カテゴリー「2010年」の記事

2012年9月 9日 (日)

2010年 ツール・ド・おきなわ2010(沖縄)

九州放浪から帰ってきてしばらくし、何となくGIANTくんの調子が悪い。
ディレイラーが不調で、ギヤが上手く変わりませんsad

仕方なく、スポーツサイクルショップに持って行って調整してもらう事に。
その時、店先に「ツール・ド・おきなわ2010」のポスターが・・・

景色の最高だった佐多岬。あそこよりも南の島は、さぞかしキレイなんだろうと思ってみると、どうにも衝動が止まりません^^。。。
副業のおぱちが潤っていた時期です。ちょっとした小金持ちだった私は、スポーツエントリーを覗いて見ます^^。するとなんとまぁ、奇遇な事に締切り3日前。迷わずエントリーする私^^

岡山から沖縄直行便は出ていない為、伊丹空港から早割りにて往復航空券をGet。往復2万円ちょっと。11月の沖縄は、季節外れなせいもあり空席も多少有り。全ての条件は、整いましたhappy02


Dsc02647
(店先に張り出してあったポスター。私のハートをがっちりキャッチlovely


そして私の暴走、ココに留まらず。
折角出場する沖縄です。少し「オヤセ」になってきた私^^。そろそろドロップハンドルの自転車に乗ってもサマになるだろうsmileと思い、ロードを物色。

・・・と、実はお店の店先にあったGIOSのロードに目を惹かれ、殆んど心を決めていました^^

Dsc01713
(店先で実車を吟味。ネット通販で安値のものを探して購入。最早、衝動買いもココまでくると道楽この上無しです)

Dsc01715
(毎日のように、この自転車に纏わり色んなものが届きます^^。嫁はすっかり呆れ顔smile
パパさん、至って幸せlovely。。。怒った嫁にねだられて、誕生日にLouisVittonのキーケースを買わされた事は、内緒ですcoldsweats01

Dsc01719
(敢えてGIOSブルーを選ばずに、白を選んだのは私のこだわり^^。。。)

Dsc01722
(高らかに鎮座です^^)

Dsc01723
(最早、なんちゃってマウンテンは無用の長物。会社の後輩くんにあげました^^)

Dsc02531
(ルンルン♪とご機嫌に準備中のパパの様子を覗く娘^^)

Dsc02536
(一緒に写真♪はい、ちーずhappy01


そして、いよいよ沖縄に向かう日がやってきました。
結局、エントリーしたのはメインの2日間のレースではなく、100キロのチャレンジコース。
お仕事都合上、前後2日休みは取れなかったのと、自分の実力がまだまだ不明。
無難な所を選択しました^^


Dsc02537
(いきなり輪行するのも気が引けましたが、仕方なし)

Dsc02548
(きっちりバックに収めます。輪行バックはマウンテン用の大きなもの。
今にして思えば、前後のタイヤを外す必要はありません。前タイヤのみ外した状態でも十分入ります。後ろ外すと・・・調子悪くなるんだよなdespairディレイラーが・・・)

Dsc02556
(意気揚々と伊丹空港より飛行機In。・・・ってちょっと乗り遅れそうなほど、ギリギリの到着でハラハラでしたがsmile
しっかし、地上が見えないほど真っ白な雲の世界。やれやれ、地上(した)は、どんな事になっているんだdespair

Dsc02558
(流石にツール・ド・おきなわイベントの日。ちゃんと空港には、自転車専用の返却場が容易されていました^^)

Dsc02560
(私の自転車も、無事到着♪)

Dsc02561
(人生、初の沖縄^^。めんそ~れ♪)

Dsc02571
(外はやっぱり雨模様。取りあえず、時間もあったので空港に自転車を置いておき、首里城でも見物に・・・)

Dsc02585
(さすが首里城。真っ赤赤。。。
ちょっと、改修中でした)

Dsc02595
(沖縄そばも食し・・・)

Dsc02598
(会場の名護市までバスで移動♪)

Dsc02601
(「お兄さん、荷物持ってあげようか♪」と声をかけられ、外国によくある置き引きか?と思い、無視して自分でバスの所へ。・・・ところが、この人運転手さんでした^^;;;。。。
・・・だって、ねぇ(*^.^*)この風貌なんだもん(くす)。とっても、いい人でございましたo(*^▽^*)o)


Dsc02607
(バスの外はすごい雨。たしか今日はツールの1日目。やってるのかな・・・)

Dsc02629
(何はともあれ、名護市に到着)

Dsc02632
(大会事務局よりあてがわれたお宿In)

Dsc02630
(フロントロビーには自転車が沢山。私もお邪魔して・・・)



名護市に入る途中。バスの車内よりゼッケンつけた人たちがせっせと走っている様子を目にしました。みんな、雨の中、大変そうwobbly
お宿Inしてから、取りあえず会場の様子を見に行く事にしました。




Dsc02644
(雨の会場。時間も時間だったので、人気はまばら)

Dsc02658
(私のエントリーしたチャレンジコース)

