・









Rimg5815


まったり休憩しまして・・・








Rimg5819


再び鷹野松原エイドに向けて、Let'sCycle♪






Rimg5822


そんでもって、再び大鳴門橋を越えるための山上り





Rimg5826


コースも中盤過ぎて、だんだんと足が重たくなってきましたな








Rimg5827_2
それでも綺麗な景色に癒されながら、頑張れ、私




Rimg5829


まだまだ道のりは上り基調








Rimg5832


時刻もお昼頃となってまいりまして、暑さも堪えてきましたな






Rimg5833


それでも何とか乗り切って・・・







Rimg5836


ようやく平地か!?











Rimg5839
やれやれ、そんなに甘くない




Rimg5843


しばし上り基調な道のりを頑張りまして・・・






Rimg5847


チョットづつでも何とか前に前







Rimg5852


そうして、何とか平地上に戻ってまいりました









Rimg5860
ようやく松原が見えてまいりまして、3つ目のエイドポイントである「鷹野松原エイドステーション」に到着です♪



やれやれ、これでようやく96㌔地点です(^_^)
残りは50㌔くらい。2/3は何とか来られましたね



Rimg5864
到着早々、人だかりが出来ておりまして、何だ?と覗いてみますと朝比奈さん



Rimg5866
私ゃ知りませんでしたが、淡路って朝比奈さんの地元だったのね
そりゃ、知り合いも沢山。ご声援も沢山な事でしょうね

それにしても、同じように走って来られて、さぞやお疲れでしょうに、エイドエイドに着く度に囲まれて、中々ごゆっくりは出来ませんね




Rimg5870
私の方は一向にそんな事はありませんので、ゆっくりさせて頂きましょう






Rimg5873


色々あるエイド食材








Rimg5874


ヨーグルトが気持ちよさそうね







Rimg5875


散々食い散らしてきましたが、おにぎりも頂いておきましょう







Rimg5876
やれやれ、実に至福のひと時ですな


Rimg5879_2


そうして、以前の時には売切れてたおそうめん








Rimg5883
今回はしっかり頂け、いと、幸せなり


Rimg5884さてさて、いよいよ次なるエイドが最後の多賀の浜エイドです。いよいよゴールも迫ってきまして、もう一息ですな





Rimg5886しばし走り進みまして、洲本市エリアに突入








Rimg5889
コースは淡路島の西岸エリア。例年向かい風に泣かされる場所ですが、今年はほぼ無風にて爽快に走れます



Rimg5895


この終盤になってくると、最早どんな小さな上りでも堪えてきますな



Rimg5900


それでも淡々と走り進みまして、淡路市エリア





Rimg5903


今日は一日ホントにお天気よくて、この海岸線を走り見るには絶好のサイクル日和でしたね






Rimg5909
そうして、難なく多賀の浜エイドポイントに到着です♪


さてさて、これで残すは30㌔ちょい。
普通にいけば15時30分には着けそうなので気持ちにも随分余裕が生まれ
せっかくなので、最後のエイドはゆっくり堪能しましょうかね