Dsc02666
(受付け済ませ、食事もゲットし、明日に備えます^^)



一夜明け、いよいよ当日の朝になりました^^



Dsc02670
(当日の朝。やっぱりディレイラーの具合のおかしくなったSIERAちゃん。
会場、メンテナンスコーナーで調整して貰います)

Dsc02672
(よし。復活。。。)

Dsc02676
(ぞくぞくとスタート会場に移動です^^)

Dsc02690
(ANAのスポンサージャージのおねぇさん達^^)

Dsc02693
(スタート召集場所にて・・・)

Dsc02692
(しばし待ちます)

Dsc02696
(スタート地点には、先にスタートを切る市民レースの参加者がぞくぞくと・・・
しかし、こんなに大規模なレースと、こんなに大勢の自転車マンを見かける事はそうそうなく・・・。まさに圧巻ですhappy02

Dsc02705
(地元のラジオDJの方も実況中継)

Dsc02715
(見るもの全てがもの珍しく・・・^^)

Dsc02717_2
(前の組もぞくぞくとスタートしていき・・・)

Dsc02722
(いよいよ、100キロコースもスタートです。)

Dsc02723
(お空は曇り模様ですが、若干、明るくなってきた)

Dsc02729
(朝のすこーし涼しい中を・・・)

Dsc02731
(順調に進み上がっていきます)

Dsc02738
(スカッと晴れてりゃ、きっとキレイなんだろうな・・・)

Dsc02742
(そんな事を思っていると・・・)

Dsc02746
(日差しが出てきましたhappy02

Dsc02751
(順調に、第1エイド)

Dsc02753

Dsc02754

Dsc02757
(補給食が沢山あります。いやはや、豪華だo(*^▽^*)o)

Dsc02759
(日も差してきて・・・)

Dsc02765
(厚くなってきたので、上着を脱ぐ私)

Dsc02766
(さー、そろそろ出発だ♪)

Dsc02770
(しっかし、雨上がりに日が差し込むと今度は逆に蒸し暑い(-.-)
人間、わがままな生き物だ。しかもセミが鳴いています、ミンミンと・・・ツクツクボーシでないんですよね(^_^;)こりゃ、完全に夏だな・・・)

Dsc02779
(海に入りた~い。そんな事を思う私^^)

Dsc02778
(周りのペースに引きつられ、平地は35キロペースで走ります。ちょっと、自分にしてはオーバーペースだな、これは・・・)

Dsc02783
(そろそろ、疲れてきだしたぞ・・・)

Dsc02789
(そんな折に第2エイド。いやー、絶妙なエイド配置だな^^。私にとっては)

Dsc02788
(補給もたくさん)

Dsc02791
(やれやれ、疲れたぞ)

Dsc02796
(シーサーにも励まされ・・・)

Dsc02797
(ぼちぼち、出発します)

Dsc02799
(晴れたり曇ったり・・・。ただ、昨日のような大雨は無いのでとても良かった♪)

Dsc02800
(途中でパンク。やれやれだ。。。予備チューブに交換し、再びスタートします)

Dsc02801
(何とか第3エイドに。いやー、待望の昼食だhappy02

Dsc02803
(オーバーペースが祟った私。あー、しんどbearingbearingbearing

Dsc02804
(その後、2度目のパンク。最早、替えチューブも無いので空気を補充補充しながらダマしダマしの走行です。ペースはすっかり落ちました)

Dsc02805
(最後の峠も制して・・・)

Dsc02809
(いよいよ待望の・・・)

Dsc02811
(ゴールですhappy02

Dsc02821
(伝統舞踊でお出迎え♪)

Dsc02825
(小さな子供達が、いと、カワイheart01

Dsc02833
(いやはや、疲れた。やっぱり、ゴール後は冷えたコレでしょうhappy02

Dsc02839
(無事、完走証も手に入れて)

Dsc02853
(再び輪行)

Dsc02858
(バスに乗る)

Dsc02866
(空港で夕食♪)

Dsc02862



こうして、私のツール・ド・おきなわ2010は終了しました。
土曜日の朝発って、日曜日の夜に帰宅。翌日、お仕事。

・・・いやはや、ちょっとばかし、くたびれたなgawkgawkgawk

だけど、それ以上に、とっても楽しいひと時でした♪♪♪



















2012年9月 7日 (金)

2010年 九州放浪 その5(根戸(鹿児島) ~ 佐多岬(鹿児島))

・・・人間、疲れがたまり過ぎると、逆に眠れなくなります^^

折角、静かなキャンプ場。国道沿いなので、車の音は気になりますが、人の声はあまりしません。ここまでの4日間。ようやく静かに眠れる環境を手に入れたにも関らず、なにやら寝付けないこの日^_^;

仕方ないので、テントから外にでて海風にあたりながら黄昏ます^^


Dsc01525
(時刻は、午前3時過ぎ。眠れずテントから出てみると、海に月が綺麗に浮かんでおりました^^)

Dsc01532
(何となく幻想的な雰囲気に記念写真♪
コンパクトデジカメでは、上手く表現が出来ません^^)


とりあえず日の出を待って、目的地であった佐多岬に向かいます。
ココから走って行こう。とも考えたのですが、疲労もたまってきた5日目の朝。車である程度の付近まで行く事に。。。最早、すっかりヘタレくんと化してしまった私です^^


Dsc01537
(周囲が明らんだ頃、佐多岬の岬近郊まで移動)

Dsc01538
(ここでは、何でも「本土最南端」を謳っておりました^^)

Dsc01539
(荷物は全ておいて、朝の涼しい時間帯に自走スタート)

Dsc01542
(快調に進んでいきます^^)

Dsc01543
(ココにも出てきた「最南端」^^とりあえず記念写真♪)

Dsc01546
(進むは県道68号線)

Dsc01548
(峠の上に野生のおさるが出現です。だんだんと野生じみてきた道路)

Dsc01554
(逆の端っこ。本土最北端の地の看板。ここから2700キロも先)

Dsc01556
(ココからも昨日の「開聞岳」が望めます^^)

Dsc01558
(岬の灯台レプリカの前で記念写真♪)

Dsc01559
(目指す灯台、間もなくです^^)

Dsc01563
(セッセと順調に歩を進め・・・)

Dsc01565
(佐多岬ロードパークに
以前は、ここからが自動車専用有料道路)

Dsc01568
(原始的な真っ暗なトンネルが・・・)

Dsc01569
(ちょっと、コワい^^)

Dsc01570
(そこを抜けて、さたでい号のフェリー乗り場へ)

Dsc01572
(以前は、フェリーで渡航。ココから非合法に虎視眈々と岬を目指すサイクリストが・・・^^)

Dsc01575
(朝日も大分昇りはじめて・・・)

Dsc01574
(景色も良いので、しばし散策^^)

Dsc01577
(日が昇り始め、ちと暑くなり始めました^^)

Dsc01578
(さー、いよいよ岬目指して最後のトライ!!)

Dsc01579
(北緯31度線の境界線)

Dsc01580
(続く道のりは原始的^^)

Dsc01581
(折角なので、記念写真。ちょっと、日本じゃないみたいな雰囲気です^^)

Dsc01582
(程なく灯台が見えてきます^^)

Dsc01583
(またまたあった・・・)

Dsc01584
(「最南端」の冠のついた施設です。ココでは自販機でも観光案内所でも、何もかもが「最南端」^^)

Dsc01585
(大きなガジュマロの木)

Dsc01586
(記念写真は欠かしません^^)

Dsc01582_2
(灯台もキレイに見えてます)

Dsc01587
(売店のある案内所のトンネルをぬけて・・・)

Dsc01589
(しばし遊歩道を進んで行くと・・・)

Dsc01600
(神社があって、記念に一枚♪)

Dsc01612
(最南端の佐多岬)

Dsc01614
(目にする景色は、最早、南国パラダイス♪)

Dsc01610
(灯台と私^^)

Dsc01615
(キレイな景色に圧倒されつつ・・・)

Dsc01616
(展望台へと向かいます^^)

Dsc01617
(でもって、やっぱり記念写真ですhappy02

Dsc01620
(展望台からの眺めも最高♪)

Dsc01624
(でも、あちこち壊れてて、ちとコワい^^)

Dsc01625
(やっぱり、頻繁に通過する台風なんかの影響でしょうか?
ただ、風の吹き抜けてとても気持ちよく・・・)

Dsc01626
(景色を肴に、小一時間ほどたそがれました^^
ちなみに、この時間の訪問者は3人くらい。正に貸切状態ですhappy02happy02happy02

Dsc01629
(そして、再び売店に立ち戻り、最南端到達記念をGetです^-^v)


その後、車を置いた佐多漁港までは来た道と別ルートで帰る事にしたのですが・・・これがちょっとした失敗を生む事に・・・


Dsc01631
(不要なものは、全て持たず。と小銭入れに少しのお金。地図すら持ってこなかった私・・・)

Dsc01633
(違う景色を楽しもうと、来た道とは反対の海岸線へ・・・)

Dsc01635
(車の殆どこない海岸ルート)

Dsc01636
(お天気良すぎて、ひたすら暑いbearing
しかも、朝食も取らず、前夜の寝不足も祟って、最早フラフラ。写真の上りも自転車をこぐ事すら出来ずに、ぜーはー押して上がります)

Dsc01637
(地図すら持っていなくて、「どっちに行くべきだ???」
地名だけじゃ、全く解りません。来る前見てた地図から察するに、下手に間違えると、反対側の海岸線を途方もなく行くハメに・・・)

Dsc01638
(分岐点の度に撮る写真は、最早自分の為。単なる記念写真ではありません^^
地図が無いので、自分が何処に向かって進んでいるのかが不安でたまりません)

Dsc01639
(それでも2択、3択の掛けに打ち勝って・・・)

Dsc01642
(開聞岳の手前に目指す漁港が見えてきた♪
いやー、一安心。。。何はともあれ、地図はどんな時にも、携帯する大切さを学びました^^)