Rimg5910


大賑わいの多賀の浜エイドポイント。心なしか、皆さん安堵の表情ですな



Rimg5913

あちこち色々頂けるエイドですが、ここでは玉ねぎスープに、ぱ~ん~~~♪と独特の売り方


Rimg5914


ですが暑いさかりのこの頃は、氷ちゅーちゅーが大人気




Rimg5916

ローソンさんご提供はこれまた美味しそうなパンでしたが、流石にもう炭水化物はいらない感じだな


Rimg5917

エイド制限は14時40分。私は14時前に到着でしたので、ギリギリまで堪能しますかな




Rimg5918


とりあえず頂き物をいただきながら・・・









Rimg5920
いと、まったりなり


Rimg5921


穏やかな海を眺めながら、のんびり過ごします






Dsc_0433
ついでに人集っている所には、やっぱり朝比奈さん
私ももれなく野次馬さん


Rimg5923さて、そろそろ出発しますかなと思っていた所に、こんなチラシを持っていらしたおねーさん








Rimg5925
てっきりオーナーさんが宣伝してらっしゃるのかと思いきや、この温泉のファンだというユーザーさんでございまして

そりゃそりゃ・・・ご苦労さまです

私の僻地ブログでよければ、ノッケときますよ
とお写真ご一緒に♪

岩屋にあるこじんまりと風情豊かな温泉だそうです
ご興味の方は、是非お立ち寄りあれ♪



Rimg5927間もなくエイド締切10分前ですよ~の声と共に出発ま、16時までには帰りつけるでしょう




Rimg5930


ここからはずらっと続く車列におされ、爽快なペースで進めます♪




Rimg5932


ちょこちょこ色んな方の車列に乗車させて頂きながら・・・




Rimg5940


ゴールまでは11㌔なり








Rimg5945


沿道のスタッフさん達に励まされながら・・・





Rimg5949


いよいよ明石大橋が見えてきた







Rimg5952
そうしていつも思うのが、海辺にぐるりと行かせてくれればいいものを、最後にせっせと上らされ







Rimg5953_2
それでも、なんのこれしきと最後の力を振り絞り・・・



Rimg5955


そうして残すはいよいよ5㌔







Rimg5957


お後は上った分だけ・・・









Rimg5960


爽快に下り進みましたら・・・








Rimg5965_2


そのまま難なく・・・








Rimg5966


ゴールに・・・









Rimg5968
到着です


到着時刻は丁度16時。やれやれ、最後はまったり余力を残しつつのゴールで、今回はホントに何の憂いもありませんでしたね

それにしても、ほんの24時間前までは、開催自体も危ぶまれていた今大会。
終わってみれば、こんなに素晴らしいサイクル日和となりました

前日・・・というよりは当日の未明まで暴風雨に晒されていたコースも、そんな事を全然感じさせないほど綺麗に整備されており、スタッフ関係者さん一同の努力がひしひしと伝わって参りましたm(_ _)m

おかげで、我々1800名超の人間は、楽しく一日過ごさせて頂きました

真にまことに感謝でございます




Rimg5971
終わってみれば、うじきつよしさん始めチャリダーさん一座が朝比奈さんのご到着を今や遅しと待ちわびられておりまして、そんなご様子私も野次馬


Rimg5976
やれやれ、朝比奈さんも無事のご完走おめでとうございます
どこ行っても人の輪に囲まれて、おちおちへたり込む事もできず、大変なご苦労だったでしょうけど、無事に帰還できて何よりでございました



Rimg5979


その後、完走証も・・・







Rimg5980


無事にゲットいたしまして・・・









Dsc_0437


混み合うステージ写真の列には目もくれず、クイーンさんの元に赴き、記念写真(冒頭)

最早なにも思い残すこともなく、帰宅しましたとさ。。。









(おしまい

« 2017年鳥取すごいライド(鳥取) | トップページ | 2017年道の駅グルメライドIn中国山地(広島) »

コメント

>こうなん女子さん

どうも
あわいち、お疲れ様でした

いえいえいつでもご遠慮なくお声かけくださいね私ゃいつも一人ボッチでぼんやりしておりますので


朝比奈さんはかなりお綺麗でしたね
だけど私にゃ、綺麗過ぎて近寄りがたしでございました
こっちゃ、単なる小汚いおっさんですからね

それに引き替え、クイーンさんも負けずにお綺麗でしたが、こっちらはとても身近で親しみやすかったので、たんまり絡ませて頂きました

そこがクイーンさんの、クイーンさんたる所以なのでしょう
(意味不明ですが


また、何処かでお目にかかれる事、楽しみにしております

アワイチお疲れ様でした。

突然の声かけでびっくりさせてしまいすみません。

鳥取でチャンスを逃したのであの時は「今こそ」な感じで失礼ながらお話させて頂きました。写真も一緒に撮ってくださって幸せです。

現在大阪に住んでますが淡路島生まれです。そうです。朝比奈さんと同じ。とれたとこ同じとは思えないヨ。9頭身だもん。

自転車に乗る人を中心に人気が上がっていって良かったなあ。朝比奈さん。と母のような思いです。

またライドイベントでお見かけしたら声かけさせてください。

>masaさん

ホントに今回は・・・ずっとヤキモキ状態でしたが、これまた終わりよければ全て良しでしたね♪

そうそう、次回はまたすぐに三好(^_^)
でもってその次サザンセトってな感じに、またまた調子に乗ってロングの3立てとなってしまい

うかうかしてると、すっかり記事に追われるようになる

季節が良いですからね
秋のサイクリング三昧を満喫します

今回はいろんな意味でもお疲れさまでした!前日のこういうのって疲れますものね。
大会運営側も判断に悩まされたでしょうね。

頂いた好天(?)をかみしめながらの走りがよく伝わってきましたよ。
待望の・・・・・・もありましたしね(^_-)

週末、私は例によって綾部です。
OKさんは三次ですか。
天気予報とにらめっこしてましたが、これまた良い展開してますね。
ブログ楽しみにしてますよ~(^_^)/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2017年淡路島ロングライド150(兵庫):

« 2017年鳥取すごいライド(鳥取) | トップページ | 2017年道の駅グルメライドIn中国山地(広島) »

カテゴリー

  • ぷろろーぐ(学生時代)
  • 2007年
  • 2008年
  • 2009年
  • 2010年
  • 2011年
  • 2012年
  • 2013年
  • 2014年
  • 2015年
  • 2016年
  • 2017年
  • 2018年
  • 2019年
  • 2020年
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

ウェブページ