Dsc01643
(フラフラだった私)

Dsc01644
(ほぼ下るだけで車にたどり着けた事は幸いでした^^)



命からがら・・・というと大げさですが、それでも何とか無事に戻ってこられた私。
最早、体力の限界です^_^;。。。学生時代とは違い、テント暮らしは4日までが限界。
取りあえず温泉だ♪学生時代に一度行った桜島の海辺の温泉。まだ、あるのかな?と思いながら目指してみました。



Dsc01649
(車で移動。ほどなく桜島が見えてきました)

Dsc01652
(そして島に入って・・・)

Dsc01655
(見えてきました「海辺の龍神」温泉です^^)

Dsc01657
(露天風呂は、ずっと降りて行って海辺にあります)

Dsc01658
(先ほど走っていた大隅半島)

Dsc01659
(お風呂はこんな雰囲気。人がほとんどいなかったので、失礼して1枚♪)

Dsc01660
(白い着物を着て入ります。そして、何と混浴heart01
ですが、残念ながらこの日はほとんど人がおらず^^。
ま、時間帯が午後3時頃だったせいもありますが・・・)

Dsc01663
(その後、車でぶらぶら観光散策)

Dsc01664
(お風呂にも入って、気分爽快♪)

Dsc01666
(学生時代に比べ、随分おっさんになったものだ・・・)

Dsc01667
(体力の衰えに、そんな事を感じる私。
ただ、頭の中身とやる事は、どんどん低年齢化していっていますが・・・^^)

Dsc01669
(さてさて、最後の一泊はどうするかな・・・)

Dsc01670
(そんな事を考えながら、フェリーに乗船。取りあえず、熊本くらいまでは、帰っておくか)

Dsc01671
(楽天トラベルで熊本市内の安宿を押さえ、ナビで検索。
この時16:39。到着予定19:10。ま、妥当でしょう。
最後の岡山までの帰宅を少しでも楽にすべく、熊本への移動を決断)



今回の旅の目的は佐多岬。
お天気も素晴らしく、景色も思った以上に絶景でした。
最早、思い残すことは何も無かった私。
熊本に向けて、ぼんやり高速を運転してみると、急激にホームシック^^

さすがに、そろそろ家族の顔が見たいな・・・

そろそろ、熊本に着こうかという頃、そのままアクセル踏みこんで一気にひた走ります^^



Dsc01672
(辺りもすっかり暗くなり始め・・・)

Dsc01673
(取りあえず熊本を目指します。)

Dsc01677
(しかし、急激に家に帰りたくなった私。
ふらふら、意識の遠のく中で、鹿児島から岡山まで一気に激走)

Dsc01684
(時刻は午前3時39分。実に11時間のドライブです。
途中、何度も眠くなってサービスエリア。よくぞ、無事にたどり着いたものだ^^)


Dsc01695
(こうして、私の長い旅は終わり・・・)

Dsc01700_2
(家族とも無事再会できました♪)

2012年9月 6日 (木)

2010年 九州放浪 その4(南さつま市(鹿児島) ~ 知覧経由 ~ 根戸(鹿児島))

静かなキャンプ場。
ゆっくり眠れるぞーーーhappy02happy02happy02と思い就寝したのも束の間、蒸し暑さの残る南さつま市の夜。
テントの外カバーを外し、蚊帳状態にて寝ていた私に事件が起こりますcrying

突然の激しいスコールthunder容赦なく、私のテントを襲います。
しかも外カバーなく剥き出しのテント。突然、バケツで水をかけられたような状態で大慌てshock


Dsc01422
(突如、激しいスコールに襲われ、茫然とする私。
最早、着るものも何もかも全てびしょ濡れに・・・)

Dsc01427

Dsc01429

Dsc01430

Dsc01428
(何もかもがびしょ濡れです)



そんな激しいスコールも、しばらくするとウソのようにおさまり、取りあえずどうするかthinkをしばし考えました。設備の整ったキャンプ場。そう言えば、管理棟のおじさんが屋根のあるブロックを使えばいいよ^^と丁寧に案内してくれてたっけな。

先に地べたにドバっと荷物を放り出していた私は、面倒くさがって、そのまま露天の下にテントを張ってしまった・・・。しかも、外カバーなしsadsadsad

地図で確認するに、海沿いを外回りしてきた昨日のコースを、内陸、直線に戻れば50キロ程度しかありません。本来、本日はくるりと鹿児島湾の方にでて、湾側の海沿いを開聞岳のキャンプ場まで戻る予定でしたが、何もかもがびしょ濡れ。

吟味した結果、荷物は置いておいて車まで戻り、再度、車で回収する事にしました。


Dsc01419
(取りあえず、地図を確認です)

Dsc01423
(すっかり雲も晴れ渡り、月がキレイに見えてます)

Dsc01426
(車までの出発を決意した私^^)

Dsc01431
(前日に買っておいたおつまみを頬張り・・・)

Dsc01432
(周囲が明らむのを待って・・・)

Dsc01440
(いざ、出発!!!)

Dsc01444
(広陵とした丘の上の畑に朝日が射し込み・・・)

Dsc01445
(とても清々しい♪)

Dsc01447
(お天気も、すっきり秋晴れ模様)

Dsc01449
(目指すは開聞岳のキャンプ場。荷物がないので、楽に走れます)

Dsc01451
(交通量の少ない農道を・・・)

Dsc01452
(ひた走り、道路の案内版に開聞岳の表示が出てきました^^)

Dsc01453
(海が見えてきました。目指すゴールはもうすぐです)

Dsc01454
(美しい鹿児島の海。海面が鏡のように雲を映しています)

Dsc01456
(さー、目指すお山が見えてきたぞ♪)

Dsc01457
(無事に車まで辿り着きました^^
昨日苦労した道のりも、荷物がないのと最短ルートで走破してみれば、あっさり到着。
ま、それをゆっくり放浪する所に、ちゃり旅の醍醐味があるわけなのですが・・・^-^)


不測の雨で、すっかりペースを乱され仕方なく本日はまったりドライブに切り替えます。
まずは荷物を回収し、最終目的地であった佐多岬を目指すべく、大隅半島に移動します。


Dsc01458
(予定変更。車での移動に切り替えました^^)

Dsc01459
(自転車自走中、途中見かけた直売所に立ち寄り大量のサツマイモをGet^^。車ならでは)

Dsc01462
(荷物を回収した後、とりあえずお風呂です。何せ、服も下着もぐっしょりで・・・
川辺町という所にあった「ふれあいセンター わくわく川辺」)

Dsc01463
(すっきり人心地♪ついでに足裏マッサージ機で疲れを癒す
気持ち、イイーheart01

Dsc01465
(とりあえず、知覧特攻平和記念館に行ってみました)

Dsc01469
(ここは、とにかく泣けます。現在の私よりも、ずっと若い特攻隊員達の切実なる遺書。
みんな一様に素晴らしい。この人たちの後に、今の私の暮らしがあるのか・・・)

Dsc01470
(迂闊な言葉では語れない。大いなる感動でいっぱいの私です。)

Dsc01471
(大隅半島へはフェリーで渡りました^^)

Dsc01475
(一時間に一本くらいの定期船)

Dsc01482
(海風が心地よい♪)

Dsc01506
(先ほどまでいた「開聞岳」)

Dsc01493
(だんだん小さく遠ざかります)

Dsc01508
(ほどなく向かい側の大隅半島に到着します)

Dsc01510
(フェリー乗り場から程近い錦江町「神川キャンプ場」に到着です^^)

Dsc01512
(海辺のキャンプ場。夕日が海に沈む様が美しい♪)

Dsc01513
(この日も平日。他に宿泊している人もなく、静かに過ごせそうです^^
国道挟んだ向かいにコンビニがあり、夕食はそこでお弁当でも買う事にしました
昨夜の教訓も活かし、暑くともテントの外カバーは付ける事にしますhappy02

Dsc01516
(とりあえずお風呂だなgawk。キャンプ場近くの温泉は、何やら定休日で・・・
仕方なく、車で少し離れた温泉目指す。)

Dsc01517
(夕日が綺麗に沈む頃)

Dsc01519
(温泉に到着です^^
・・・ティエムって何だろう (-_-)ウーム)

Dsc01521
(キャンプ?素泊まりもやってるよhappy01
こころよく声をかけて下さりましたが、既にテント張ったので・・・と丁重にお断り。
若干、お風呂場改装中でしたが、海辺の気持ちいい露天風呂がありました^^)

Dsc01522
(キャンプ場に戻った頃には、すっかり真っ暗に・・・)

Dsc01524
(コンビニで仕入れたご飯とビール^^
撮りためた写真の整理をしながら優雅にお食事
ようやく、ゆっくり眠れる夜を迎えましたhappy02

2012年9月 5日 (水)

2010年 九州放浪 その3(指宿(鹿児島) ~ 野間半島経由 ~ 南さつま市(鹿児島))

3日目。
今日から本格的に自走です^^。車は関聞岳のキャンプ場駐車場に置いておき、自転車にキャリアを装備してテント道具一式。本格的な「ちゃりだー」装備にて、いざ出発!!!


Dsc01318
(今日からたくさん走ります。朝食もガッツリ頂きます^^)

Dsc01319
(昨夜はあまり寝られなかったキャンプ場。ロッジの近くと通路の近くだったのが災いしました(-.-|||)

Dsc01322
(装備満載。車は一旦ココに置いて、自転車で薩摩半島を周遊します^^)

Dsc01324
(走り始めから、雲行きがなんだか怪しくなって・・・)

Dsc01325
(ついにポツポツ振ってきたsadsadsad

Dsc01326
(と思ったら、いきなりドシャーrainrainrain

Dsc01338
(前方の視界が1mもきかないくらいの激しいスコール。
ただ、南国の雨なので寒くないのが救いです^^)

Dsc01360
(雨はほどなく上がりましたが、雨に濡れたカメラがおかしくなってしまい・・・)

Dsc01361
(ピントが上手く合いませんbearing
しかも勝手に目一杯ズームしていきます)

Dsc01367
(折角の景色も、この通りsad

Dsc01368
(記念写真も、この有様ですweep

Dsc01379
(それでも、しばらく乾かしてみると、何とか機能するように)

Dsc01387
(道路脇にあった007の記念碑と記念写真♪
ですが、この時、空腹のピークです。自転車こぐ足にも力が入りません
ハンガーノック???ちと、ヤバシ。。。写真ほど、お気楽でなかった私です)


雨にもやられましたが、空腹にもやられたこの日です。
枕崎を経由して、そろそろ何か食べたいな^^と思った頃には何も無く・・・
海辺の道をひたすらアップダウン、アップダウン。最早、空腹も限界。
自動販売機すらありませんT_T。。。

地図で見るに「ガンジー記念館」なる所がある模様なので、何とかそこまで行けば・・・と思いましたが、行ってみると何も無し。
「何か食べられますか?」と聞いてみましたが、コーヒー等の飲み物しかないとの事。
次の町までは・・・20キロ近くもありそうだ(T_T)と、途方に暮れる私です。。。


Dsc01390
(ですが、ガンジー記念館から下った所の漁村に民宿が・・・
「お食事」ののぼりも見えてます。一目散に駆け込み、ご飯ぷりーず。。。)

Dsc01389
(ようやく人心地のついた私です^^)

Dsc01393
(昼食取ったら、元気復活。再び、走行を開始します。)

Dsc01394
(お天気、最高。ばんざーい♪ ・・・デモ チト アツイ・・・)

Dsc01395
(しばし、人生の儚さについて考える私^^。。。周りに人気が全くないので、周囲の目は気にする必要がありませんhappy02

Dsc01397
(途中、「焼酎つくり伝承展示館」なるものが。とりあえず看板前で写真。ですが立ち寄らず^^)

Dsc01398
(薩摩半島海岸線を時計回りに周遊中。アップダウンの激しい、割と難解なコースでした)

Dsc01400
(お天気も回復。半島の形がはっきり見えます。
やっぱり、景色がいいと楽しいな♪)

Dsc01403
(そのまま、ひたすら進みます)

Dsc01405
(間もなく、夕日が沈む頃・・・)

Dsc01406
(ようやく目指した南さつま市 吹上海浜公園キャンプ場に到着です)

Dsc01407
(テントも設置。ようやく一息♪)

Dsc01412
(近くにお風呂の入れる施設があります。
一風呂浴びて、疲れを癒す^^)

Dsc01418
(すっかり日も暮れ、お食事タイム。そういえば、この日は世間では平日です。
他に泊まりのキャンパーもいなかった為、今日はゆっくり眠れそう♪
突然のスコールにやられたり、空腹で倒れかけたり・・・と色々あった今日一日。
なにはともあれ、オヤスミなさいsleepy

2010年 九州放浪 その2(阿蘇(熊本)~指宿(鹿児島))

ロングラン放浪二日目を迎えました^^

この日は、次なる放浪場所の鹿児島県は薩摩半島に向けて移動です。
車でぷらぷらとお気軽ドライブな一日。


Dsc01286
(翌朝を向かえ、まずは朝食♪基本、レトルトsmile

Dsc01284
(そそくさと荷支度を始めます)

Dsc01287
(若干、寝不足気味の私)

Dsc01288
(車で出発。とりあえずは・・・)

Dsc01289
(お風呂を目指します^^。疲れを取るのは、温泉入浴が一番だ♪)

Dsc01296
(温泉近くに散策できる遊歩道があったので・・・)

Dsc01297
(気の向くままに散策します。細かい予定を決めずに行動できるのは、一人旅の醍醐味です♪)

Dsc01298
(進んでいくと、沢滝が)

Dsc01300
(案内に出ていた写真とはスケールが違う・・・(^_^;
この年は雨が少なかった年。滝はことごとく、こじんまりとなっていました^^)

Dsc01301
(本当は、ここにもスダレのような滝があったはずなのですが・・・)

Dsc01302
(とりあえず来た記念に・・・)

Dsc01303
(カシャリ、カシャリ♪)

Dsc01305
(さてさて、鹿児島に向けて出発だ^-^)

Dsc01306
(そして開聞岳のふもとのキャンプ場に到着です。
明日からは、ここを起点に二日間かけて薩摩半島をぐるっと走破する予定)

Dsc01308
(宿泊の受付を済ませ・・・)

Dsc01309
(テント設営♪)

Dsc01310
(本日、全く走っていませんが自転車も一緒に カシャ♪)

Dsc01313
(そして食事の支度。辺りはすっかり真っ暗に・・・)

Dsc01316
(やっぱりビールも欠かしません^^
本日の夕食も、美味しく頂きました♪)


基本的に移動の一日だったので、目ぼしい事は特になく・・・

前日の反省も踏まえて、テントを張った場所は、なるべく人から離れたところ。ですが、バンガローが近くにあって、そのバンガローでかなり盛り上がっていた方たちが・・・

世も更け、ようやく静かになったかと思いきや、今度は関聞岳を登山する人たちが、まだ暗いうちから出発を始めます・・・山頂からの朝日を目指すんだろうな・・・

そんなこんなで、やっぱり二日目も安眠とは程遠く。
やれやれ、静かに眠れる場所が恋しいな・・・wobblywobblywobbly

2012年9月 4日 (火)

2010年 九州放浪 その1(阿蘇)

さてさて、いよいよ怒涛のシルバーウィーク。
3連休と3連休の中日の2日間を夏休みで埋め、社会人となって初の長期8連休を取得^^
前年までは、サーバー入替えなどがあり、お仕事的には忙しかった(-.-|||
このお仕事ラッシュをこなしたら、長期放浪してやる(>_<)!!! 
前々から計画済みの放浪です^^

何処にいこっかな♪とアレコレ候補地を吟味するに、鹿児島県は佐多岬。
私が学生時代には、途中の道路が有料道路になっていて、自転車自走は無理でした。ここには、「日本本土最南端の地」があり、ここから最北端の北海道は宗谷岬を目指す人も少なくなく、自走で走破を試みる人たちは、料金所の閉まる深夜・早朝ランにて撮影。そそくさと退散^^なんて非合法な事をしないと行けなかった場所。

所が近年。有料道路が無くなっているとの情報をインターネットにて仕入れ「コレは行くしか無いでしょうhappy02♪」と思い立っての出発です。
折角長く休みを取ったシルバーウィーク。車も活用し、九州のポイントポイントを散策します^^

まずは、熊本県は阿蘇にて・・・


Dsc01166
(意気揚々と出発した9/18。午前3時前からいそいそ出立
家族には、「お土産買って来るね♪」と一人旅^^。。。相変わらず、ふらふら放浪癖の抜けない私)

Dsc01168
(長期ツーリングに、念の為予備のタイヤも持参です)

Dsc01169
(車に荷物を満載に・・・)

Dsc01171
(しっかり自転車も装備して、いざ出発!!!^^)

Dsc01176
(お天気、快晴。山口県を走行します)

Dsc01181
(関門海峡を通過して・・・)

Dsc01194
(九州上陸♪快調なドライブです^^)

Dsc01214
(熊本県に入り、初日に目指す阿蘇が見えてきましたhappy02


学生時代に行った熊本は、ほとんど堪能する事なく南下しての鹿児島県。
阿蘇近辺は、初体験♪で気分もワクワクです^^


Dsc01219
(阿蘇 いこいの村キャンプ場をベースキャンプに)

Dsc01222
(とりあえずテントを設営。お昼時から自走開始♪)

Dsc01229

Dsc01231
(傍にあった道の駅にて昼食GET!!スイートコーンは、夜食用に購入♪)

Dsc01234
(何はともあれ、阿蘇山山頂を目指します^^)

Dsc01236
(ゆったり上る阿蘇の道)

Dsc01240
(道路わきの牧場では、お馬たちがお見送り♪)

Dsc01242
(心地よい秋晴れの中・・・)

Dsc01245
(遠くの山まで綺麗に一望♪)

Dsc01251
(上りきっての一休み。セルフ撮りなのは、言うまでもありません^^)

Dsc01253
(眼下に見えるはミニ阿蘇と・・・)

Dsc01254
(本物の阿蘇山です^^)

Dsc01255
(山頂まではロープーウェイにて^^)

Dsc01258
(程なく山頂に到着です♪
流石に山頂にくると硫黄臭が激しく・・・)

Dsc01265
(注意喚起のアナウンスやら看板やらが立ち並ぶ
火口の中は大きな温泉のよう^^)

Dsc01267
(風が爽やか。お天気快晴。気持ちイイー♪)

Dsc01272
(しばし、周囲の景色に見とれながら・・・)

Dsc01273
(阿蘇山頂を堪能します^^)


その後、来た道を下山。
帰りはスイスイ下るのみ。何の苦労も無くキャンプ場へ・・・


Dsc01275
(キャンプ場にて、早速夕食の支度^^)

Dsc01276
(移動費以外は、殆どお金は使うまい。と持ってきた食材で凌ぎます^^
この日はレトルトカレー&途中仕入れたスイートコーン。その他、漬物少々)

Dsc01277
(そして、欠かさないのがビールです^^)

Dsc01280
(ご飯も上手に炊けて・・・)

Dsc01281
(レトルトカレー)

Dsc01283
(そして、茹でたトウモロコシ。
しっかり炭水化物で、明日も元気に走ります^^)


その後、キャンプ場にて就寝・・・のハズが、やっぱり連休のキャンプ場^^;
ちょっとばかり、周りが賑やかsadsadsad
一応、喧騒を避けるべく、なるべく人のいない場所には陣取ってみましたが、薄いテントと静かな山の中のキャンプ場。どうしても人の声が耳につきます・・・wobblywobblywobbly

ま、それでも何とか疲れが勝って眠りについた初日です^^

2010年 津黒高原家族キャンプ(岡山)

9月に入って最初の土・日。
家族でキャンプに行きました(^-^)

場所は津黒高原。前回のチャリ一人旅で行った蒜山高原のすぐそばですhappy01
私は、大のアウトドア派ですが、嫁は至ってインドアを愛します。キャンプに行こうlovelyと連れ出すのは、一苦労。子供達は、喜んでついてきます^^


Dsc01028
(キャンプでは、子供達に主体的に料理をさせます。子供達も大喜びhappy02

Dsc01031
(いちいち見守るママさんですsmile

Dsc01035
(七輪で火をおこし・・・)

Dsc01037
(パパは釜戸で墨を焼いて手伝います♪)

Dsc01044
(一家揃って、はい、ぽーず♪)

Dsc01052
(お肉を焼くのは・・・)

Dsc01055
(パパさんのお仕事で・・・)

Dsc01058
(ハイheart01出来上がりlovelylovelylovely

Dsc01074
(皆でそろってお食事です^^)

Dsc01094
(キャンプファイアーhappy01・・・って訳ではありませんが、釜戸の火を囲んでくつろぎ中)

Dsc01103
(寝袋に包まって終身です♪)

Dsc01126
(翌朝、お天気も清々しく朝食タイム♪)

Dsc01127
(前出の「塩釜冷泉」。冷たいお水を堪能しました^^)


年に一度は、家族でキャンプを楽しむ我が家。
子供達は、料理をしたり火を起こしてみたりと、楽しいひと時♪

一人で放浪もいいですが、やっぱり家族で過ごすのも最高ですhappy02

2010年 蒜山高原(岡山)

  悶々と過ごした2009年。

喪が明け、再び自転車活動をスタートしたのが8月の終わりです。
キッカケは、とある思いつき。未消化な夏休みと9月のシルバーウィークを絡めて、九州を放浪する計画を立てた事。詳しくは、また次回語ります^^

何はともあれ、しばらく何もしていなかった私。
前哨戦として、自身の状態を確かめるべく、近場でテント一泊・放浪ツーリングを敢行です。


Dsc00635
(突如の思いつきにて荷物を積んでの自走です)

Dsc00637
(ヤフオクで仕入れたキャリアやバック。なかなかの装着感です^^)

Dsc00639
(私の自宅から、目指した蒜山高原までは丁度100キロくらいの距離。大きな「旭川」という川沿いに北上していきます。)

Dsc00640
(走り出し快調♪湖畔で記念写真^^)

Dsc00641
(はい、ポーズ^^)

Dsc00642
(荷物を満載した状態でのツーリングは学生時代以来。
バランスが悪い為、結構、頻繁にコケかけました^^)

Dsc00645
(勝山町を過ぎ、半分過ぎくらいの距離まできました。
思った以上に平気です。ただ、久々のロングライドは、お股が痛いsmilesmilesmile

Dsc00646
(若干ウェットな感じでしたが、カンカンに照らされるよりはマシです^^)

Dsc00648
(途中の道の駅で休憩。お食事タイムです)

Dsc00649
(なかなか、おいしそー♪happy02

Dsc00650
(目指す蒜山高原、キャンプ場まではもう少し)

Dsc00653
(高原付近は、きれいな自転車道が整備されています)

Dsc00655
(しばし、自転車道を楽しんで・・・)

Dsc00656
(ようやく到着♪以外にも、大した苦労もなく走れました)

Dsc00665
(久々にお鍋でご飯を炊いてみます。学生時代より愛用のブースくんも、元気に活躍♪)

Dsc00666
(ご飯が炊けるまでは、取りあえずコレでしょうhappy02ビールで、かんぱ~い♪)

Dsc00675
(作ったは、炊いたご飯にレトルトカレー^^。流石に、学生時代のように満載の食材を運ぶのは、ちと厳しいお年頃。五穀米のように見えるご飯は・・・単に焦がしただけです^^
しばらくやってないと、勘が鈍ったなぁ・・・)


Dsc00683
(一夜明け蒜山高原。清々しい一日の始まり)

Dsc00682
(キャンプ場の近くに有名な「塩釜の冷泉」があります)

Dsc00681
(きれいな源泉から、水が溢れ出しています)

Dsc00684
(本日は、上手くご飯が炊けました^^)

Dsc00686
(朝もやがとれて、蒜山の山々が姿を現し・・・)

Dsc00688
(記念撮影。はい、ぽーず♪)

Dsc00691
(帰り道。道路わきに、何の変哲もない生活用のつり橋が・・・)

Dsc00690
(つり橋を見ると、渡りたくなるのが人情です^^)

Dsc00692
(無事、帰還♪)

Dsc00695
(自転車くんも己の場所に鎮座します^^)


こうして、久しぶりの自転車生活がスタートしました^^
私の場合、「何事も、人生行き詰れば、まず自転車だhappy02
改めて、そんな事を感じましたとさ^^